「キュレーション」は終わった

例のDeNAの騒ぎの炎上はまだまだ続いている。ネット上では主にネットメディア評論をしているような人たちには、「もうキュレーションは終わりだ」というように聞こえる声もチラホラ。要するに「キュレーション」という「なにごとかをしてやっているんだ」みたいな、上から目線も見えちゃうようなそういう姿勢そのものが、批判の対象になっているんだろうな、と、私は感じる。「批判」というよりも「おまえは何様のつもりか」という怒りにも聞こえる。批判であろうがなんであろうが、それが感情的な「怒り」を呼ぶものであれば、その対象はこの世から消えていくしかないだろう。そういう意味ではDeNAという会社はその最初の象徴に過ぎない。その証拠に、あちこちの「キュレーションメディア」と呼ばれるネット上のサイトもあちこちが見えなくなっていたり、記事がなくなっていたりする。要するに「旬」を過ぎたのだ。

キュレーションというのは「Curator(図書館長)」という言葉から、「キュレーション」と言う言葉になり、「ネットにある雑多な情報をまとめる」みたいな意味にされてきたものだが、日本語では「まとめサイト」なんて書かれることも多かった。しかし、いかにもまとめているようで、実はネットに転がっている情報の羅列とか(いや、羅列なら羅列と言ってくれればそれはそれで役に立つこともないではないが)、あるいは不正確な情報の寄せ集めだったり、その、なんというか、いい加減な記事が多いのは、なんだかなー、困ったもんだなー、という感じだった。

日本のネットにおける「キュレーション」の最盛期はおそらく「STAP細胞騒ぎ」のあたりだったんじゃないかと私は思っている。今から見れば、なんと専門家でもなんでもない人がああいう専門的なことをあーでもない、こーでもない、と「解説」していて、今見れば「馬鹿馬鹿しい陰謀論」もいっぱいあって、ぼくは辟易していたんだな。なにせ「STAP細胞はあるんですか?ないんですか?」「小保方さんは嘘つきなんですか?本当のことを言ってるんですか?」みたいな、単純な二元論ですべてを判断しようとする、その科学的でもなんでもない物事に対する姿勢で、なんでも一刀両断にして「すげーだろ」ってやってた本物のバカの多かったことが、とにかく日本の大衆のレベルを100mくらい下げたような、そんな感じがするんだよね。ちなみに、グランドキャニオンの標高差って800mくらいあるらしいんだけどね。

それはともかく、科学ですからね。今日正しいと思われていたことが、数十年先に「やっぱ間違いだったわ」なんて否定されるのは、当たり前にあるわけで、ましてや小保方さん一人でそれを研究していたわけでもないわけで、専門でもなんでもない人が、ブログなんかであーでもない、こーでもない、で辻褄が合わなくなる=理解できなくなると、わかりやすく見えるようにするために「陰謀論」やるわけでね。ちったぁ、研究、ってものをやってみなよ、って、ぼくみたいな研究者の端くれは言いたいわけなんだが、そういうことをまともにやろう、っていう「キュレーター」はどこにもいなかったしね。

要するにネット上のいい加減な情報をいい加減な知性(それを知性と言うのであれば、だが)でまとめて「売り物」にして稼ぐ、という、「6尺の大イタチ」みたいな商売が「キュレーション」だったわけでさ、そりゃ、遠からず終わるわなぁ、という感じだ。

もう一度言おう。DeNAという企業が終わったんじゃない。キューレーションが終わったんですね。

 


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください