新品スマートフォンが1万円という時代

P1100248

一昨年からスマートフォンをauからMVNOのSIMフリーのスマートフォンにしているが、中古のものを使ったり、けっこう機種選びには苦労していた。そのため、現在手元にあるいつでも稼働できるSIMフリーのスマートフォンは現在4台。そのうち、2台をとっかえひっかえSIMを入れなおして使っている。

いま、メインで使っているスマートフォンはfreetelというところの「priori2 LTE」だ。名前の通り、LTEが使え、もちろん3Gも使える。価格は本体買い切りで2万円を切るくらい。以前の機種の「priori2」は、LTEはできなくて3Gのみだが、価格は1万円前後。セールのときは1万円を切るときもある。もちろん、どちらも新品の税込みの価格であって、どちらも秋葉原のヨドバシカメラで購入した。家電量販店価格のもの、ということになる。

ディスプレイの解像度はいまどきFullHDではない。しかし、電池が小さくてもなかなか持つので、電池込みの重さも軽い。大きな画面のものはぼくは好まないので、小さくて軽いほうがいい。PCを一緒に持って出ればテザリングもできる。カメラも背面のカメラで500万画素だが、ぼくはカメラを別に持って歩くので、スマホではこれで充分だ。ワンセグもおサイフも無いのはiPhoneと一緒だが、自分の場合は、もともとあっても使わない機能だから、これで充分。本体価格が安いので、落としたり壊したりしても、あまりがっかり感がない、というのもいいところだろう、とは個人的に思う。

聞くところによれば、いまやインドでは日本円換算で5千円くらいのAndroidスマホもあるという。また、米国でも欧州でも、1万円前後の安いスマホが当たり前になりつつあるとのこと。スマホは道具であって、ステータスでも贅沢品でもなんでもない、という時代に入ったのだ。

水は高いところか低いところに流れる。同じことが出来る道具であれば、高いものではなく、より安いものが売れる。当たり前のことといえば、当たり前だ。スマートフォンを使う側から言えば、これが当たり前の時代になったのだ。

 

One thought on “新品スマートフォンが1万円という時代

  1. Pingback: 市場最低のモバイルを目指せ! | OFF THE HACK !(おっさんIoT屋の言いたい放題)