「翔んで埼玉」という「バブルの残り火」

この「翔んで埼玉」という映画の「差別」の相手が「岩手県」であったら、それはおそらく、「田舎者」と言えば東北弁で喋る、というテレビなどで使われるリアルすぎる差別表現となってしまうので、コメディが成立しなくなってしまう。日本における「差別」とは、山本七平がかつて喝破したような「空気」「当たり前にそこにある、崩されざる前提」のことである。「埼玉」のような「コメディとして笑って見ていられる」ものは、「自嘲」で許される程度のものでしかない。

この映画はあくまで商売としてのコメディの成立を前提とした「埼玉ネタ」の扱い以上のものではなく「差別の告発映画」ではないのだから、その程度のものだ。興収10億を短期間に稼いだという意味では、個々のビジネスとして成功と言って良い。昨年の「カメ止め」も、ビジネスとして成功したが、こちらも映像製作者自身の「自嘲」がベースになっている。

いま日本という地域の経済は、下降の真っ最中であり、ごく近くの過去にあった、繁栄の時代の残渣を貪り、その最後の残り滓のサーベイに忙しい。「日本すごい・日本万歳」「バブル時代の懐かしさ礼賛」は下り坂の日本という地域に住む日本人の悲鳴にも聞こえる。

バブル時代に「埼玉」への差別のようなものを戯画化した魔夜峰央という作家の目の付けどころは、バブル時代に都心だけでは都市の住宅需要が追いつかなかった東京という地域において「都市郊外」としてのホワイトカラーの供給基地として発展をはじめた「埼玉」という地域の振興と大きな関係がある。

彼の寄って立つところは、パタリロから始まる一貫したギャグの道具としての、小リッチ層(昔の言葉で言えばプチブル)の成立そのものの振興住民に対する「小差別」の利用だが、この「ギャグの道具」としての「小差別」と「自嘲」は、「ブスは通りを歩くな」というたけしのギャグの成立ににも底通しているものがあると思うのは、私の考えすぎだろうか?。

「成金」を嗤い蔑むことによって、たいして歴史もなかった「日本の明治エスタブリッシュメント」を相対的に永久なものとして「空気」の一部とすることに成功した、戦前の歴史の、それは繰り返しである。

明治から昭和にかけての「発展」が終わりかけているこの時期において、これらはみな、崩れゆく日本という地域の経済の中にある庶民の「ええじゃないか」と同じ現象の現代的表現であるようにも、私には見える。

日本社会の経済的成功からの転落の時代の一コマに「埼玉」は相応しい題材に見える。笑って見ているその観客の笑いのツボがどこから来ているのか?という「内省」などというものは、いつの時代の庶民にも、所詮は無かったものではあるのだが。

斜陽産業は元に戻らない

鎌倉市・川喜田映画記念館に行ってきた。ここの川喜田という名前を知らない人も多いだろうが、戦前からある洋画(映画)の配給会社である「東和」の創業者のご夫妻の、鎌倉の邸宅をそのまま使った映画の記念館だ。昭和の時代、映画館で洋画を見ると「配給・東宝東和」と出ていたのを思い出すが、あの「東和」である。要するに、もとは日本の映画産業の一角に大きな地位を占めた「東和」の創業者の邸宅である。それを「映画の記念館」としたものだ。

とは言うものの、最近は「映画」というと映画館で見るものではなくなり、テレビの「なんとかロードショー」で映画を見る時代も遥かに通り過ぎ、NetflixとかAmazonとかでストリーミングの、メジャーではない、その映像会社のためにオリジナルで作った映画を、カウチポテトとかで、タブレットやスマホなんかで寝転んで見る時代である。隔世の感があるが、映像エンターティンメントというのは要するにそうなっていくのだろう、としか言えない。

古い時代をぼくも知っているし、映画館での上映前のワクワク感なんてのは、それはそれで思い出すと楽しいものだが、映画館で見る映画以上のものが、手元のタブレットで見られる時代であると同時に、スペクタクル映画のようなものも、今やコンピュータグラフィックスで作るものであり、さらに、それが作れるコンピュータもかつてはスーパーコンピュータだったものが、今やネットに散らばるクラウド環境でクラスタリングを行えば、別にカネのかかる環境でなくてもいい。映画製作のためのソフトウエアも低価格のものがたくさんある。

「配給・東宝東和」の時代は、既に縄文時代や石器時代の話になりつつあり、映画製作もITで安価に行うから、人を集めて見てもらうのに多大なカネを集中して掛ける必要もなくなってきた。「映画」のありがたみがあった時代というのは、映画製作の時点から大衆化・ローコスト化できなかったし、そういう資本を集められる、世界そのものが「好景気」な時代であった、というのがよくわかる。

テレビのドラマでも無名の役者を集めた学校ものがヒットする時代である。「スター」がいなくても、ドラマというビジネスがかなり低いコストで成立することがわかってしまった。それは映像エンターティンメントの「大衆化」の一部である。

いま、世界は貧乏になったのであり、それに見合った形でデジタル化・インターネット化が進んだのであり、それだけのことであり、まぁ、懐かしい時代を顧みても、同じ時代は再びやってこないのだ。

そして、ぼくはその時代の変わりの最先端で仕事をしてきたと、今でも思うし、今もそうしている。おそらく、ぼくだけではなくて、世界で同じような仕事をしている人は有名無名含めて何万人もいて、そして次の時代を作るのに、精一杯やっているのだ。

映画は大衆芸能としての役割を終えた。そして、その「懐かしい時代」の残渣がこの記念館にある。それは、時代を超えられなかったエンターティンメントの成れの果てであるのと同時に、そういう時代を超えられたもののなんと少ないことか、ということにも思いをはせずにはおれない。

やがて、テレビもその大衆娯楽の役割を終えるときが来るのだろう。そう思って、滅びゆくものの哀れを思いつつ、同館を後にした。朝から降っている雨はやまない。



ICTと人間のConflict

さる高名な日本の航空工学の先生に直接質問したところ「航空関係でもコンピュータと人間の判断が食い違った場合などの研究を専門にしている研究者はいない」とのこと。

コンピュータと人間のConflictは起こり得る事態であり、現代のシステムでは航空工学に限らず、あらゆる場面で多くの人の命に関わる可能性がある、重要なテーマである。

人工知能で様々な分野の人命に関わるICTが否応なく使われようとしている現代、「ICTの判断と人間の判断のコントロール」は「ICT危機管理」を研究する分野での主要なテーマの1つとなる必要がある。この問題意識そのものが世界的に現在無いのは、ICTが「便利な道具」としてしか認識されていないことによる。

新しい時代のICTは自動運転車なども含め、新たなこの分野を追求することを、組織的にかつ広範に行う必要がある。今後は航空だけでなく、医療関係や自動運転など多くの広範な分野で同じような問題が起きる、とぼくは断言しておこう。