米国大統領選挙の「争点・対立軸」は「持つものと持たざるもの」に強引に変えられたのだ。

今回の「ヒラリー民主党」対「トランプ共和党」の米国大統領選挙では、明らかにトランプ陣営の強さが目立っていた、と、私は選挙中から思っていた。今回の選挙でのトランプの陣営のすごいところは、この「対立軸」がどこかに従来からあるものの延長ではなく、米国社会の古い地層からそれを掘り起こし、自らの言葉で「変えた」ところなんだろうな、と、ぼくは思っている。

スタインベックの「怒りの葡萄」に描かれている米国の社会そのものが持っている禍々しいものを、トランプはこっそり裏庭で掘り起こし、それを「対立軸」に仕立て、通りに面した庭に飾った。従来の東西、南北という対立軸を消し去り、新たな対立軸を強引に自分の土俵に持ってきた。クリントン陣営はいわば「学校の優等生」だから、従来からある「土俵」しか知らず、その中で戦おうとして、結局はトランプ陣営に翻弄されて終わった。

ヒラリー陣営=米国のエスタブリッシュメントの反撃が始まっているが、米国社会の内部で持っていた「有色人種対白人」「民主主義対共産主義」「知性対反知性」という従来からの対立軸をトランプは土俵にすることを拒否し、「持つものと持たざるもの」という、新たな対立軸を土俵として作ったんだな。そして、この対立軸が米国の新たな病を作っていることを十分承知のうえ、また、自分も「持たざるものではない」ということも十分承知のうえ、対立軸を創造し、キャンペーンの土俵の上に載せた。明らかに米国社会に住む人たちの心の底にわだかまっているものを強引に引っ張り出した。この新たな鉱脈の発見は、おそらく、トランプがヒラリー陣営の妨害によって大統領になれなかったとしても、これから、米国社会そのものを大きく変えていく基本的な対立軸になる可能性がある。

本当に米国社会が恐れるべきは、トランプその人ではない。トランプを大統領として当選させた米国民そのものである。したがって、もしもなんらかの事件や問題が表面化して、トランプが次期米国大統領とならなかったとしても、このトランプが示した対立軸は大きな「しこり」として、米国社会に大きな変化をもたらすだろう。それが悪い変化なのか、それとも良い変化なのかは誰にもわからないんだけれども。

 


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください