スマート・ウォッチはなぜ流行らないか

P1100293

この時期、秋葉原に行ってみる。誰でもがスマートフォンを使っている風景があるし、秋葉原ともなれば、その数は増す。しかし、スマートウォッチをして、ましてやそれを使っている人、というのは、まず見ることがない。なぜだろう?と、考えてみたが、考えるよりも、やってみるのが一番、ということで、Bluetooth接続のスマートウォッチを買ってきて、ここ数日、実際に使ってみた。Android用だが、機能はほとんどApple Watchと同じで、デザインも悪くはない。

そしてわかったこと。たしかに、これは使いにくい。「では、使いやすいスマートウォッチを作れば売れるのか?」というと、それも違う。なにか本質的に必要ないものなのだ。スマートウォッチというものは。

で、なぜ煩わしい、と、思うのか?と考えてみた。で、得た結論。スマートフォンは、24時間電源を入れていて、いつも身近にある。私の場合は、シャツの胸のポケットに入れてあり、メールなどの着信があると、胸のポケットからバイブレータで振動し、ぼくの肌に直接、着信があったことを伝えてくれるし、同時に小さな音が出るようにも設定してあって、二重に着信があったことを知らせてくれる。カメラのワイヤレスリモコンにもなる。

スマートウォッチはそのスマートフォンにBluetoothで接続されているから、メールの着信などがあったら、スマートフォンもぼくにそれを教えてくれるだけでなく、スマートウォッチも知らせてくれる。つまり、お知らせ(notification)が二重に行われる。あぁ、なるほど。スマートフォンは直接着信があったことを知らせてくれるけど、スマートウォッチも知らせてくれる。つまり、ポータブルな端末の出張所がまたもう1つ身体に張り付くことになる。これはどう考えても無駄だ。

もともと、ポータブルであること、身体に張り付いている端末として作られたスマートフォン。そのスマートフォンと同じものが、付属品としてもう1つ。しかも、それがなければできないこと、ってのは殆ど無い。これでは流行ることはないのじゃないか、と、感じた。

Apple Watchであれば、非常に高額のモデルもある。そういうものであれば、Appleというブランドに、パテック・フィリップくらいの価値を感じている、という人はどこかにいて、それを買っているかもしれない。しかし、そういう人は少ないだろう。安いモデルも、高いモデルも機能はそう変わらない。外装が違うだけなのだから、それは仕方ないし、ウォッチというのはそういう商品なのだ、ということもわかる。しかし、機能だけ見ると、スマート・ウォッチはあまり必要なもの、とは思えないのだ。


多くのシニア技術者は役に立たない

080222_130822

今の日本にいるシニアの技術者の多くは役に立たない。それは高齢だからではなくて、日本の産業の一番良い時代を働き盛りで過ごしてきたからだ。だから、その豊かだった日本の時代が当たり前の環境だと思って、今も生きている。だから、全体的に産業衰退の時代に入った現代では、そのときの生き方や製造の方法、技術はまるで役に立たないのだが、それが役に立たない、という認識を持っていないので、現代の若い産業人にそれを押し付けようとする。

まず、現代の日本のシニア技術者は、どこそこの大企業でなになにを作っていた、という話が好きだ。要するに、オレはこんなすごい仕事をした、だからオレもすごい人間だ、と言いたいわけです。でも、過去の話が現代にそのまま通じない場合が多い。ましてや、非常に製造業の景気が良かった時代と今は全然経営環境や技術の環境が違う。

加えて、景気の良い時代は技術者の仕事に回るお金が豊富だった。しかし、今は違う。だから、多くの、「大企業で働いていました」という現代のシニア技術者卒業者は「なぜこんなことができないのか?」と言うことが多い。ぼくはそこで、「こういうことをするためのコストが今はかかりすぎるからできません。景気の良かった時代にはそれはできたんですよ。でも、今はできる環境じゃないです」と言うと、黙ってしまう。今、日本でシニアになった技術者は、大企業の中でコストのことを考えずに仕事ができた、とても恵まれた人たちなのだ。だから、コストのことを言うと「それはぼくの仕事ではない」という顔になって黙ってしまう。

結果として、多くの現代のシニアの技術者は使い物にならない、ということになる。また、そういったコスト意識が希薄な技術者が、技術を持って経営までできるほど、今はのんびりした世の中ではない。しかし、今のシニアの技術者卒業者の方々は、そういう認識を持てるほどの社会経験がなくても、生きていけた、という幸せな世代だった、という認識すら持てないので、結果として、若い人間に「役に立たない」と言われてしまう。

これからは「技術一筋」なんていう技術者は必要ない。あらゆる周辺の環境を考慮して、コスト意識を常に持ち、経営者の視点で物事を知る技術者シニアでなければならない。簡単に言えば、日本って地域は25年以上前のあの時代は製造業の天国だった、ということですね。でも、今はそうじゃないですよ、ってことです。

世の中の環境が時間とともにどんどん変わり、その環境についていけなくなるのは、現代では「認知症」と言ったりする。であれば、こういう「多くの使えないシニア技術者」は自覚のない、軽い認知症にかかっている、と思ってもいいのかもしれない。

こういう役に立たないシニア技術者の特徴は、(1)昔の自慢話ばかりする。(2)他人に対して上から目線。(3)大企業の名前とか大学などの研究機関の名前をやたらと言いたがる。

逆に、年齢は関係なく、今でも現役のエンジニアは、(1)昔の自慢話をしない。(2)どんな若い技術者にも上から目線で接することがない。(3)大企業や名前のある大学などの名前を出さない。

要するに、できるやつはどこでだって、黙って仕事をして、だまって結果を出すのだ。