誰も言わなかった最強の無線LAN構築法

Big Ship

Big Ship

無線LANルーターを選ぶ

●電波は5GHzに限る
職場や自宅の無線LANを構築するとき外部からネットワークへのハッカーの侵入がとても心配だ、というあなた。まず、無線LANの構築は安く出回っている2.4GHz(ギガヘルツ)のものではなく、5GHzのものを使うことをまず推奨します。というのは、2.4GHzの電波はよく飛ぶので、職場や家庭の外にも電波が到達するので、外部からハッカーに狙われやすいからです。また、海外から取り寄せたりする違法な無線LAN用のアンテナもほとんどが2.4GHz用で5GHzのものがあまり無いからです。さらに5GHz帯の電波は家庭の範囲内でしか電波が飛ばないので、そもそも外にいるハッカーが電波を検知することも難しくなります。また、別のメリットとして、5GHzにすると、2.4GHzよりも電波が弱くても通信速度が速くなる場合もあり、非常に快適です。さらに、電子レンジなどの周波数が2.4GHzなので、電子レンジを使っているときは無線LANが切れる、ということもありますが、5GHzだとそういうことがありません。セキュリティだけではなく使い勝手という意味でも「5GHzの無線LAN」は、非常にお勧めです。

※ 最近の最新機種であれば、スマートフォンもPCもほぼ5GHzの無線LANがつながるようになっていますが、ちょっと古いものや低価格を売りにしているものは2.4GHzしか使えない機種があります。その際は、後述してあるセキュリティをしっかりしておくだけでもかなり違います。

※ 現在市販されている一般向け無線LANルータは5GHzのみのものはほとんどなく、2.4GHzのみか、2.4GHzと5GHzの両方の電波が出せるものがほとんどです。従って、無線LANルーターを買うときには、2.4GHzと5GHzの両方が使える機種を買い、2.4GHzの機能を殺して使う、ということが良いでしょう。

●独自のファームウエアを持つメーカーのものにする
また、無線LANルーターを安く開発するために、通常はフリーソフトで世界中に出回っている「OpenWrt」などの無線LANルーター用ファームウエアを改造して使っているメーカーが非常に多いのです。そうなると、そのファームウエアについてはハッカーはよく知っている、ということになります。当然、それ向けのハッキングツールも多く出回っています。ですから、ハッキングもされやすくなります。そこで、ファームウエアを独自で作っているメーカーのルーターを選びましょう。私の場合は、ですが、お客様のところなどで情報漏洩を特に気にするお客様にはNECアクセステクニカのある製品をお勧めしていて、使ってもらっています。

無線LANルーターを設定する

●セキュリティは二重に設定すること
無線LANルーターを設置したら、まず2.4GHzの電波は止めて、5GHzのみにしてしまいましょう。その上で、無線LANのセキュリティ設定として、必ずAES2/PSKなどを設定したうえ、「Macアドレス制限」もかけておきましょう。

ただし、技術の進歩は日進月歩です。また、それに伴ってハッカーの手口も日進月歩しているのは言うまでもありません。ですから、ここに書かれていることは今日現在、最低やっておくべきこと、ということであって、将来もこれで大丈夫かどうかは、保証の限りではありません。そこで、無線LAN関係のセキュリティに関する情報は常にWebなどで調べておくと良いでしょう。「常に」とは言うものの、1か月に一回くらいの情報収集で大丈夫ですが。

 

One thought on “誰も言わなかった最強の無線LAN構築法

  1. Pingback: 5GHzが使える安価な無線ルータ – 秋葉原散歩