日本は製造業教育には最適

近親者に、大学の工学部に入って、そこで勉強をしている若者がいる。友人、知人に、大学の工学部で教えている人がいる。大学にいるうちは、この「教える側」はおそらく、日本の製造業で最高の環境にいた人たちだから、それなりの教育ができる。教授陣の知識の水準は非常に高く、教える意欲も高い、と、私は感じている。しかし、いっぽうで、教えられる側の学生の立場に立つとどうだろう?教えられる側の学生に高い製造業の技術能力が付いたとして、いま、日本では工学部を出た学生の仕事が豊富であるとは言い難い、という状況がある。

世界の製造業の舞台は、日本から去り、中国やインドを筆頭としたアジア諸国に移っているのが現状だ。であれば、学生たちには、最低でも英語でのコミュニケーションのスキルを一緒に教育し、世界のどこに出ても「稼げる」ようにする必要があるのではないだろうか?英語に加え、できれば中国語のスキルもあるともっと良いとは思うが。

一言で言えば、日本の製造業は既に死んでいる。しかし、まだ生きる道はある、と、私は思う。

それがあたかも昔のように「再興」できるかのような「モノ作り」などという古臭いキーワードで将来のある学生を騙さないようにして欲しい、と、私は思う。

日本の製造業は衰退したが、日本という地域にはおカネはたまった。そして、高度に教育された製造業の人材もいっぱいいる。つまり、高度な製造業の教育と、製造業への投資については、日本は非常に良い環境にある、とも言える。「モノ作り」を教えるのであれば、それはあくまで「投資のため」「海外への教育のため」という目的を持つべきだろう、と私は思っている。日本でモノを作って儲けられない、というのは、日本の製造業が成功したからであって、失敗したからではない。その成功により、人件費が上がり、土地代もあがり、日本という地域ではモノを作る、ということを直接しても、高いものしかできず、売ることができなくなった、というのが真相なのだから。日本人はよくやったし、失敗したわけでもない。全てうまくやったのだ。その結果、製造業が人件費や土地代がもっと安い地域に移って言ったに過ぎない。嘆くことではない。

やり方と、生きるための居場所を変えること。それが、本当に日本人に必要なことなのだ。

「XXができます」という人材を育てるのではなく「XXを作れば売れると思う」という提案ができる人材を育て、「XXに投資しよう」というおカネを用意すること。おそらく、日本に必要なのは、こういった経済原則に沿った、新しい動きなのではないか?

 


プログラミングを身につけるには

このところ、義務教育でも、プログラミングをできるようにする、という目標が掲げられているので、とにかく、あちこちでプログラミングのことについて書いてある本やサイトが増えた。特に小学生くらいの子供にいかにプログラムを教えるか?ということが義務教育に取り入れられる、というニュースが駆け巡ってからは、なんと「PCなどの機器を必要としないプログラミング」についても、あちこちで聞く。「他のやらなきゃならないこともあるのに、おカネもかけられない。迷惑だ」みたいな現場の感じが良く出ているなぁ、と外野からは見ているだけだ。

たとえば、英語などの外国語でもそうだが、何事に於いても、新しいことを学習し、身につけるには「環境」が最も大事だ。例えば、同じ英語を使うといっても「power」は政治の世界では「権力」の意味だし、電気の世界では「電力」の意味だ。そして、それぞれに単語の意味は微妙に異なるニュアンスがある。どの分野で学ぶか、ということ、言い換えれば、どんな環境で学ぶか、で、単語1つでも全く違うものを相手にしなければいけなくなる。

自分がプログラミングをしてきた経験から言うと、まず子供の頃はアマチュア無線がとても楽しくて、自作の無線機などを作っていた、というところから始まる。無線機を作るには、半田ゴテが必要だしニッパーとペンチも。。。。ペンチも大きなペンチからラジオペンチ。。。。、電線にはワイヤストリッパーが。。。と工具は毎週のように増えていく。気がつけば、そういう工具に囲まれて生きている。その方面の同好の友人も増え、情報交換で仲間も増えていくし、友が友を呼んで、ますます、自分の身の回りは同好の人間ばかりになっていく。そうしているうちに、時代がハードウエアからソフトウエアに変わり、気がつけば自分はインターネット界の端っこで、結果として、だけど、インターネットを日本にもって来る役目(の片隅)に。。。みたいな、そういう感じで自分の世界を広げてきた。

おそらく、自分の次の世代も同じように「Webって面白いなー」から始まった、同好の士の集まりができてきているのだ。であれば、そういう環境に自分を置くことが、実は一番大切なことだ。義務学校教育で「これをマスターすると、褒められます」とか「将来は安泰です」みたいな、その「行為」とは別のところに行為のモチベーションを置いても、要するに、人参を目の前にぶら下げられた白けた馬がノロノロと歩いて行くだけになるのは、目に見えている、と思う。子供はそういうことでは動かないのだ。

プログラミングは、物事を論理的に見て、決断し、実行するもので、要するにそのままそれは「解決すべき問題を見つけて」→「解決方法を探り」→「解決方法を確立し」→「プログラミングという手法でそれを実現する」、と、そういうものだから「プログラミングのお勉強をしましょう」というのは、私に言わせれば、だが、正直なところ、プログラミング教育とは言わない。まずはその子供の周りに環境を意識的に整えるのが、大人のやることじゃないだろうか?

今の世代はインターネットが出現し、コンピュータのプログラムなどをやりはじめた私たちの世代から、さらに3~5世代が隔たっている。であれば、その世代の興味はもっと違うところにあるだろう。プログラミングも、今であれば、コンピュータの前に座ってキーボードとマウスを相手にしなくても、コンピュータについたマイクにあれこれ指示をすると、勝手にPCの中のソフトウエアがプログラムを作ってくれる、というところまで行きそうな勢いだ。

「ぼくがエアコンのスイッチを入れて、室温を22度にしてくれるように、プログラム作ってくれないかな?」
「わかりました。その合言葉はなににしますか?」
「温めて、にする」
「わかりました。できました。言ってみてください」
「温めて」

なんていう、そういう「音声プログラミング」だって、今は可能だ。

であれば、プログラミングをするプログラマーも、また違う仕事をする必要があるだろう。プログラミングはコンピュータが自動で作るものになるのだから、「どんなプログラムを作ったら役に立つか?」を考えることがもっと重要になる。「XXができます」ではなく「XXを作るといいです」ということを考える仕事が、より大切になる。

時代の流れは速く、法律も教育も、そして人間もついていける人はごくわずかだ。

 


「報道」はどう変わるだろう?

ぼくは「報道写真」をやっていたことがあったのだが、報道写真では、ブレていようがボケていようが、とにかく世の中に出すスピードが報道の価値を決める。そういう視点で言うと、スマホのカメラの有用性は言うまでもない。当然、インターネットやSNSなどがベースにあってのことだ。撮影したその場でアップして公開。そうなると、どこの報道機関でも、そのスピードにはかなわない。写真を吟味するヒマも、写真を公開するかどうか問い合わせるヒマもない。数秒で終わりだ。

報道では、細かい解説を必要とするようなものは以外と少ない。たとえば「XX大学のXX先生のXXの会場での写真」だけで、その写真を見る人には、情報として十分なのだ。なぜ、その人がそこにいて、業績はなんで。。。それは、その報道を見た人が、必要であれば、ネットで一瞬にして調べられるから、まぁ、どうでもいい、という範疇の情報になる。なにせ、報道の情報を読む人は、その先生の関係者であることは少ない。忙しいのだから、ちょっとわかればいいのだ。であれば、報道は「写真(ビジュアル)」「スピード」が全てである。リアルタイムでなければ、報道の意味は100%とは言わないまでも90%以上はない。マスの情報の消費とは、要するにそういうものである。送り出し側がいくら丁寧に作ったところで、読む側は一瞬しか読まず、評価もそれなり。であれば、送り出し側でコストを掛ける必要も、本当はない。ただし、世の中の経済が豊かであった時代には、そういう「無駄」も許された、というだけのことだ。

今や、BBCなどの大手メディアでも、現場の記者はスマホで画像をアップしスマホで記事を書き、それで終わり、という時代だ。報道である以上、それで十分なのだ。また、「報道機関」の意味もなくなってきた。SNSでアップすれば、会員は当たり前に、それ以外の人もすぐにその情報にリーチできる。解説の記事部分を必要としている人も非常に少ない。必要なのは、目の前で起きていることがその場で多くの人に伝わることだ。

そこで、私が普段やっている「報道」でも、iPhone7plusだけで写真を撮り、すぐにFacebookにアップする、という方法に切り替えた。前は一眼のデジカメを持ってきていたのだが、もう意味はなくなった、とぼくは判断した。デジタル技術は報道を劇的に変えた。今まだ変わっていないところでも、すぐに変わっていくだろう。この流れについていくことができなければ、報道写真はもうできない。報道という事業が権威を持った時代も終わった。

いま、ぼくがデジカメを持って写真を撮るのは、自分の「芸術」をするためであって、それ以外ではない。「報道」であれば、迷わずスマホカメラで行く。いや、自分のでなくてもいい。そこにいる誰かのほうが、スマホを構えて写真を撮るスピードが速い、ってことだってあるだろう。

そして、「初報」こそが報道の命であって、後続の解説は、90%読まれない。意味がほとんどなくなった。新聞でも、よほど暇な人でなれば、ほとんどの記事はキャプションを読んで、写真を見て終わりだろう。興味がありそうなものだけ、記事の中身を読む。私たちが見るレガシーメディアの報道というのは、読む側にとっては、多くの無駄を提供されている、と言っていい。「私は鉄道に興味があるから鉄道の報道だけを読みたい」「鉄道というと経済も関係あるから、経済の記事も読みたい」「それ以外のものは必要ない」。それがユーザーのニーズだ。そこから「必要ないものにはおカネを払わない」まではたった一歩の距離しかないのが、現代の「デジタル双方向」の時代だ。

新時代の「報道」とは、つまり、そういうものではないか?であれば、報道とは「マスメディア」がなくなり中小の「専門メディア」だけがあって、それを読む側がチョイスする、というやり方でないと、やがて採算があわなくなってくるだろう。

既に子どもたちは、テレビを見ずにYouTubeで好きなものだけを見る時代だ。目の前に「報道」という事業が変わる、次の時代の扉がかすかに開きはじめているのだろう。

 


「人工知能」の不都合な真実

本当は「人工知能」というものはない。だいたい、コンピュータは「鉄腕アトム」の時代に「人工頭脳」と言われてこの世に登場した。人間に代わって「考える」ということをしてくれる機械だったからで、それってそのまま「人工知能」じゃないの?というものである事は言うまでもない。しかし、コンピュータが「人工頭脳」と呼ばれていた時代と、今のどこが違うのか?というと、まずはハードウエアが違う。

ハードウエアは、かつて10億円したものが、今は5千円も出せば手に入る。しかも、CPUの演算スピードは、過去と較べて現在は数百倍。メインメモリの量も、ストレージの容量も同じくらい現在は大きくなった。しかも昔と比べて劇的に安くなった。だから、以前は膨大すぎて実行にも時間がかかる巨大なプログラムを、現在なら小さなコンピュータで利用できるようになった。

また、インターネットの発達によって、現在のコンピュータでは手に余る大きさのデータなどを扱う場合は、インターネットを通してメーカーなどの巨大なシステムに接続して、こちらの小さなコンピュータではできない処理を肩代わりしてもらう、という「クラウド」の仕組みも、発達した。

この2つの「劇的な改善」で、小さくて安いコンピュータでもかなりの処理ができるようになり、ある意味「より人間に近づき」、「特殊なものであれば、人間を凌ぐ」こともできるようになった。それが昨今の「人工知能」と言われるものだ。

簡単に言うと、コンピュータの歴史というのは「人間の代わりに考えてもらう機械を作る」わけで、そうなると、人工知能、というのはもともとからあるコンピュータのことを、そのまま言っているだけ、ということになる。

また、コンピュータに人間のようなデータを蓄積させ、人間のように振る舞わせるためには、その「脳」の動きを模倣するだけではなく、手の感触とか、目で見たものの様子とか、要するに人間が持っている「五感」の機能なども備わって、コンピュータにおまけでついていなければならないが、現在はあたかもそういう「教育」をせずに、コンピュータが勝手に人間の真似をする、というように誤解されているところがあるのではないだろうか?そして、その五感が人間のように完全に働くためには、人間のように時間とともに成長するとか、そういうことも必要になる。現在のコンピュータには人間のような「五感」は特別な場合しかつけることはないわけで、そうなると、なんでもかんでも人工知能、ってことはありえないことだ、ということがわかるだろう。

ぼくらは、そういう仕事の最先端であれこれと作ってきたのだが、ぼくの周辺の誰もが「人工知能ブーム」には、かなり違和感を持っていた。それはつまり、技術というのは魔法ではなくて、当たり前のことを組み合わせてできているものであって、それが時代とともに性能が上がったり、安く簡単に手に入るようになったり、というに過ぎない、ということを、みんな知っているからだ。

ITはかつてキーワードを見つけて、そのキーワードで新しいものを紡いでいく、という感じがあって、それはそれで面白いのだが、モノを実際に作る最先端の現場では、中身をよく知る人もいるので、「なんだそれ?もうやってたことなんだけどなぁ」みたいな感じになる。とは言うものの、技術者も研究者も食っていかなければならないので、こういったキーワードを前面に出してくれるマスコミは、まぁ、それなりに役に立つ存在ではありました。ところが時代が代わって、マスコミが笛を吹いても、振り向くのは、インターネットもSNSも知らないおじいちゃん、おばあちゃん、あるいは役人だけ、という時代になったんですよね。で、このキーワード、どうしたもんですかねぇ、みたいな感じがあるわけです。

そろそろ、時代も変わる。そういう感じがあるんだよね。要するに、「人工知能」なんてキーワードは、マスコミの吹いている笛の音だ、ってことが、みんなわかるようになったからね。この先も同じビジネスモデルでいけるのは、どのくらいか、と指折り数えて、次の新しいパラダイムを探しに行かなきゃいけないよなぁ、と、そういう感じが現場ではあるわけです。

現場からは以上です。

 


自分でやってみよう

IoTの世界でも非常に多いのが、自分でやってみればわかるのに、ネット情報を検索して、答えらしきものを持って来る、という人。

以前、韓国の大学で教授をしていたときに、IoTに関しても優しく教えたのだが、そのときに「この問題の答えは検索しても出てきません。自分で考えてやってみましょう」なんてやらせたら、なんと驚くなかれ、そう言っておいたのに、みんなスマホで一生懸命検索している。言ったの聞いてないのかなぁ、と思ったが、韓国に限らず、最近の若い人はどこの国でも似たようなものだ、というのが後でわかってきた。

最近では「放射能汚染が云々」という人もいる。今は手軽な放射線測定器をAmazonなんかでも買えるわけで、まずは空間線量なら、簡易でだけれども、自分で測定できるわけです。ネットに載っている情報は、それがたとえ政府の機関の出したものでも「信用ならない」と言うのであれば、自分で測定すれば良いわけですね。しかし、それをせず、結局はネットの情報で「あれは怖い、これはいけない」とやっている。

そういう人は、自分で直接の一次情報に当たる、ということがいかに大事か、ということはやはりわかっていないんじゃないかと思うのですね。そういう人が騙されやすい。そういう時代なんだが、何でもネットに答えがある、と思うその気持ちに反して、それはニセの答えだったりするんですよね。

結論は「自分でやってみよう」「自分で確かめてみよう」なんだけれども。

 


「資本主義の終わり」の裏話?

NHKの番組でもやったようだが、資本主義が終焉に向かっていることが意識され始めている。この資本主義のゴールというものは、いかなる地球上のものにも限界があり、無限の成長が望めないものである以上、必ずある。限りない拡大、というのはありえないからだ。

そしてそのゴールへの近道を作ったのは、ITである。かつてぼくは、「社会というものが時間と共に変化するものであるとすると、ITとはその変化の速度を速める触媒である」と言ったことがある。その頃はその意味は誰も気がつかなかったし、わかりそうな人にしか話さなかったけれどね。そしてその触媒はその効果を事実として実現してきた。

もともと、ITはパーソナルコンピューターをを始め、学生運動の時代の米国西海岸のカウンターカルチャーの人々が作って来た、という歴史がある。スティーブ・ジョブズ然りだが、ビル・ゲーツは思想的にはジョブズの子供だった。ヒッピー文化などは資本主義の否定に熱心だったのは良く知られているだろう。彼らは、資本主義をいかに終わらせるかを考え、出した答えのひとつがITである、と、ぼくは2000年の少し前に気がついた。訪れた米国西海岸では、バークレーのUNIXの立役者の一人とも会った。全員が全員、カウンターカルチャーの出身であって、多かれ少なかれ当時の学生運動の中で育った人たちだった。何故だろう?とぼくは考えたのだ。

彼らは、資本主義社会が非常に単純な「富の拡大」という動機で動いており、その推進はより動きの速い者が勝つ「競争」の原理で動いていることがわかっていた。この競争の勝者となるための強力な道具は麻薬と同じである。これを彼らに与えれば、資本主義の亡者となった人間社会はこれを大量に受け入れざるを得なくなり、レミングの群れの如く、群れの終焉たる奈落まで、従来以上の猛スピードで突っ走る。そう考えた。

そしてゴールは、その種を産み落とした後、わずか50年も経つか経たないうちに(実際は20年くらいだったと思うが)、目の前にやって来た。シナリオ通りであることはあるが、効果はてきめんで、早すぎたなぁ、と、彼らも感じているだろう。

ぼくは、一浪して入った大学の中でさらに1年留年して社会に出たが、社会に出る時に、アルバイトをしていた教育系の出版社の社長に「入れてください」と頭を下げてお願いした。社長はOKした。しかしそう言ってから一晩寝ずに考えた。ぼくのいた学科は工学部でコンピューターを扱っていた。そして翌朝、ぼくは社長に「すみません。コンピューターに可能性を感じてしまったので、やっぱりここには就職しません」と言った。社長は激怒して「お前は二度とこの敷居をまたぐな!」と追い出された。数年後、ぼくはコンピュータ言語の本を書き、最終的にはそれが100万部売れた。そしてその会社を再び訪問した。社長は歓待してくれた。嬉しかった。

まだインターネットは無かったから、データ通信はこれから、という時代だった。そしてぼくらは、インターネットを日本に持ってきた。データ通信は世界を変える、と思っていたから、それに注力した。会社も作った。

超高速で安価なコンピュータと超高速で安価なデータ通信は、実際に世の中を電光石火で変えていった。それが資本主義社会の推進という名前の崩壊に向かう触媒として実際に機能を始めた。それが軌道に乗ったとき、自分の作った会社も辞めたのは、自分の会社の社会的な役割が終わったと思ったからだ。それは簡単に言えば、資本主義の崩壊への激しく速い歩みを促した初期の役割を終えた、という感じがしたからだ。

当然だが、私の周囲にいる人はほとんどそれが分かっている人はいなかった。ITは資本主義社会を短い時間で劇的に変えていき、そのゴールが見えてくるところまで来た。人間が人間以上のスピードを持つ道具を手に入れ、麻薬みたいにそれに取り憑かれ、虜になり手放すことができなくなった。マイナス金利が発動されたとき、「それ」は誰の目にも明らかになった。

カウンターカルチャーのシナリオはそろそろ終章に入った、とぼくは思う。

 


東京哀歌

毎年、正月休みとか夏休みの時期になると、東京で生まれ育ったぼくは、がらんとした東京の姿を数日にわたって見ることになる。「もうこのまま、東京には誰も帰って来ないのじゃないか?」「そのまま、東京は廃墟になるのじゃないか?」という思いが湧き上がる。それは子供の時から正月と夏休みの毎年二回感じていた恐怖感だが、今でもその恐怖感は消えない。いや、今その思いを強く思い出す。

思えば、東京という街は、田舎者が集まって賑わっているところだ。仕事で稼ぐためにやってくることが多い街だろう。田舎にいるよりは東京のほうがチャンスがあるからくるのだ。結婚のチャンス、起業のチャンス、より良い生活をするチャンス、より高い収入を得るチャンス、集まった人に自分を知ってもらい、有名になるチャンス、世界から集まった美味しいものを食べられるチャンス。etc,etc…

であれば、この先、リモートオフィスが当たり前になり、ホワイトカラーの仕事が地球のどこででもできる時代になれば、当然、東京へ来る理由が減る。さらに原発事故やパンデミックなどのクライシスが襲えば、東京にいる理由は全くなくなることだろう。東京とは、気がつけばそんな弱くゆるゆるな基礎の上に成り立っている、まぼろしの都なのかもしれない。今となっては、だが。

近年になって、子供の頃のそんな思いを強く思い出すのは、既に東京というところが、そこにいる理由を半ば失ってきている、という事実によるのじゃないかと、最近は思っている。

高度経済成長の時には、東京を目指して人が集まり、都会ができた。集団就職。上京。里帰り。このキーワードのどれもこれも、東京という場所が、人が生きるためのあらゆるものが比較的容易に手に入ったことを示しているだろう。出会い、仕事、人が生きるためのハブ。それが東京。

最近は正月明けとか夏休み明けに思うのだ。「あぁ、今年もみんな帰って来てくれた。明日からまた、前の日常に戻る」と。そして思い直すのだ。「次の休みが始まり、明けた時には、みんな東京には戻って来ないのじゃないか?」と。そうなったときの、廃墟・東京の姿を、寂しく頭の中に思い描くことがある。そしてそうなったときの様子は、きっと正月休みの東京になるんじゃないか、と思う。ぼくはその時に覚えるであろう戦慄の気持ちとともに、年末年始のガラガラになった廃墟のような東京の街を、歩いて写真を撮っている。

まるで異国の都市に迷い込んだ写真家みたいに。