Intel Edisonに電源を入れるとわかること

Edison

Edison

Intel Edisonに電源を入れてみた。やっと使える環境を手に入れたからだ。

最初になにをするか、ということはここに日本語での情報があるので、これを参考にした。

とにかく、動いているのはLinux、CPUはIntelのx86系、というのが売り物だが、もうWindowsの世界ではない、ということはよく覚えておいたほうがいい。既に、IoTでもBigDataでもWindowsを使うところはないに等しい。私にとっては、願ってもない自分の得意分野だし、ハードウエアも自分の得意分野だから、動かしてその先を考えるのもなんということはないが、これまでWindowsがPCだと思って生きてきた技術者には新しいことばかりで戸惑うことだろう。現在、AndroidもLinuxカーネルベースだし、IoTではARMをCPUとした多くのハードウエアもLinuxが中心だ。さらに、主要な開発言語はC言語になるだろう。なんだか自分のほうに時代が寄ってきた感じがある。

また、Windowsといえば最近はWindows8.1などのWindows Updateによってシステムがブート時にフリーズして動かなくなる、というトラブルが頻発しており、Microsoftへの信頼は大きく崩れた。結局、MicrosoftはWindowsXPの時代が最盛期だったな、という感じが非常にする。何事も基本がしっかりしているかどうかで、すべてが決まってくる。

そういう意味でIoTの主要OSがLinux、そしてツール類はLinux上で動くOSSのコマンドなどになるのは、時間の問題だったのだが、多くの人にはそれは見えていなかっただろうと思う。今やMicrosoftもOSSに擦り寄る時代になってきた。このEdisonが教えてくれるのは、つまりそういうことだった。

Edisonをしばらく触ってわかってきたこと。Windowsの時代はもう終わった、ということだ。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください