Windows10へのアップグレード勧誘は「IT業界のストーカー」と言う人もいる。

P1020842

しかし、Windows7/8/8.1利用者に対するMicrosft社の「Windows10へのアップグレード要求」はとどまるところを知らない。なんの理由があるのかはつまびらかではないが、とにかく病的に執拗だ。おそらく、同社の財務的なものとか、あるいは全く違うほうからの「なにか」があるのではないか?と疑ってしまうが、その納得がいく理由が明らかにされていない、ということが一番の問題だろう。Windows10へのアップグレード・ストーキングは、いったいなんのためにやっているのか?その理由が十分に明らかにされていないのに、アップグレードはできない。逆に言えばどうしてもアップグレードが必要である、という理由が誰の目にも明らかで、それが万人の納得がいくものであれば、みんなはこぞってWindows10へのアップグレードを受け入れるだろう、ということでもある。

実際、私の周囲に聞いてみると、Windows10へのアップグレードがされたとたん、自分のファイルがなくなるとか、今まで動いていたソフトが動かなくなるとか、日本語入力が使えなくなるとか、さまざまな問題が起きている、という報告が上がってきている。既にPCは一時でも止まれば、あるいは不完全な状態になったら、会社などに大きな損失をもたらす、という時代になった。遊びでOSのアップグレードが楽しかった、というマニアの時代ではなくなっている。

Microsoft社がすべてのWindowsユーザーにWindows10へのアップグレードをしてもらうただ一つの方法は、アップグレードをなんとかしたい理由を、隠さず、万人の納得するかたちで、世に示すことしかない。