誰も言わなかった最強の無線LAN構築法

Big Ship

Big Ship

無線LANルーターを選ぶ

●電波は5GHzに限る
職場や自宅の無線LANを構築するとき外部からネットワークへのハッカーの侵入がとても心配だ、というあなた。まず、無線LANの構築は安く出回っている2.4GHz(ギガヘルツ)のものではなく、5GHzのものを使うことをまず推奨します。というのは、2.4GHzの電波はよく飛ぶので、職場や家庭の外にも電波が到達するので、外部からハッカーに狙われやすいからです。また、海外から取り寄せたりする違法な無線LAN用のアンテナもほとんどが2.4GHz用で5GHzのものがあまり無いからです。さらに5GHz帯の電波は家庭の範囲内でしか電波が飛ばないので、そもそも外にいるハッカーが電波を検知することも難しくなります。また、別のメリットとして、5GHzにすると、2.4GHzよりも電波が弱くても通信速度が速くなる場合もあり、非常に快適です。さらに、電子レンジなどの周波数が2.4GHzなので、電子レンジを使っているときは無線LANが切れる、ということもありますが、5GHzだとそういうことがありません。セキュリティだけではなく使い勝手という意味でも「5GHzの無線LAN」は、非常にお勧めです。

※ 最近の最新機種であれば、スマートフォンもPCもほぼ5GHzの無線LANがつながるようになっていますが、ちょっと古いものや低価格を売りにしているものは2.4GHzしか使えない機種があります。その際は、後述してあるセキュリティをしっかりしておくだけでもかなり違います。

※ 現在市販されている一般向け無線LANルータは5GHzのみのものはほとんどなく、2.4GHzのみか、2.4GHzと5GHzの両方の電波が出せるものがほとんどです。従って、無線LANルーターを買うときには、2.4GHzと5GHzの両方が使える機種を買い、2.4GHzの機能を殺して使う、ということが良いでしょう。

●独自のファームウエアを持つメーカーのものにする
また、無線LANルーターを安く開発するために、通常はフリーソフトで世界中に出回っている「OpenWrt」などの無線LANルーター用ファームウエアを改造して使っているメーカーが非常に多いのです。そうなると、そのファームウエアについてはハッカーはよく知っている、ということになります。当然、それ向けのハッキングツールも多く出回っています。ですから、ハッキングもされやすくなります。そこで、ファームウエアを独自で作っているメーカーのルーターを選びましょう。私の場合は、ですが、お客様のところなどで情報漏洩を特に気にするお客様にはNECアクセステクニカのある製品をお勧めしていて、使ってもらっています。

無線LANルーターを設定する

●セキュリティは二重に設定すること
無線LANルーターを設置したら、まず2.4GHzの電波は止めて、5GHzのみにしてしまいましょう。その上で、無線LANのセキュリティ設定として、必ずAES2/PSKなどを設定したうえ、「Macアドレス制限」もかけておきましょう。

ただし、技術の進歩は日進月歩です。また、それに伴ってハッカーの手口も日進月歩しているのは言うまでもありません。ですから、ここに書かれていることは今日現在、最低やっておくべきこと、ということであって、将来もこれで大丈夫かどうかは、保証の限りではありません。そこで、無線LAN関係のセキュリティに関する情報は常にWebなどで調べておくと良いでしょう。「常に」とは言うものの、1か月に一回くらいの情報収集で大丈夫ですが。

 

USB充電器は「充電器」にあらず

ま。負けた!

ま。負けた!

スマートフォンやタブレットなどの「充電器」というのは、実は「充電器」ではない。ふだん私達が充電器と呼んでいるものは、正確に言えば単なる「定電圧電源装置」であって、充電の機能は持っていない。本当に電池に充電する機能は、この充電器の中には無く、スマートフォンやタブレットの本体の中にある。

つまり、ぼくらがふだん「充電器」と呼んでいるものは、単なる電源であって、充電機能はない。

この「充電器」ならぬ「定電圧電源」の電圧はみな5Vと決まっている。電流容量は、スマートフォン1台であれば、だいたい1A、タブレットなど大きなものであれば、2Aくらいの容量を必要とする。

ただ、最近はより速い急速充電を目的として、従来とは全く違い、充電器とスマートデバイス本体の両方の機構を新しくして、全く違う充電システムを持つものもあるが、現状ではこれは少数だ。

 

USB急速充電ケーブルの秘密

Enoshima

Enoshima

世の中には「普通の充電時間よりも速く満充電にできる」という、スマートフォン向けの「急速充電ケーブル」というのがある。「急速充電器」もあるが、どちらも構造は似ている。

現在のUSBの一般的なピン数は4本あるが、この4つ並んだピンの両端が電源のプラスとマイナスだ。そして、真ん中の2つがデータを転送する線になっている。それぞれ「DATA+/DATA-」という名前が付いている。実は、急速充電ケーブルとは、このDATA+とDATA-の2つの線をショートしているだけだ。

Android端末で特に有効だが、Androidではこの2つの線がショートされていると、端末側で「この電源は多くの電流が取り出せる」と判断して、より多くの電流を電源に要求するように作られている。そこで、ケーブルに細工をして、この2つの線をショートさせてあるだけなのだ。

問題は、PCの側のUSB端子などが実際に供給できる電流が0.5A、と規定されているので、端末側からこれ以上の電流を要求されると、PCのUSB端子のヒューズが切れたり、電流の供給不足になって電圧が低下して充電ができない、などのトラブルになることがあることだ。そこで、こういう「急速充電ケーブル」を使うときは、充電器に余裕のあるものを用意して、それに接続する、ということが必要だ。スマートフォンで1台であれば1A以上、タブレットなど大きなものであれば2A以上のものをお勧めする。

 


火を吹くUSB充電器の話

Cluster Amalilis

Cluster Amalilis

私の知っている人、数人が「USB充電器が火花を散らして壊れた」あるいは「パチッと音がして壊れた、という被害に会った。ある人は、USBの充電ポートが4つあるUSB充電器に、iPadを4つつけて充電したところ、充電器が壊れたそうだ。電気のことを勉強したことがない人にとっては信じられないだろうが、こういうことは簡単に起こる。電気のことを少しでも勉強したことがある人は、そういうことは「危ない」と知っているからやらない。

実は、USBの規格と、「パソコンのUSBポートで充電できます」と書いてある機器の電源の規格を調べると、この説明には大きな不備があることがわかる。

実はUSBポートで供給できる電源の電圧は5V(ボルト)。そして、電流は0.5A(アンペア)まで、ということが普通だ(USB2.0の場合)。実は、USB1.0が出始めの頃には、USBポートでつながれたPCの周辺機器に電源を供給することは考えておらず、その規格は決まっていなかった。

しかし、USB2.0ではその規格で「最大電流は0.5Aまで」と決められた。そして、USB3.0ではこの規格は1.0Aまでとなった。現在のUSBポートの主流は、ご存知の通りUSB2.0だ。つまり、USBポートで供給できる電流は基本的に0.5Aまでとするのが適当、ということになる。とは言うものの、最近のスマートフォンでは充電の最大電流が1.0Aやそれに近いものがあるし、iPadなどのタブレット端末では2.0Aも必要なものも普通にあるのが現状だ。

電気を供給する電源は、簡単に言えば(1)「交流か直流か?(交流であるとしたら波形や周波数はどうか)」、(2)「電圧は何Vか?」、(3)「電流の容量はいくらまで耐えられるか」という3つのことが決まれば、だいたい、「電源」と「電源を使う機器」をつなげることができる。あとはコネクタなどの形状が同じものである必要があるのは当然だ。(これは「定電圧電源」という電源の場合だが、私たちが普通充電などに使う電源は「定電圧電源」だから、ここではこれについてだけ話をする)

定電圧電源では、たとえば、100Vの電圧が供給されているところに、5Vで動く機器をつなげると、たいていの場合、機器が壊れる。逆に、100Vの電源が供給されているところに、200Vで動く機器が接続されると、機器が電圧不足で動かない。

だから、「電圧」は、電源と使う機器で「ぴったり」なものを選ぶ必要がある。(1)の「交流か、直流か」も、同じで、これも規格をぴったりとあわせないといけない。ただし、マージンがとってあるから、少々電圧が違ってもちゃんと動くが、大幅に違うと動かなかったり、壊れたりする。

(3)の電流は「容量」と表現されているように、1Aの電流容量のある電源には、機器が充電などに使用する電流は1Aより低ければよい。機器の容量が電源の電流容量より小さいぶんには問題ないが、反対に電源の電流容量よりも機器が必要とする電流が大きいと、電源が壊れたり、電源が壊れる前に「ヒューズ」などが飛んだりする。いずれにしても「力不足」で、動かなくなる。

今回の事故が起きた4つのポートがついている「USB電源」の電流容量は、USB2.0の規格にあわせ、1ポートあたり500mA(0.5A)となっていた。しかし、iPadは、1台で1.2Aの電流を充電に必要とする。これを4台つなげれば、1.2 x 4 = 4.8Aの電流が電源に必要とされるが、電源は2.0Aしか容量がない。だから電源は火を吹いて壊れたわけだ。また、iPhone はiOS5以上になってから、1Aの電流を必要とするという。であれば、iPhoneを4台つなげても、やはり電源は壊れる。

前に書いたように、USB3.0の規格でも、電流容量は1.0Aまでだから、USB3.0のポートを持つPCでiPadを充電するのも危険だ、ということになる。

「でもおれ、大丈夫だったよ?」という人もいるだろう。実は、充電し終わったiPadや、充電が終了寸前のiPadは、充電のときの最大電流と書いてある1.2Aも電流を必要としない。調べたことはないが、おそらく、0.1Aも電流を取らないだろう。考えてみればわかると思うが、一生懸命充電しているからこそ「電流(=エネルギー)」が必要なのであって、充電し終わったら、そんなに電流は流れないのだ。また、まったく空のバッテリーの充電には多くの電流を必要とするものの、充電するに従って、充電のための電流は必要なくなってくる、というわけだ。iPadなどのスペックに書いてある「電流」は「iPadの電池が空の状態で充電しながら使っている」というときの「最大電流」ということになる。また、USB充電器やパソコンのUSBポートの側も、規格の通りではなく、より多くの電流を供給できるようにしてあったり、あるいは、数10%までなら過剰に電流を流しても大丈夫、という「マージン」がとってあるものも多く、「運良く」トラブルが回避できている場合もある。

ということは、iPadやiPhoneを充電するときは、まず、付属の充電器(普通はこれは機器の最大電流を供給できるように作ってある=USBの規格以上の電流が流れてもOK)で充電し、満充電、あるいは満充電に近くなったら、PCにつなぐ、というのが正しいiPhoneやiPadの充電と、PCへの接続の方法、ということになる。

簡単に言えば、iPhoneやiPad、そしてAndroidなどのタブレット端末や携帯電話、スマートフォンのUSB充電器は、こういうことをわかっていて使わなければならない、ということだ。そうでないと充電器が火を吹いて家が火事になることさえ考えられる。

本当は、iPadなどの機器の側が、充電などのときに、USBの規格にあわせた0.5A以下の電流しか使わないようにすべきだ。しかし、「USBを電源として使う限りにおいて」、メーカーはこの規格を守っていないところがとても多い。ここで見たようにAppleでも守っていない。それはUSBのように見えて、USBの規格ではない、「まったく別のもの」ということになる。

本当は、iPadやiPhoneなど、0.5A以上の電流を必要とする機器の場合は、専用の充電器以外は使えないように、コネクタの形状をUSBではないものにすべきだ。そうでないと、また「事故」が世界中のどこかでどんどん起きることになる。

日本では消費者庁などがこういうことをちゃんと規定すべきだが、まだ行政指導などがあった、ということは聞いたことがない。このUSB充電器をめぐる混乱と事故はちゃんとして法整備がなされるまで、おそらく、まだまだ続くだろう。

聖書のことば

P1060999

■マタイによる福音書、10:34~10:37。

10:34 「わたしが来たのは地上に平和をもたらすためだ、と思ってはならない。平和ではなく、剣をもたらすために来たのだ。
10:35 わたしは敵対させるために来たからである。人をその父に、/娘を母に、/嫁をしゅうとめに。
10:36 こうして、自分の家族の者が敵となる。
10:37 わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。

 

格安SIMのデメリット

釜山タワーから

釜山タワーから

月額で2千円くらい、という「格安SIM」について、これまでこのBLOGで扱ってきたが、かなり多くのご質問もいただいた。なかには「安い以上デメリットもありますよね」というものもあった。そこで、今回は「格安SIM」のデメリットについて書いて見よう。以下に列挙し、その対策なども一緒に書いて見る。ただし、「安くなるにはわけがある」わけで、そのデメリット、と考えれば、このデメリットがあっても、なお使いたい、と言う人はやはり増えるだろう、と私は思っている。

  1. SIMフリーの機種を手に入れにくい。
    最近はAmazonなどでもSIMフリーのスマートフォンを扱っているので、入手しやすくなっている。
    秋葉原の販売店も多い。決められたキャリアの販売店に行けばそこで選んで買って、という利便性は無いが、逆に言えばそれだけのこと、とも言える。
    通常は中古が多く分割払いも効かない場合がほとんど。
  2. 初期の設定が少々複雑。
    これは分かる人に手伝ってもらうか、自力でネットで情報を調べて設定をやることになる。ただし、ネット上に情報は全部揃っている。
  3. IP電話の場合電話番号が変わる。
    IP電話では通常050-の電話番号なのでSIMのオプションでMNPした電話番号が使えるものでなければ、電話番号が変わる。
  4. LINEのID検索の認証(日本の三大キャリアの認証システムを使う)が使えない。
    LINEを使わない人にはあまり関係がない話であるうえ、世界展開を目指すLINEがこの認証の仕組みをこのままにしておくとは考えにくい。将来に期待するしかないが、おそらく国際化のためにこういった日本ローカルな認証方式は改められるとは思っている。
  5. データ通信の量に制限がある。ただし、そんなに気にしなくても良い。

といったところだが、逆に言えば、「安くなる代わりにこういったデメリットがあります」ということでもある。これを認めることができれば、毎月7千円からのスマートフォンの通信+通話料が2千円で済むようになる、ということであれば、納得する人も多いことだろう。

最後にある、データ通信の「量」の問題がある。つまり、毎月払う料金の中での使えるパケット数だが、このBLOGで取り上げている「OCNモバイルONE」の場合は、毎日50MBで、一ヶ月を30日として、毎月に直すと1.5GBになる。これは多いか少ないかということだが、この中で、メール、Facebook、twiter、LINE、そして050plusの通話などが使えているので、自分としては十分だ。ただし、動画をいつも見ている、という人には足りない量になると考えられる。通常、日本の大手3大キャリアの毎月の最大通信量は7GBだから、動画をしょっちゅう見る、という方には、今の3大キャリアのプランのほうがいいかもしれない。また、動画は自宅でしか見ないのであれば、自宅のインターネット接続でWi-Fiで使うという手もある。

このところ発表され、発売される格安SIMはSMSが使えたり、音声通話が使えたりする、「有料の」オプションがあるものも多いので迷うところだが、これらのオプションのうち、自分に必要なものとそうでないものを分けて加入すると良い、ということになる。

ちなみに、自分の場合は前記の通り、毎日50MBまで高速通信ができる、ということで十分に満足している。