「翔んで埼玉」という「バブルの残り火」

この「翔んで埼玉」という映画の「差別」の相手が「岩手県」であったら、それはおそらく、「田舎者」と言えば東北弁で喋る、というテレビなどで使われるリアルすぎる差別表現となってしまうので、コメディが成立しなくなってしまう。日本における「差別」とは、山本七平がかつて喝破したような「空気」「当たり前にそこにある、崩されざる前提」のことである。「埼玉」のような「コメディとして笑って見ていられる」ものは、「自嘲」で許される程度のものでしかない。

この映画はあくまで商売としてのコメディの成立を前提とした「埼玉ネタ」の扱い以上のものではなく「差別の告発映画」ではないのだから、その程度のものだ。興収10億を短期間に稼いだという意味では、個々のビジネスとして成功と言って良い。昨年の「カメ止め」も、ビジネスとして成功したが、こちらも映像製作者自身の「自嘲」がベースになっている。

いま日本という地域の経済は、下降の真っ最中であり、ごく近くの過去にあった、繁栄の時代の残渣を貪り、その最後の残り滓のサーベイに忙しい。「日本すごい・日本万歳」「バブル時代の懐かしさ礼賛」は下り坂の日本という地域に住む日本人の悲鳴にも聞こえる。

バブル時代に「埼玉」への差別のようなものを戯画化した魔夜峰央という作家の目の付けどころは、バブル時代に都心だけでは都市の住宅需要が追いつかなかった東京という地域において「都市郊外」としてのホワイトカラーの供給基地として発展をはじめた「埼玉」という地域の振興と大きな関係がある。

彼の寄って立つところは、パタリロから始まる一貫したギャグの道具としての、小リッチ層(昔の言葉で言えばプチブル)の成立そのものの振興住民に対する「小差別」の利用だが、この「ギャグの道具」としての「小差別」と「自嘲」は、「ブスは通りを歩くな」というたけしのギャグの成立ににも底通しているものがあると思うのは、私の考えすぎだろうか?。

「成金」を嗤い蔑むことによって、たいして歴史もなかった「日本の明治エスタブリッシュメント」を相対的に永久なものとして「空気」の一部とすることに成功した、戦前の歴史の、それは繰り返しである。

明治から昭和にかけての「発展」が終わりかけているこの時期において、これらはみな、崩れゆく日本という地域の経済の中にある庶民の「ええじゃないか」と同じ現象の現代的表現であるようにも、私には見える。

日本社会の経済的成功からの転落の時代の一コマに「埼玉」は相応しい題材に見える。笑って見ているその観客の笑いのツボがどこから来ているのか?という「内省」などというものは、いつの時代の庶民にも、所詮は無かったものではあるのだが。

斜陽産業は元に戻らない

鎌倉市・川喜田映画記念館に行ってきた。ここの川喜田という名前を知らない人も多いだろうが、戦前からある洋画(映画)の配給会社である「東和」の創業者のご夫妻の、鎌倉の邸宅をそのまま使った映画の記念館だ。昭和の時代、映画館で洋画を見ると「配給・東宝東和」と出ていたのを思い出すが、あの「東和」である。要するに、もとは日本の映画産業の一角に大きな地位を占めた「東和」の創業者の邸宅である。それを「映画の記念館」としたものだ。

とは言うものの、最近は「映画」というと映画館で見るものではなくなり、テレビの「なんとかロードショー」で映画を見る時代も遥かに通り過ぎ、NetflixとかAmazonとかでストリーミングの、メジャーではない、その映像会社のためにオリジナルで作った映画を、カウチポテトとかで、タブレットやスマホなんかで寝転んで見る時代である。隔世の感があるが、映像エンターティンメントというのは要するにそうなっていくのだろう、としか言えない。

古い時代をぼくも知っているし、映画館での上映前のワクワク感なんてのは、それはそれで思い出すと楽しいものだが、映画館で見る映画以上のものが、手元のタブレットで見られる時代であると同時に、スペクタクル映画のようなものも、今やコンピュータグラフィックスで作るものであり、さらに、それが作れるコンピュータもかつてはスーパーコンピュータだったものが、今やネットに散らばるクラウド環境でクラスタリングを行えば、別にカネのかかる環境でなくてもいい。映画製作のためのソフトウエアも低価格のものがたくさんある。

「配給・東宝東和」の時代は、既に縄文時代や石器時代の話になりつつあり、映画製作もITで安価に行うから、人を集めて見てもらうのに多大なカネを集中して掛ける必要もなくなってきた。「映画」のありがたみがあった時代というのは、映画製作の時点から大衆化・ローコスト化できなかったし、そういう資本を集められる、世界そのものが「好景気」な時代であった、というのがよくわかる。

テレビのドラマでも無名の役者を集めた学校ものがヒットする時代である。「スター」がいなくても、ドラマというビジネスがかなり低いコストで成立することがわかってしまった。それは映像エンターティンメントの「大衆化」の一部である。

いま、世界は貧乏になったのであり、それに見合った形でデジタル化・インターネット化が進んだのであり、それだけのことであり、まぁ、懐かしい時代を顧みても、同じ時代は再びやってこないのだ。

そして、ぼくはその時代の変わりの最先端で仕事をしてきたと、今でも思うし、今もそうしている。おそらく、ぼくだけではなくて、世界で同じような仕事をしている人は有名無名含めて何万人もいて、そして次の時代を作るのに、精一杯やっているのだ。

映画は大衆芸能としての役割を終えた。そして、その「懐かしい時代」の残渣がこの記念館にある。それは、時代を超えられなかったエンターティンメントの成れの果てであるのと同時に、そういう時代を超えられたもののなんと少ないことか、ということにも思いをはせずにはおれない。

やがて、テレビもその大衆娯楽の役割を終えるときが来るのだろう。そう思って、滅びゆくものの哀れを思いつつ、同館を後にした。朝から降っている雨はやまない。



ICTと人間のConflict

さる高名な日本の航空工学の先生に直接質問したところ「航空関係でもコンピュータと人間の判断が食い違った場合などの研究を専門にしている研究者はいない」とのこと。

コンピュータと人間のConflictは起こり得る事態であり、現代のシステムでは航空工学に限らず、あらゆる場面で多くの人の命に関わる可能性がある、重要なテーマである。

人工知能で様々な分野の人命に関わるICTが否応なく使われようとしている現代、「ICTの判断と人間の判断のコントロール」は「ICT危機管理」を研究する分野での主要なテーマの1つとなる必要がある。この問題意識そのものが世界的に現在無いのは、ICTが「便利な道具」としてしか認識されていないことによる。

新しい時代のICTは自動運転車なども含め、新たなこの分野を追求することを、組織的にかつ広範に行う必要がある。今後は航空だけでなく、医療関係や自動運転など多くの広範な分野で同じような問題が起きる、とぼくは断言しておこう。



「現代」を変えたもの

現代世界を変えたものは、以下である。

1.情報の高速・低コスト化
2.物流の高速・低コスト化
3.人流の高速・低コスト化

「お金」は情報に姿を変えることができるから財貨の流れについては「1」に当てはめることができる。

結果として起きることは、

1.「地域」を隔てるものの消滅

である。であれば、「都会」と「田舎」の区別はなくなり、「国境」もなくなっていく。「地域」というものが、人類の歴史始まっていらい、「弱いもの」になっていくのだ。ぼくらはその時代が始まる入口にいる。

そして、最初に掲げた「3つの高速・低コスト化」という大きな変化を支えたものは、根本において「インターネット」である。

インターネットはそれまであった「電気の技術」が「アナログ技術」になり、その延長の技術の一つとして「デジタル技術」になり、それをベースにした「テクノロジーの組み合わせの哲学」であって、インターネットそのものは「テクノロジー」ではない。単にテクノロジーという側面からだけ見ると、インターネットはそれまでの電気技術の寄せ集めにしか過ぎないように見える。

「電気技術」→「デジタル技術」→「インターネット」→「情報流・物流・人流の高速化・低コスト化」→「地域をベースとしてきた人間の文明の破壊と新たな文明への入り口」。現在は宗教も国家政府権力も「地域」をベースにしたもので、これは数千年の歴史があるから、なかなかそれが消えていく運命になるとは思いにくいだろう。

人間の社会の時代の変化は、訪れるべくして訪れた。シェア・エコノミーも、この変化の中で生まれ、広い範囲で広まり、認知されてきた。

「人間の歴史」をこの壮大な「地域とそれに根ざした文化、その発生と消滅」という観点から振り返ることは、おそらく、人類の未来をうらなう、新しい仕事になるだろう。人類はその歴史ではじめて「地域」という「縛り」から開放されつつある。そういう新たな歴史が始まったのだ。

化学の世界でも「エントロピーの法則」がある。お互いになんらかのやり取りが成立している複数の場所が、時間とともに平均化していく現象だが、人間の社会でも、それが起き始めているのではないか?

さまよえる老年

外に出て、取引先と話をすることが増え、カフェでPCを開けて仕事のメールをすることが多くなった。企画書などを書くことやそのメモや調べ物も増えた。しかし、カフェなどでは落ち着かないだけでなく、集中してそのくらいやれば十分、ということも多いので、長くても2時間くらいしか、ぼくはいることがない。普通は1時間ほど、あるいはそれ以内だ。それでも自分では長いほうだと思うのだが、それ以上の時間いる人もすごく多いのがわかる。ぼくがカフェに入って、出てくるまでのあいだ、その周辺の人たちがほとんど変わらないのだ。

若い人ももちろん多いが、それにもまして、最近はご老人が多い。カフェで朝から晩までなにか本を読んでいたり、タブレットをいじっていたりする(のだろう。ずっといるわけではないのでわからないが)。なにか書く、ということをしている人はほとんどなく、タブレットや本を眺めているだけ、という人も増えた。要するに「時間つぶし」をしているらしいのだ。

日本は1950年の朝鮮特需で高度経済成長が始まり、オイルショックくらいまでは「順調に」経済成長していた。ぼくも、その時代に子供時代を送り、その頃は「今年より来年は絶対に良くなる」と、誰もが信じて疑わなかった。

その時代の都市部は企業などで働くサラリーマンが一般的で、毎年給与は上がるのが当たり前だった。もっとも、毎年、物価も上がった。いま、そういう企業も役所もなくなった。その、企業の黄金時代に企業人として技術者などをしていた人は、退職した今でも「元・XX電気」とか、既に退職した企業の名前を肩書にした名刺を自分で作って持っていたりする。そういう人には「元・XXにいらしたんですね。すごいですね」というと、それだけで満面の笑みが漏れ、話もうまくいくことが多い。しかし、あくまで「元」であって、いまどき、そんな「元」のついた肩書を、そうではない若い人が、本当にありがたがっているわけではない。それが現実というものである。

本心では「バカじゃねぇか?」と思っても、そういう人をノセてお金を引き出すビジネスをしている人は、そのあたりのことをちゃんと心得て、見えないところで舌を出す。

そういう「おじいさん」が、実際の商売の厳しさも知らず、持ち上げられて、アパート経営とかに手を出す。やる前から結果はわかる。「お金さえ出せば、あとはいたれりつくせりで、もっと大きなお金が入るビジネスになるはずです」。はぁ、そうですか。だったら、あなたにお金を貸すから、あんたの名前でやってみてくれませんかね?もっとも、万が一、失敗したときのために、担保もいただきますが、そりゃ、成功間違いないんだから、あなた、絶対に大丈夫ですよね?というのが、正解であるが、そこに話を持っていくわけには行かないのが、「営業マン」という職業である。営業マンはそこまで読まれたら、さっさと引き下がるしかない。

日本のおじいさん元サラリーマンは、そういうノウハウを知らない。世の中の厳しさを知らず、いい時代を過ごしたのだ、という自覚もない。だから、簡単に騙される。シニアの活躍の時代である、というのであれば、まずは世界のどこいらへんに自分はいるのか?ということから、「自覚」を育む必要がある。

あなたがもし、高度経済成長期に、エンジニアとか研究者であったのであれば、まずは自分のいる現在の位置を世界から眺め、自分の持つ「元XX」の肩書を捨てることをおすすめする。そこから、次の時代を切り開くことができるだろう。



あなたの中にいる「鬼」を飼いならせ

虐待をする側はそこまで酷いことをしているとは思っていない。「会話をしない」という「ネグレクト」程度でも、現代においては、それは明らかな犯罪であるにも関わらず。また、虐待の加害者は、自分が自分の運命に対し仕返しをしている、という「言い訳」を自分に対して行うので、もともと虐待を受けていると感じている側でもある。しかしながら、実際の行動によって人は評価され罰せられるということが、加害者の頭からは消えるため、虐待は虐待として世間に認知される。その時に、虐待の加害者が特定され、後戻りできない「加害者」として、世間に登録され、さらなる世間からの虐待にさらされる。

虐待の加害者となりそうな、あるいはなっている自分の行動を自分自身で客観的に眺め、自分の行動を律することがなければ、虐待の加害者は、さらに虐待の深みにはまると同時に、具体的な犯罪者として世間に登録される。その末路は哀れであることは言うまでもない。それがこの人間社会に生きる、と言うことである。それを仏教の用語では無間地獄と言う。

虐待の被害者の悲惨は言うまでもない。一方で虐待の加害者は、本人が望むと望まざるとに関わらず、一生を「虐待の加害者」として生きなければならなくなるという面において、生き地獄をじわじわと経験せざるを得ない。おそらくそれは、はやく加害者より先に天に召され、虐待死した被害者以上のものになる。

自らの中に潜む「鬼」を飼いならす知恵を持ってしか、虐待はなくならない。賢くあれ、冷静であれ、と言うことは、そう言うことである。虐待を受け、それでも優しくあれ、という自制は、虐待された経験ではじめて産まれるのは、そう言うわけだ。虐待を受けた経験者が、誰に対しても愛情深く接することができるのは、自らの中の「鬼」を飼いならす知恵を天から授かり、それを多くの人に知らせる義務を負うからだ。

虐待された経験を持つことで、虐待の加害者の中に潜む鬼が人を食い殺し暴れるのをこの目で見ることは、命に関わる経験であり、ときに命を本当に落とすこともある。しかしそこから生きながらえて、生きるこの場に這い出てきた、鬼の姿を見たあなたは、自分の中に潜む鬼もまた、同じような姿であなたの中に潜んでいるのを見て、戦慄を覚えるはずだ。その鬼は「復讐の炎」の中に住んでいる。

そんなあなたに必要なのは、その微笑みと真心で鬼を飼いならす知恵を、より多くの人に知らせることである。

2018年訪日客数

2018年の訪日客数は、国土交通省・観光局の統計資料に出ている。注目の各地からの数字を見て見よう。

総訪日客数は3100万人超。内訳は、大陸中国から838万人(全体の27%)、韓国から754万人(全体の24%)。しかし、観光局の統計では香港が別カウントとなっているので、これを加えると、大陸中国からは1059万人(全体の34%)、と初めて1千万人台となったことがわかる。

米国からは、153万人(全体の5%)。そして、大陸中国(香港含む)+韓国は、1813万人(58%)となり、これだけで訪日客数の60%近くを占める。

しかしながら、全体の数字が大きくなっているので、「大陸中国+韓国」からの訪日客「比率」は、むしろ、少々低くなっている、というのは、面白い。ところで、台湾からの訪日客は、458万人。「大陸中国+韓国+台湾」からの訪日客は、2271万人(73%)。しかし、台湾は人口2300万人だから、単純計算では台湾人の約20%が訪日している、ということになる。韓国の人口は約5200万人なので、韓国では(これも単純計算だが)、人口の約15%が訪日韓国人、ということになる。これもまたすごい数字だ。



進む「量子化」

米国Engadgetのサイトでこのような記事がある。昨年(2018年)の12月の記事だが、日本では注目している人はそんなに多くなかったようだ。一方、2019年のCES(Consumer Electronics Show)では、既に企業の最先端技術関係の会議などでは、一部で「5G」の次の「6G」が語られており、ある企業の講演ではそれは「量子通信になるだろう」という予測も語られている。IBM社は量子コンピュータのインターネット上での公開を行い、2016年には既に通常の無線通信で「量子暗号化」されたデータが中国の通信衛星で実験が始まった。次の時代は既に始まっており、それは現在のITでは想像もつかない「量子(Quantum)」の時代になるのは、確実な勢いである。CESに行って、この事に気が付かなかった人は「なにを見て来たんだ?」ということになるだろう。

量子コンピュータの計算速度は、現在のスーパーコンピュータと言われるコンピュータの約1億倍と言われている。途方もない数字、という感じしか覚えない方も多いと思うが、このコンピューティングパワーの与える影響は非常に大きい。たとえば、現在の「暗号化技術」があることによって、私達は銀行のATMから安心してお金を引き出せるし、クレジットカードも仮想通貨も安心して使えるわけだが、これは「暗号を解くには、スーパーコンピュータで100年かかる」ということがあるからだ。しかし、量子コンピュータの計算速度では、この100年が1分になる。であれば、現在の暗号化の方法では全く役にたたない、ということになる。しかし、希望はある。暗号も量子技術を使う、という選択である。つまり量子技術で作られた暗号は現代の暗号解読計算アルゴリズムでは解けないのだ。そう。ここも「量子」の分野になる。

そして、無線通信も電波ではなく、量子通信で行われることに将来なるという発表もCESの一部であった。であれば、将来は、量子化コンピュータや量子通信、量子暗号化で、量子携帯電話(Quantum Cell Phone – QCP)が当たり前に使われる世の中が来る、と予測されている。であれば、世界のあらゆるデジタル世界は変わっていくことになるだろう。そうであるから、米国の最先端のハイテク技術への投資はこれから量子に向かう。今回の米国政府の量子技術への投資のアナウンスはこの「技術の革命」に端を発している。

電気通信の時代から、光を通り越して、量子の時代へ。このトレンドが世界をどう変えていくか?これからが楽しみである。