オールデジタル時代に「死ぬ」人

「これからいなくなる人」について書こう。

人間とその社会というのは常に「変化」の中で生きている。であれば「変化の中にいる」ということは、まさにそれが「生きている」ということだ。「変化には対応しなくてよい」と決めたときが、「死出の旅時の入り口」」である。それは組織も人も同じだ。その世に生きていたいのであれば、常に自分自身が変化していることが必要だ。

ところで、今という時代は「紙と固定電話の時代」から「インターネットのインフラを使ったコミュニケーションの時代」への変化のときだ。だから、両方が混在している。「震災のときは固定電話がつながりやすい」という話(都市伝説)があったが、そのNTTでさえ、電話交換機はインターネットの技術を使ったものに置き換わり、交換器はコンピュータであり、デジタルである。表向き「アナログ」に見せているだけだ。アナログを好ましいと思う、旧世代の人たちに配慮しただけだ。

それは「見せかけのアナログ」であり、「キッチュ」である。鎧兜での戦闘というファンタジーを見ているのと同じだ。

壁掛けの時計だって、時計の中身はデジタルであって、表向きアナログに見せているだけだ。「アナログが好き」という人のために、であって、その世代の人々が消えれば、より効率の良いデジタルオンリーに変わっていく。アナログの機械式腕時計が人気だが、その設計段階ではCADを使っているはずであるし、量産時の工場では、部品やアセンブリには、手作業は入るものの、当然ITの恩恵に預かっているはずだ。加えて、その職人さんは、自分の生活を成り立たせるために、スマホで家族と連絡を取っているはずだし、一世代前の携帯電話もデジタルであることに変わりはない。その職人さんが乗っているクルマは、走っている道路は、と考えれば、今や全人類でデジタルから逃れられるのは、未開の地で一般人間社会から隔絶された生活を送る少人数の人たちだけ、ということになる。

自分を置き去りにして、先に先に進んでいくように見える「現代の人間の文明」は、自分が世の中から置いて行かれるような恐怖のようで、それはそのまま自分の納得のいかない死に直結するような、そういう気分がするはずだ。

思えば、ぼくがやってきた仕事は、「古いもの」を「新しいもの」にどんどん置き換えていく仕事だったような気がする。そのために、自分が最先端を走り続けていたのだが、半ばそういう意識があり、半ばそういう意識はなかった。折しも、資本主義の終焉の時期、世界は貧しくなり、効率化は避けられない。無駄はなくならざるを得ず、気がつけば人間という一番非効率なものの終焉で、それはあるのかもしれない、という恐怖さえ芽生えてきた。

かつて、インターネットができ、その上でSkypeのような「IP電話」ができたとき、米国の巨大電話会社「AT&T」の幹部は「それはビジネスチャンスだ」と言った。一方で、日本の巨大電話会社の幹部は「それは法律で規制しないといけない」と言った。いまやIP電話全盛であり、国際間の電話などは、日常的に無料か、ほとんど無料に近いIP電話が使われている。

常に前を向くことで、人は明るくなれるし、過去に残る悲しみも喜びも新しいものに変えていける。常に前を向いている人にとって、過去の悔いは未来への糧に変わり、人生の苦しみは未来の自分や次世代の人たちの喜びへの道だ。

7payだけではないかも。。。

このところ話題になっている「ITセキュリティの事件」といえば、セブン&iホールディングスの「7pay」をめぐる「セキュリティ・インシデント(incident – 事件そのものは小さいが影響が大きい事件)」のこと(東洋経済オンラインの記事)が、やはり筆頭に上がるだろう。この「事件」の詳細は、これらの記事に譲るが、ここでは、私なりの解説を試みようと思う。

「中国は現在日本を超えたIT先進国になり、そこでの支払いは、スマートフォンを使ったバーコード決済、という手段が現金に代わっていて、路上生活者へ落とすお金も、バーコード決済を使っているほどだ」というニュースが非常に多く出回り、日本国政府も「IT先進国」と自称し「技術立国」とも自称する以上、この流れに追いつけ、追い越せ、と、とにかくスピード第一で、多くの業者が、バーコード決済に短期で参入した。しかも、早期参入サービス業者以外はゴミと同じで、なかなか市場拡大できないだろう、というよくわからない「神話」も蔓延しており、とにかく参入各社はそのサービスインを急いだ。

そして、これまでで、かなり短期にもかかわらず、日本という地域では「バーコード決済」は多くの参入業者があったわけだが、ついに、というか、なんというか、大々的な「トラブル」が、レガシーメディアのニュースになって流れるほどの事態となった。

実際のところ、このサービスの開発スピードを支えたのは、オープンソースソフトウエア(OSS)であることは明白である。つまり、現在のソフトウエア開発の手法の1つだが、全てのソフトウエアを1行から作るのではなく、ネット上にある開発者向けのリポジトリ(無料で使えるソフトウエア部品の保管庫)から、必要なソフトウエア部品を持ってきて、組み合わせる、という開発手法である。無料で使える代わりに、それを利用したサービスや製品には、使用ライセンスの表示をしなければならなかったり、ソフトウエアの改変をした場合は、開発者に届け出ねばならなかったり、大きなバグが発見された場合に備え、オンラインでの随時のソフトウエアのアップデートを受け入れなければならなかったりする。詳細のライセンス条項は、それぞれのソフトウエア部品の使用の注意書きに書いてある。しかし、このOSSを使わなければ、これだけ短期間でのサービスの開発は不可能なのだ。

一方で「開発時間の劇的短縮」のためにOSSを使うことによって、OSSそのものに、深刻なバグがあって、製品やサービスを停止させたりする場合もあるし、ソフトウエアのバグ修正を受け入れるためのアップデート用のインターネットとの接続口を悪質な犯罪者ハッカーに狙われる、というリスクも当然伴う。しかし、これらのリスクを考慮しても、「開発スピードの劇的短縮」は、開発時間がそのまま人件費となり、お金に直に通じるもので影響力が大きいため、このリスクを受けれる方向に、世界が向かい、そして、そうなっているのが、現代のITなのである。

そのため、サービス開発各社は、OSSを使ったサービスや製品を作る場合(現代はほとんどのソフトウエア開発がそうだが)、これらのリスクを承知の上で、開発時間の短縮を図らざるを得ない。なにせ「競争」がある社会である。「少々の不具合には目をつぶっても、開発時間短縮が至上命題」なのが、資本主義社会の経済原理である。不具合なんかは、後で直せばいい、と考えるのだ。

しかし、今回の「7pay」などのようなサービスは直接利用者のお金を扱う。であれば、より一層の慎重さが必要なのであり、ましてやOSSを使うことが前提であるのだから、特にシステムテストなどは十分にされて然るべきであり、ペネトレーションテスト(実際に外部の業者のハッカーにハッキングしてもらい、システムの安全性をテストする – システム監査各社がサービス提供している)などは、当たり前に行われていなければならない。

今回の「7pay」では、どうなっていたのかは、私は知る立場にないので、詳細は知らない。しかし、現代のスピード感のあるシステム開発手法では、十分ありえる「事故」ではあった、とだけ言うしかないだろう。しかし、お客様のお金を直接扱うシステムであるがゆえに、より一層の慎重なセキュリティ監査への投資が必要であっただろう、ということは、言っておきたい。

そして、今回のインシデントの影響はセブンイレブンのグループのみに影響することではない、ということも考えておく必要がある。つまり「バーコード決済サービスは危ない・信頼性がない。だから使わないほうがよい」という、世間の評価だ。これは、日本のこの種のサービスの拡大への影響は大きいだろう。

しかも、インシデント発覚後の謝罪記者会見で、7payの社長が「二段階認証」を知らなかったらしい、ということがネットでは問題になっている。ネット系のサービス各社が当たり前にやっている「二段階認証」を知らない、という「IT会社の社長」って、「自動車に乗ったことのない自動車会社の社長」くらいまずいのではないか、と個人的には思う。

さて、現金持って食事に行きますかね。