報道というのは「エンターティンメント」であって「現実を知らせている」とは限らない。

P1020915
熊本の地震の報道だが「大変です」という報道は「儲かる報道」だから「これでもか」というくらいされる。しかし、「大丈夫です」という報道はお金にならないからされない。だから報道だけでこの地震を見ている私たちは「熊本全域が大変なことになっている」という理解をすることになる。
実際は、ビデオなどで写される事故現場の周辺では、普通に自動車や人が行き交っているのが見える。つまり、「激甚な現場」そのものは地域的にも数的にも、全体から見るとあまり多いものではない。お金にならない映像は流されないだけだ。
 
もちろん、地震前よりははるかに「行きにくい地域」になったことは確かだが、全域がそうなっているわけではない。
 
同じことは、大地震の数日後に訪れたサンフランシスコで経験した。route 880の高速道路のサンドイッチ事故、落ちたベイブリッジ、なかなか鎮火しないマリーナ地区、などなど激甚な被害があったところはたしかにあったのだが、街のほとんどは問題なかった。マスコミは商売だから、お金になるところだけ映像として流す。だから「大丈夫です」「無事です」という報道はほとんどされない。それはいつもと変わらないことだから、お金にならないからだ。結果として報道を見ているだけの私達は「サンフランシスコ全部がだめになった」という認識をする。しかし、その認識は間違っている。
 
私達が本当に欲しい情報は「現地の親族は無事か?」「現地に行って大丈夫なのか?」「現地全体のどのくらいがだめで、どのくらいが大丈夫なのか?」ということだ。しかし、その「本当に知りたいこと」はマスコミは流さない。お金になる「絵」だけがマスコミの報道することだ。つまり「災害報道」とはそういった「エンターティンメント」である、というだけだ。ぼくらはテレビの中の映像としてまるで映画を見るみたいにその映像を「泣いたり、憤ったりして楽しんでいる」のである。繰り返すと、それは「エンターティンメント」である。
 
エンターティンメントである以上報道とは「報道されている内容が楽しめるものであるかどうか?」が一番の価値になる。「正確に現地の様子を伝えているか?」は二の次である。
 
しょせん、マスコミとは商売でやっているものだから、そういった程度のものである。「報道という名前のエンターティンメント」を僕らは見ているだけだ。
 
報道というものの本質は「正しいことを主張する」ことではない。「遠隔地にある変わったこと」を社会全体に知らせ、社会全体の動きにそれを反映させることだ。そして、その動きのあるところに「お金」すなわち「価値」が生じる。報道とはビジネスであって、ビジネスである以上、そういうものだ。報道というものに「良心」というものがもしあるとすれば、そういう自分たちの姿も一緒に画面に映し出すことによって、「本当の現実」を知らせることが必要になる。その自覚なくして「まともな報道」などできないだろう。


市場最低のモバイルを目指せ!

P1020894

現在の市場最低の支払いで済ませるモバイル。以下のリンクでできる。
今日、「安いのが売り物」の新興勢力のモバイルのお店でいろいろ聞いてきたんだが、全然安くならない。やはり、自分でMVNOのSIMを買って、本体は自分で揃えて、それで使うのがいいみたいだ。

以下に、当BLOGで取り上げた「格安SIM」「格安スマホ」のトピックのリンクを挙げます。

●概要:どれくらい安くなるのか?:
●実際使ってみてどうなのか?:
MVNO/格安SIM導入マニュアル:
●最初のハードル・スマートフォン選び:
●格安SIM/MVNOのデメリット:
●格安SIM/MVNOではLINEはどうなるか:
●そもそも「SIM」ってなんなのさ?
http://www.mita.pw/?p=1498
●格安SIM/格安スマホの組みわせは経済的な利益だけではない:


Windows10へのアップグレード勧誘は「IT業界のストーカー」と言う人もいる。

P1020842

しかし、Windows7/8/8.1利用者に対するMicrosft社の「Windows10へのアップグレード要求」はとどまるところを知らない。なんの理由があるのかはつまびらかではないが、とにかく病的に執拗だ。おそらく、同社の財務的なものとか、あるいは全く違うほうからの「なにか」があるのではないか?と疑ってしまうが、その納得がいく理由が明らかにされていない、ということが一番の問題だろう。Windows10へのアップグレード・ストーキングは、いったいなんのためにやっているのか?その理由が十分に明らかにされていないのに、アップグレードはできない。逆に言えばどうしてもアップグレードが必要である、という理由が誰の目にも明らかで、それが万人の納得がいくものであれば、みんなはこぞってWindows10へのアップグレードを受け入れるだろう、ということでもある。

実際、私の周囲に聞いてみると、Windows10へのアップグレードがされたとたん、自分のファイルがなくなるとか、今まで動いていたソフトが動かなくなるとか、日本語入力が使えなくなるとか、さまざまな問題が起きている、という報告が上がってきている。既にPCは一時でも止まれば、あるいは不完全な状態になったら、会社などに大きな損失をもたらす、という時代になった。遊びでOSのアップグレードが楽しかった、というマニアの時代ではなくなっている。

Microsoft社がすべてのWindowsユーザーにWindows10へのアップグレードをしてもらうただ一つの方法は、アップグレードをなんとかしたい理由を、隠さず、万人の納得するかたちで、世に示すことしかない。

 


ノマドの午前11時

P1020623

今日もまた午前11時前後から近くのスタバでは「iPhone」と「MacBookAir」を持って「ノマド」が集まっていて、お互いに話をするでもなく、ただ集まって、そして解散する。なにかをしようというのではなく、なにをしてもらえるかにしか興味がないから、ただなにもない空に向かって大きな口を開けて、ひたすら待っているだけだ。時々仕事の話をしているような数人のグループがいて、そういう連中はたしかに、Webページはどう作るか、なんて話をしているが、自分自身の生産性がわかっているようにも思えない。もともと生産性なんて気にしたくもないと彼らは思っていて、それを仕事と思っているんだから、まぁ、そういうことになるのは目に見えている。

そんな彼らを見ていると、「Me and Bobby McGee」が頭の中で鳴っている。

AppleのiPhoneを手にしてどこかに電話する。Apple製品を持つことは「ぼくはちょっとだけ経済的に豊かな生活を送っているんだぜ」という精一杯のアピール。ああ、そう。それで?いや、どうってことないんだけど、と照れてみせるくらい、ちょっとやってみたいじゃないか。おれだって、ちょっとしたWebデザインの仕事したことがあるんだぜ。だからデザイナー、って言ってもいいんだよね?あ、横文字の仕事でコンピュータやインターネットに関係する仕事ってかっこいいだろ?リッチな雰囲気もするしさ。ちょっとかっこいい名刺も作ったんだけどね。なかなか減らないんだけど。

本当の貧しさも知らない。本当の豊かさも知らない。宙ぶらりんといえばそうだけど、どっちでもなくってよかったよ、くらいは言って見る。

そんなことをつらつらと考えながら、一日が暮れていく。豊かなのか、貧乏なのか?自分でもわからなくなってきているんじゃないか?週末、なにをしようか。月曜日、なにをはじめようか?

 

 


ネットに「顔が出る」ということって、要するに味方も多くなるけど敵も多くなる、ってことだよな。

P1160512

その昔、「男は外に出ると7人の敵がいる」って、言っていた時代があった。「7人」というのは、「たくさんいる」を言い換えたもので「敵は一人じゃないよ、気をつけろよ」って意味です。今なら7人=多数、って見ることはないだろうから、「なんだ、たった7人かぁ?」って思っちゃうんだろうけれども、実際には、「いっぱいいるよ」の言い換えなんだな。でも、最近はtwitterのフォロワー数なんて人気の人は数百万とか行ってる人もいるし、ちょっとした人でも、数百人はいるのが当たり前になったから、「7人、って少ないじゃん」とか思っちゃうよね。

とにかくネットに顔が出る、文章が出る、ってことは、いまや7人どころではない人が自分のことを見ているわけで、もちろんその中には自分の考えていることに賛同している人もいれば、反対している人もいっぱいいるし、嫌悪しているような人も、いっぱい出てくる。つまり、そういうことって当たり前になったんだな。だから、「ネットではこんな悪いことを書かれた」が、そのまま受け取られることもないし、逆に良い評価ばかりだと「ステマじゃないのか?」って疑いを持たれたりする。つまり、ネットの評価をあてにしてネットを調べても意味がない時代になったんですね。

しかも、昨今は「男は」のところも疑問符がつくわけですよ。女性も活躍して当たり前だからね。まぁ、ネットでの言論はマスコミ言論のように規則で縛られたり、モラルで縛られるとかがなくて、法によっても統制されていないところがあって、「言いたい放題」なところがあるんだよね。だから、ネットの言論もそんなに信用出来ない時代になったんだな。

他人事じゃなくて、ぼくはインターネットが日本に入ってきたときからの技術者だから、いやまぁ、いろいろな変遷があったよな、って思うわけです。自分に対しても、かなりの肯定意見もあるんだが、その数の何分の1かは、否定だったり、あるいは、揚げ足取りだったり、みたいなのにはいっぱいであった。最初は凹んでいたけれども、もう最近は「そういうものだよなぁ」としか言えなくなってきた。

あと、有名になった、というだけで、叩く、って言うわけのわからない人もいっぱいいるんですよ。もうこうなると1つ1つの揶揄とか批判に気をつける、なんてことはまるでできない。無視したほうがいいね。それを読む人もね。