日本に移民は必要か

 

Busan/KOREA

Busan/KOREA

内閣府の発表による日本の未来像は、外国からの移民を毎年20万人ずつ受け入れる、ということが中心となっている。日本の人口1億人を100年後も維持できるとすると、世界第3位の経済規模を維持、国際社会における日本の発言権も一定に保つことができる、ということのようだ。

ネットだけではなく、多くのところで議論が始まった。「日本は移民を受け入れても無駄である」とか、反対論が多い。みな、文化や習慣の違いを言うし、現在の日本の社会の構造を崩したくない、という思いが見て取れる。要するに「現状維持」しか、自分が生きていく方向を考えられない、ということを表現しているにしか過ぎない。あるいは、ほかの文化を受け入れる、なんて面倒なことはしたくない、という、世界的に見れば「怠惰」としか表現しようのない、後ろ向きの気持ちが透けて見える。

第二次大戦前後から戦後と言われる時代と、今が決定的に違うのは、人の流れ、物流、お金の流れ、情報の流れが非常に安いコストと非常に速いスピードで国境を超えることができるようになった、ということだ。この流れは「鎖国」以外の方法では止めることができないとしたら、鎖国では経済が成り立たない日本という地域にとって、この流れに乗って、これからの国の行く末を考える他はない。

世界的な大きさで見れば、よりお金が得られる地域に向かって人や情報、ものは移動していくので、日本が成長をマイナスにしはじめた時点で、それがどん底という経済ではなくとも、人は離れていかざるを得ない。成長しきった日本はこれから低成長とマイナス成長を経験するが、それを逆のベクトルを持つ「プラス成長」に変えていくためには、政府の構造から民間の会社の構造まで、あらゆる構造的な痛みを伴う大きな変化を短期間に行わざるを得ない。

しかしながら、この20年、日本は構造改革などの掛け声があれだけあったのに、結局は「現状維持」が選択され、結果としてなにも変わっていない。政府と日本の地域に住む人たちは「マイナス成長」「東洋の一小国としての日本」に向かって、社会の舵を自ら切っているのだから、そうなるのは当たり前と言うことだ。

移民についても、これまで議論が忌避されてきたところがあるが、それさえしなければならないほどの状況に、日本はなってきているのだ、ということでもある。私たちの目の前から、大型テレビが消えていき、豪華な家具が消えていき、大きなマンションが小さな場末のアパートに変わり、毎週末家族で行くファミレスもグレードを落とし、持っているクルマもなくなり、休日の暇つぶしには遠出はなくなり、近くの公園の散歩で済ませ、多くの人はいつも雇用の不安におびえ、若者は定職に就けずこれから先の賃金上昇もない。

これが今の日本の姿であり、現状、そして未来なのである。英語ができる、外国語ができる人材は日本から出ていかざるを得ないし、日本も「普通の国」にならざるを得ないだろう。

もっと日本以外の世界への目を広げ、今の日本人が置かれている状況を体で受け止め、そこからなにをするかを考える想像力を養うことからしか、日本の次の成長はないだろうし、このままではマイナス成長はこのまま続くだろう。そういう意味で「移民」の大量受け入れは、日本人にショックを与え、今という時間が明日には続かないことを直視させてくれることになるだろう、と、私は期待している。

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください