「カード型コンピュータ」の時代になるか?

インテル社のカード型コンピュータが発表されたのは、台湾の台北で行われているCOMPUTEX-TAIPEI2017の会場でのことだ。多くのメディアが取り上げているが、要は、高性能のPCの心臓部がカードの大きさに収まったもの、ということだ。オフィススートなどを使うデスクトップでのコンピューディングであれば、ノート型であろうが、デスクトップ型であろうが、これ一枚を挿して、コンピュータにする、ということになる。このカードには、CPU、メモリ、ストレージなどコンピュータの中心部分が入っているとのことだが、ストレージはおそらく、eMMCなどのフラッシュストレージなのだろう。であれば、簡単に言うと、タブレット型のPCのキーボード、マウス、ディスプレイの無いもの、ということになる。PCの外観は各PCメーカーが作る、ということになる。

自作PCの楽しみがまた減るわけだが、これを交換すると、CPUの性能が上がったりする、というのは重宝するだろう。ストレージは今よりも少ない容量になるとしたら、明らかに、この「カード」で作るのは「Chromebook」とか「Windows10S」のような、クラウドで動く「クラウドブック」になる可能性が高い。

さらに、このカードを使ってサーバーを作れば、小さなスペースに多くのサーバーを入れるのも現在以上に可能になる。自動車用のコンピュータも、コンピュータの中心部分はこれを使えば良い、ということになるだろう。ルーターなども、安価なものであれば、このカードで作る、という選択ももちろんあるだろう。

このインターフェイスはおそらくインテル社が標準とすることになるだろうから、業界規格も出てくるに違いない。そうなると、インターフェイスでコンピュータの中心部分と周辺が分けられるから、CPU側も、周辺側も、いろいろなバリエーションが出てくれば面白い。

大きさも小さく薄いから、スマートフォンにこれを挿せば、いつでも自分の環境を持ち歩き、電車の中ではスマートフォン、家で遊んでいるときはタブレット、仕事ではPC、と使い分け、でも中心になるコンピュータは1枚、という使い方もできるようになるんじゃないだろうか?

今後の課題は、消費電力とかストレージ、なによりも、価格などがどうなるかだが、量産ができるスペックのものは、全IC化をするわけで、かなり安くなる可能性がある。

この世界になると、家電量販店でPCの「外側」は、好きなデザインのものを選んで買ってきて、カードでコンピュータのスペックを決める、という感じになる。

と、ここまで書いて思ったのだが、ネット系のマスコミではけっこういろいろ取り上げられているものの、あまり大きな変化をこのデバイスが作れるのかどうか?ちょっと疑問になった。

 


日本のコンビニは世界最高かもしれない

 

ついこの前まで韓国で2年間を大学教授として過ごしたが、そのときのご飯はけっこう自炊をした。どうしても疲れて自炊の気力がない、というときは、近くの飲食店に行くか、コンビニである。日本のコンビニは毎日のように新しいものが置いてあり、食べ物のバリエーションも多く、質も非常に高い。サンドイッチなどは日本のコンビニで買うとしっとり感がしっかりあって、美味しいが、韓国のコンビニや台湾などのコンビニでは、日系のコンビニではないチェーンなどは、パンがかさかさになっていたりして、あまり美味しくない、と感じる。おにぎりについては、日本も韓国もあまり変わらないが、とにかく種類は日本のほうがあるし、種類の入れ替わりも多く楽しめる。とはいうものの、炊いたごはん(Steamed Rice)を食べるのは世界中で日本と韓国だけだから、おにぎりはどちらも似たようなものだ。

韓国のコンビニは一年中ほぼ同じものが同じ場所に置いてある。だから、韓国でコンビニに行く前に、頭の中で「あの棚でこれを買って、こっちの棚でこれを買って、合計でこのくらいの値段だな」というのが、店に入る前からわかってしまう。それが良いことか悪いことかってのはもちろんどちらとも言えないわけだが、日本のコンビニには「遊びに行く」「珍しいものがある」「なんだかワクワク楽しい」という感覚があるが、韓国のコンビニではそういう感覚はない。

サンドイッチとかおにぎりは日本のコンビニのように置いてあって、ツナのサンドイッチやおにぎりがあるなど、品揃えは日本のコンビニに似ている。当然、弁当なんかもあるのだが、正直なところ、質は日本のコンビニのほうが高い。韓国にいたときは毎月日本に戻っていたわけだが、戻るたびに、近くのコンビニで「小さな感動」を味わうために店に入り、秋葉原にも通って「日本の匂い」を楽しんだものだ。

一方で、韓国のコンビニは個人商店がフランチャイズに入ってやっていることが多いわけだが(これは日本と同じだが)、毎朝行くとそこのレジのおじさんと懇意になる。そして、チョコレートを買うと、別のチョコレートをおまけにつけてくれたりする。日本のコンビニには優れたシステムがあるが、韓国のコンビニには「人情」がまだある。韓国の大手のコンビニチェーンに行くと、毎月レジの人が変わるのだが、いつだったかのレジのお兄さんは「日本人ですか?」と日本語で話しかけてくれて、「私も日本にいました!」と、親しげに話をしてくれる。おそらく、日本にいたときにコンビニのレジなどをバイトでやっていたのだろう、帰り際に大きな声の日本語で「ありがとうございましたっ!またのご来店をお待ちしておりますっ!」と言われたときには、調子が狂って、お店の出口にある数段の階段を踏み外しそうになった。

コンビニエンスストアは、米国発祥だが、日本で大いなる進化を遂げたことは確かだ。しかし、その日本のコンビニを追いかけた韓国、中国、台湾などのコンビニは、他の人の話を聞くのと、自分の体験から、現状は「まだまだ」という感じが、どうしてもする。

 


「昔は良かった」は言わないほうがいいでしょうね。

日本人だって20年以上前は、外国に行くと嫌われていた。

1970年代では、「エコノミック・アニマル」「ノーキョー(当時は農協の団体旅行で外国に行く人がいっぱいいた)」などは「マナーの悪い日本人観光客」を指した言葉だった。その当時は日本は「高度経済成長」だったんですよね。Panasonicの製品だって、「あそこは他の売れたものの真似ばかりする」といって「松下電器」をもじって「マネシタ電器」なんて悪口を言われていた。大陸中国のものは日本製品の真似が多い、って日本だってその当時は米国や欧州のものの真似をした製品がとてもたくさんあった。

いま大陸中国は再びのバブルの時期に突入しようとしていて、下降線の日本よりはるかに景気がいい。上海に行けば、既に空港連絡鉄道にはリニアが使われているし(よく止まるけど)、ニューヨークもかくやと思わせる上海の摩天楼の会社に行けば、会議用にとか言って、会議室には60インチ以上のでかい4Kテレビが当たり前のように置いてある。今、なにかと「昭和」がブームらしいが、昭和の時代といっても、ぼくの子供の頃の記憶にあるのは、1960年代から1980年代くらいまでで、「昭和」の一部にすぎない。そう。その時代は日本人にとって「夢の時代」であった、と言っていいだろう。

日本の高度経済成長期は、日本史を紐解くと、日本という地域で生まれて育った人間にとって、おそらく未曾有の好景気の時代であって、それは、1960年代はじめから、だいたい1980年代半ばくらいまでだ。それでも20年以上は続いた。この時期は米国も「黄金の60年代」と言われた時期に重なるんだが、要するに世界中が景気が良くて、日本もその恩恵に預かっていた、という感じだ。ぼくが物心ついたあたりから、2000年近くまで「今年より来年は必ず良くなる」ことを、誰もが疑わなかった時代だった。年末に除夜の鐘を遠くで聞き、家族みんなで、年越しそばを食べながら、テレビでNHKの紅白歌合戦を見つつ「来年はどうなっているかねぇ」と言うのはため息ではなく、希望を含んでいて、それを疑うことはまずなかった。

バブル経済とは、そういう高度経済成長期の最後に咲いた大輪の毒花であったように、今は思える。バブル経済はその名前の通りで、いつまで続くわけもないが、その当時は「株は上がり続ける。土地は高くなり続ける」と言われていたし「いま、投資をしないのは人間じゃない」とまで言われたときもあった。そうは言うものの、日本人にはまだ太平洋戦争のことを覚えている人がいっぱいいて、そういう時代の風潮に流されない堅実で賢い人も、それでもかなりの数がいた。バブル経済は必ず短期間で崩壊する。その崩壊は緩やかではないから、その変化についていけない人も続出した。

今の日本を見回してみれば、その当時から残っていたものが、どんどんなくなっていくのが見えるだろう。それは日本人にとって、暖かな日差しの中でお腹を一杯にしていた時代だ。その時代を「昭和」という名前とともに懐かしく思い出すのは罪ではない。しかし、後継の子どもたちに、「昭和の時代」をひけらかし「あの時代は良かった」などと思い出話をするのは、自己満足ではあっても、後継者のためにはなんにもならない。

私は最近、IoTのセミナーとかに呼ばれることがある。「観客」を眺めると、若い人間よりも白髪の年寄りが多いことに気がつく。そこで私が必ず最初に言う一言がある。

「もう5年以上前の情報はなんの役にもたちませんから。そういう話は一切しないでいただきたいし、私もしない」

それでも、質問の時間になると、おじいちゃんが手を挙げてなにか話をする。質問の時間なのだが、質問ではなく、意見表明である。それでもいいと思っている感覚が既にずれている。おれもそんなことはもっと大きな仕事でやったことがある。先輩の持つ一家言を公の場で言って偉そうにしていたいだけだろう。そもそも、そういう人には公の場は与えられず、こういったセミナーの質問の場が自分の意見表明の場なのだ。それしかないのだ。意見表明の場としては、BLOGでもSNSでも今はある。そういう、この世界についていけていないのだ。そういう人は「自分の存在意義を示したい」というだけだ。他に意味はない「挙手」であることは、その人の手が上がったときからわかる。

「私がそれをやったのは。。。」と来る。
「それ、何年前の話ですか?」と聞き返す。
「私がやったのは15年前。。。」
「最初に言った通り、5年以上前の情報はなんの役にもたたないんですよ」
「違うのですか?」
「ええ、全く違います」

話が通じない。それで終わりだ。

時代は刻々と変わっていく。それについていけない人、それに必死でついていく人。様々だ。

そして、日本の若い人間はあれだけ「嫌韓」「嫌中」などと言われても、日本の後を追って日本よりも豊かになりつつある、韓国や中国に向かう。今や「韓流」の日本でのメインプレヤーは、おばさんではない。高校生や大学生である。


モバイル充電器は何を選べばいいか。

【モバイル充電器はどれがいいか?】
家電量販店にも、秋葉原にも、最近は電池を内蔵した「モバイル充電器(モバイルバッテリー)」をたくさん売っている。あまりに種類があるので、どれを買ったらいいか迷う。秋葉原では、かなり大容量のものでも、なんと千円くらいで手に入るものもある。

一方で、電池を使ったこういう製品はスマホなどの報道でもよく見るが「爆発した」などの事故のニュースもよく聞くようになった。こういうニュースを見ると、「ほしいけど怖い。なにを選んだらいいかわからない」ということが多いだろう。

モバイル充電器は、タブレットを充電したり、スマートフォンを充電したりするものがほとんどだが、中にはノートPCを充電するものもある。しかし、多く使うのはスマートフォンかタブレット用と思うので、今回は対象をスマホとタブレットのみにする。

【USB出力は2個以上がいい】
モバイル充電器を選ぶとき、まず気にしなければならないのは、「USB出力個数」である。1個であれば、1個しか同時に充電できないが、2つあれば、スマホとタブレット二台持ち、なんてときに重宝する。私の場合は、スマホとPC、そして、PCにつなげる「Wi-Fiルーター」を普段持っているので、「スマホ用」と「Wi-Fiルーター用」の2個のUSB出力を持っているものを使っている。モバイル充電器は、USBの出力を1個、2個、3個持っているものがあるので、自分の使い方に応じて、選ぶと良い。が、なにか違ったシチュエーション(友人などのスマホも一緒に充電する、など突発的なこと)も考えれば、「USBの出力は2個以上」のものを選んでおくと良いだろう。

【容量はどのくらいがいいか?】
次に見るところはモバイル充電器の容量である。現時点では、小さめのもので4000mAh前後(あるいはそれ以下)、大きなもので10000mAhくらい、そしてほんの僅かだが20000mAhを超えるものもある。一般的に言って、10000mAh前後のものを選ぶと、たとえば、iPhoneSEなどの小さいものだと3回くらい充電できる。タブレットだと、おそらく1回充電できるくらいだろう。当然だが、容量が大きいものは大きいほどいいとは思うが、充電時間もかかるし、なによりも容量が大きいと「重い」。1000mAhのもので、だいたい400gくらいはする。かといって、小さな200g未満のものでは、容量は3000mAhなど小さくて、スマホを1回充電して終わり、ということになる。もっとも、最近のスマホやタブレットは少電力化が進んでおり、使い方にもよるが、ふつうの使い方ではだいたい1日は電池が持つように設計されているから、モバイル充電器はそんなに容量がなくてもいいのかも知れない。あと、通勤帰りにいつもスマホの電池が切れてしまうから、家に帰るまでの1時間持てばいい、というのであれば、3000mAh程度の容量のものでもいいだろうし、いつも外回りの仕事でなかなか充電する機会がない、ということであれば、10000mAh以上のものを選んでおくなど、自分の使い方によって、このあたりは決めると良い。通常は10000mAh前後のものを買っておけば満足することだろう。

【充電にかかる時間も考えよう】
ということで、自分の使い方にあったモバイル充電器を購入するとき、もう1つ気になるのは、充電にかかる時間だ。これは店員さんなどに聞いてみよう。寝ているあいだにフルに充電してほしい、とふつうは考えるだろうが、睡眠時間が4時間という人もいれば、10時間寝る人もいる。であれば、自分の睡眠時間内で充電できるものでないと、使えないよ、ってこともあるだろう。当然だが、容量が大きいものは充電時間が長く、小さなものは充電時間が短い。こういうことはあまり表に出ていないことも多いので、事前にメーカーのサイトなどでスペックを調べてから買いに行くのが良いだろう。

【爆発しないのか?】
結論から言うと、爆発は余り心配しなくていい。モバイル充電器の爆発があるとニュースになったりするが、非常に稀だ。爆発などの事故は、むしろ使い方が悪いときに起こりやすい。モバイル充電器の中身は「充電式電池」である。これは本質的にスマホの中に入っている電池と同じものだ。だから、毎日充放電していると、寿命はだいたい2年くらい。2年で買い替えすべきで、それでも使っていると、爆発もしやすくなる。また、極端に暑いところ、例えば35度以上になるところや、極端に寒いところ、だいたいマイナス5度以下のところでは使わないほうがいい。iPhoneだって、全ての機種の動作保証は35度である。あと、コンクリートなどの床に落とすなども、危ないことが多い。電池そのものは大丈夫でも、付属の充電・放電をする電気回路が壊れたりする。それが壊れると、爆発の危険性が増す。当然だが、水濡れははっきり「厳禁」であることは言うまでもない。風呂の水に落としたり、池に落とすと、完全に万事休すで、通常は電池がダメになるので、もしも池に落としたとか海水に漬けてしまった場合は、すぐに捨てて、新しい物を買うことだ。

ということで、モバイル充電器は基本的に日本で売っているものであれば、ほとんど、どのメーカーのものでも問題はない。しかし、使い方を誤ると、火事になったりするので、充分に気をつけよう。また、買ってから毎日使うと、だいたい寿命は2年が限度だ。2年たつと、一生懸命充電しても満充電にならず、充電するときの電力の総容量が減る。これはスマートフォンなどに付属や内蔵の電池と同じだ。だから、買い替えは必ず2年前後で起きる。どうせ買い換えるのであれば、安いものを買おう。

 


SIMフリーから考えるAndroidとiPhoneの違い

2013年から、私はSIMフリー端末+MVNOのユーザーだ。そして、昨年はまぁ、一度は、ということで、あることをきっかけに、上記の環境に加えて、docomoのiPhone7plusを使い始めた。正直なところを言えば、高い。月によって支払い金額は違うが、自分の場合、SIMフリーのほぼ10倍の通信料金がdocomo/iPhoneの場合はかかっている。

そのiPhoneの購入から半年がたった。そこで、この連休中に、早速、iPhoneをSIMフリー化して、MVNO他社のSIMも挿して使って見た。結論を言うと、「SIMフリー/MVNO使いはこのままではAndroidになる」だ。

理由はかんたんだ。Androidのスマホやタブレットであれば、MVNOのキャリアの切り替えが簡単だが、iPhoneでは煩雑だ、ということだ。

Androidでも、iPhoneでも、SIMの物理的な差し替えの手間は同じだ。ここでは差異は出ない。

しかし、設定となると話は別だ。Androidではいくつでも通信会社ごとのSIMの設定(iPhoneではプロファイルとなる)を本体に保存しておけて、SIMを変更するごとに、簡単にそのSIMでの通信が始められる。

しかし、iPhoneでは、Wi-Fiなどがつながるところで、その通信会社のSIMに適合した「プロファイル」のファイルをメーカーのサイトから探してきて、ダウンロードしてインストールしなければならない。しかも、現状のiPhone/iOSでは、ソフトウエアで複数のプロファイルのスイッチができないから、SIMを取り替える毎に、前に使っていた通信会社のプロファイルを削除し、新しいSIMの通信会社のプロファイルをダウンロードしてインストールしないといけない。

もちろん、iOSといえどもソフトウエアではあるから、SIM周りのソフトウエアの変更があれば、Androidのように複数のSIM(通信会社)の切り替えが簡単にできる、ということになるだろうが、本日現在、そういう機能の変更が加えられる、というアナウンスは聞いていない。とは言うものの、日本国内でdocomoのiPhone7plusでSIMフリー化したものでiOS10以降だと、SIMフリー化したものの、APNの自前での設定ができないが、前のバージョンだとできる、などの違いもあるようで、ややこしいことに変わりはない。

また、最近は日本人でも外国に出ることも多いと思うのだが、iPhoneのハードウエアでは、国別に2つのSIMを予め入れておいて使う、という使い方ができない。物理的に入るSIMが1つだ。Androidの様々な機種の中には、「デュアルSIM」といって、2つのSIMを予め入れておける機種があって、海外と日本を行き来する場合は、非常に便利だ。SIMの取替のときなどに、SIMを落としてなくす、ということがない。

つまり、現状ではSIMフリー/MVNOのSIMの組み合わせでは、どうしてもAndroidの端末に軍配が上がる。

 


スマホの評価BLOGや記事などがアテにならない理由

最近は、スマホなどのハイテク商品のみならず、あらゆる商品をまずは検索で調べて、評価が良ければ買う、なんていう消費行動が当たり前になってきた。しかし、スマホのようなものを実際に買ってみたら、レビュー記事なんかと違う、ってことはけっこう起きる。これはレビューしている記者とかブロガーがいい加減なのではなく、メーカーがレビュー記事を見て、特に発表などもせずに、少々スペックを変更したり、改良したり、ということを後でする場合があるからなんだな。

こういうことはけっこうよくある話で、メーカーでも商品の評判には敏感だったりする。また、細部の部品なども、作っている最中に調達ができなかったりして、違うものを使う、ってこともある。結局、ブロガーなんかの記事でよくある「ファーストインプレション」なんて記事があまりあてにできない、なんてこともけっこうあるのだ。

しょせん、ブロガーなどの「使う人」は素人。対して、「作る人」はその筋のプロである。同じ製品でも、ロットや生産地が変わると、中身も変えていかざるを得ないのだ。

 


いまどきは「安いもの」でITしよう

最近は、タブレットとかPCとか、スマートフォンとか、安いものがかなり選択肢が増えてきた。スマートフォンは、秋葉原でかなり立派なスペックのものの中古が1万円ほどからある。PCも薄型高性能をうたう数万円以上のものもまだあるが、一方でChromebookのような2万円ちょうどくらいのものも出てきている。ぼくも基本的にスマートフォンもPCも高いものはまず買わない。そういう時代じゃないんじゃないか?と思い始めているからだ。

高い値段のIT機器は、壊れたときの修理が面倒になる。当然修理代も高い。スマートフォンも自分のものとして使えるようにするまでには、設定も多く、ややこしい。結局、安いものを短期間使って、また新しいものにする、というやり方もありかな?と、最近思っていて、データはほとんどクラウドで済ませている。これなら、いつPCやスマホが新しいものに変わっても問題はない。しかも端末の価格が安いものであれば、落として壊した、なんてときに、(相対的に、だが)あまり悲しくない。アクシデント時のダメージが少ないのですね。

とうことで、今はPCにはChromebookをモバイルで持ち歩き、数千円で買った中古のWI-FIルータに格安SIMを入れて使い、スマホも中古で1万円くらいのもの、という感じになっている。1台だけ、iPhone7plusがあるが、結局、出る幕はそう多くはない。

モバイルもチープに、という時代になった感じがする。