IoTってけっこう幅広くてかつ深い知識が必要になるからチームワークが必要になるんだけど、最強なのはやっぱり一人ですべてができる技術者がいること。

P1180715

最近はどこを見ても「IT」と言うと「IoT(Internet of Things)」のことばかりが出てくる。「M2M(Machine to Machine)」というのもあるようだが、どちらかというと「IoT」のほうがよく聞こえて来る感じだ。いろいろ理想論があれこれと語られるが、実際その「モノ」を作る段階では当然、技術者が必要になる。しかし、IoTに一人で対応できる技術者は非常に少ない。なにせ「アナログ電気回路設計」「デジタル電気回路設計」「コンピュータハードウエア」「コンピュータソフトウエア開発」「オペレーティグシステム」「ネットワーク設計」などなど、幅広くかつ深い知識が要求される「総合的な」ものが「IoT」なのだから、一人でできる、という人がいたとしても、一日は24時間しかなく、こればかりはいかんともし難い。

当然のことながら、それぞれの分野の「専門技術者」を集めてチームを組むことになるわけだが、これらのチームをまとめていけるのは、これらの技術のすべてに精通している技術者だけで、その人材が非常に少ない。わかったようなことを言う人材ばかり多いが、実際にものを作れる技術者は非常に少ないうえ、さらに量産ということになるとさらにその技術を知る技術者は少ない。

私も経験があるのだが、こういうチームを作っても、その各部分を作る構成員の技術者が自分の隣接分野の技術も包括して持っていないと、いろいろ不都合が起きる。その不都合を一つ一つ除去して先に進むためには、やはり各技術者に自分の分野以外の分野の勉強が必須で、その勉強をする意志がある技術者は実はかなり少ない。こういう均質では無い質の技術者集団をまとめていくのは、実はノウハウがあるのだが、そういうノウハウも時代とともに変わっていく。管理者も勉強を怠ることはできないし、その管理者の勉強は自分で開拓して行くほかはなく、どこかの教科書に書いてあることを読めばそれでできる、というものでもない。「勉強」の中身がまるで違うのだ。

何事にも、そういう教科書に載っていないことを勉強する「実学」は必要だが、特に技術系の分野では、どうやってそれを会得していくか、などは、個々人のカンとか力量がものを言う。そのカンと力量がある技術者がまた少なく。。。。という状況に陥っていく。これをちゃんとまとめられるのは実は運もあるし、訓練も必要だ。しかし、今はそういうことを勉強する場も簡単にあるわけでもない。

世の中の目指すものを実現する力を持っている技術者もそうやってたくさん必要なのだが、同時に、もっと必要なのは「なにを作ったらいいのか」ということを考える企画の力を持っている人も今は非常に少ないのが現状だ。なにもかも、ない。それが現状でもある。その現状を自覚したうえ、先に進むこと。それは密林を一人で進むよりも困難、と言ってもいい。それがIoTの開発を行う現場の実態だ。

簡単に「IoT」と言われるし、それは今のテクノロジーでは簡単だ、と言う人もいる。しかし、その技術を持つのは結局のところ一人の人間であるところの技術者であり、その「人材」が非常に少ないのだ。現場というのは、そういうものだ。

 


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください