韓国に持ち出された仏像のお話とか

日本ではいろいろと議論があるし、韓国内でもいろいろな議論があるようだが、要するに今回の韓国の裁判所の判決では、「対馬から窃盗団によって韓国に持ち出された仏像はもともと倭寇が韓国から盗んできたものだから韓国の寺に返すのが適当」という判決だったわけで、韓国内でも、韓国政府は「昔の話はともかく、悪い韓国人が盗みを働いたのだから日本の寺に返すべき」という主張をしているのだが、韓国民も韓国政府と同じ主張の人もいればそうではない主張の人もいる、ってことなんだな。少なくともこの記事を読む限りにおいては、韓国の政府としては、「慰安婦像の釜山の日本領事館前への設置」も、今回の「対馬から盗まれた仏像」にしても、日本の政府と主張は同じである、ということだね。

韓国の政府の役人としては、「外交」を考えれば、日本だけでなく、他国とのトラブルは望まない、という姿勢なんだな。当たり前といえば当たり前。ただし、日本とは状況が違うのは、日本は「政府の言うことは基本的に国民の同意があるから、国の政府の言うことには日本国民はみな従う」という常識があるんだが、韓国をはじめとした諸外国では、それは常識ではないんだね。

たとえば、ぼくが韓国の大学教授をしていたときに経験したことなんだが、ある日、ぼくは職場の大学に行ったら、なぜか事務室もみんな鍵が閉まっていて、入れない。学校もなんとなく静かだ。おかしいな、と思って韓国の友人に電話したら、「今日は今年から公休日になっています」とのこと。しょうがないなぁ、と思って宿舎に帰ってテレビを見ていたら夕方のニュースで「今日は初めての公休日だったが、休んだ企業と休まない企業があって、国中が混乱していた」というニュースをしている。韓国民は韓国の政府の言うことなんか聞いちゃいないのだ。「それは政府が勝手に決めたことだから」という感じなんだな。日本であれば、政府が公休日を決めたら、共産党だって休みにする。しかし、韓国をはじめとした諸外国のほとんどは、政府なんてものはもともと信用されていないんですね。それが民主主義ってもんだよ、といえばそうなのかもしれないが。いやもう、あのニュースを見てその意味がわかったら、椅子から落ちそうになったよ。それくらい「常識」が違うのだ。

で、話を今回の仏像の話に戻すと、要するに韓国の政府は「あれは日本から悪いやつが盗んだものだから日本のお寺に返すのが筋じゃないの?」ってことだ。しかし、韓国の政府を全く信用していない韓国民のある部分は「あれは倭寇が朝鮮半島から盗んでいったものだから、韓国のものだから返す必要はない」という主張をしている。そして韓国の裁判所は韓国の政府の主張とは別に「仏像は日本のお寺に返す必要はない」と言う判決を出したんだな。

ここまでの経過でわかるだろうが、韓国という国と国民は「政府と国民の考えていることは違う」ということ。そしてその国民の中も意見が割れている、ということ。「韓国」という地域を代表する政府がすべての韓国民に信頼されて韓国の人たちが同じ主張をしているわけではない、ということだね。ここが日本とはまるで違う。

2年ほど前に、産経新聞の某部長さんと一緒に飲む機会があったので、そのことをお話したのだが、このことが全然理解できていないらしく、ポカーンとしていたのを思い出す。実際、産経新聞だって、韓国政府とあれこれやりあっているように見せてはいるが、朴槿恵大統領が娘時代によく東京が好きでお忍びで遊びにきていたのをエスコートしていた人たちの中に、産経の方もいらした、ってのは聞いたよ。

ちょっと考えて見ればわかるが、イギリスの大英博物館にはエジプトから略奪してきた物品が堂々と「エジプト・フロア」に飾られている。でもそれをエジプトに返すと言う話は、あまり聞かない。数百年前の話とかはもうどうでもいいんだね。だいたい、英国は世界をまたにかけた海賊みたいなもんだった時代があったわけですよ。「大航海時代」なんていうけど、そのかっこいい言い方は「略奪するほうから見た言い方」だしね。略奪されたほうは「泥棒」って言うわけだよ。口の悪い人は大英博物館のことを「泥棒博物館」って、昔から言ってたんだから。

今回話が出てきた「倭寇」ってのも、韓国側から見れば日本から来た海賊のことでね。仏像どころじゃない略奪をいっぱいしていて、それにほとほと困った当時の朝鮮の王朝は、ルールを作って日本とのまともな貿易を始めたんだね。それに使われた「正式な港」が釜山だったわけだ。その時代は日本だって今の日本政府じゃないし、韓国だって今の韓国の政府とは違う政府なんだな。だから、何百年も遡った話をするんだったら、北朝鮮にだって「その仏像はおれのだ」って言われてもしょうがないわけですよ。そこまで話を複雑にしたら、それこそ整理もつかないし、お互いに困った話になるわけで、現在の韓国の政府だって、そういうゴタゴタは避けたいと思うのは当たり前だよね。

実際、日本と韓国は数百年前に遡れば、今の東京と関西圏くらいに近い仲だったわけで、しょっちゅう船で行き来していて、そこには悪いやつもいっぱいいた、ってことだよね。

ということで、日本の政府の主張も韓国の政府の主張も全く同じ。でも、韓国の政府は日本の政府ほど国民に信頼されていない。だから、韓国の政府にとって見れば、日本政府からの「抗議」は、「言われていることは正しいけど、ぼくらじゃ収めるのは無理」って感じなんだな。政府ってものの重さがもともと違うのね。

ところで、日本の政府の役人は終身雇用だけど、韓国の役人はほとんどが契約社員で、1年とか2年の契約の雇われなんだな。だから、成績が悪いと、来年は同じ場所に同じ役人はいない、ってことになる。政策の継続性なんてほとんど日本ほど保証されていない、と思ったほうがいい。実は政府の役人が終身雇用である日本みたいなところは世界では少数派なんだよ。日本政府も今や1/3くらいの人は非正規になってきているらしいけどね。そういうこともあって、韓国の政府は日本の政府が考えているほど「重い存在」でもないんだな。

文化とか社会制度の違い、ってのは大きいよ。特に外国となにかするときはそれを考えに入れておいたほうがいいよ。日本自身がもう「アジアで一番」じゃなくなったからね。

 



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください