SIMフリーで毎日スマートフォンを取り替えると、SIMフリーであることがファッションになるから、新しい生活も見えてくる、かもしれない。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMAGES OF CHANGWON CITY

最近は「格安スマートフォン」「格安SIM」など「SIMフリー」は、「安い」に焦点が当てられて語られることが多いのだが、実はファッションとしてのスマートフォンを「着替える」のではなく、毎日毎時間でも「取り替える」ということができるようになるから、スマートフォンの楽しみを増やす、ってこともとても大きいと思うのですよ。

ぼくは2013年からSIMフリーのスマートフォンにしている。理由は日本と外国を行ったり来たりする仕事が多かったので、日本では日本のSIMを使い、外国ではその国のSIMを使う、という使い方が普通だったからなんだよね。でも、昨年3月に東京にずっといるようになってからは、ずっと日本のSIMを使い続けることになるわけだ。しかし、今や秋葉原にはファストファッションみたいに、安価な様々なSIMフリーのスマートフォンが並ぶようになって、ぼくもいま使っているスマートフォンは5台、タブレットは2台ある。これを毎日、いや、毎時間でも、とっかえひっかえ、そのシチュエーションに応じてSIMカードを入れ替えて交換しまくっている。

「あれ、三田さん、それ、昨日のスマートフォンと違うじゃないですか。新しいのにしたんだ。いいなぁ」って言われることもあるんだけど、実は幾つものスマートフォンをもっていて、SIMカードを入れ替えて使っているだけなんだな。いまや、電話帳とかの共通データはクラウドに入れておくのが当たり前になったし、SIMカードを他のスマートフォンに入れ替えるだけで、その日の用途や気分で「変身」できちゃうわけですね。これ、まだ、このBLOGを書いてる現時点では、ネット上でも言ってる人は少ないんだけれども、持ち物の外見を気にする若い女性にも、とても受けるSIMフリーの機能なんだと思うのですね。

ぼくの場合は、普段の普通の仕事では、基本は5インチ画面の黒いスマートフォンにしているんだよ。台湾なんかの中華圏からのお客様が来ると、金色の5インチ画面のスマートフォンにする。中華圏の人たちはその人の持ち物で人を判断する、というところがあるから、できるだけ目立ったキンキラキンのスマートフォンをもっていると、受けがいいんだね。で、休日には画面の小さな、従って大きさが小さくて重さも軽いスマートフォンをポケットにぽんと入れて持って遊びに出る。仕事でプレゼンが多い、ってときには、SIMをタブレットに入れ替えて、タブレットを持ち出す。それでも機能不足でPCを持ちださなければいけないときは、PCと一緒にモバイルルータにSIMを入れ替えて持っていくか、スマートフォンのテザリングを使う。

冒頭にも書いたように「SIMフリー」というと「格安」にばかり目が行くけれども、実際にはこういった「ファッション」というか、「見栄え」「用途」でも、いろいろ使い分けができる、ってところも、実は大きなスマートフォンの使い方のトレンドになるんじゃないか、と、ぼくは見てるのですね。今は「安い」ばかりに目が行ってるけれどもね。


One thought on “SIMフリーで毎日スマートフォンを取り替えると、SIMフリーであることがファッションになるから、新しい生活も見えてくる、かもしれない。

  1. Pingback: 市場最低のモバイルを目指せ! | OFF THE HACK !(おっさんIoT屋の言いたい放題)