韓国の中華料理・日本料理・ラーメン・とんかつ

韓国の大学教授として釜山の近くにいたとき「韓国の中華料理」を何度か食べた。日本のように「その土地のアジに変わった中華料理」が多いのは、日本と事情が全く同じだ。

けっこう韓国の人に人気があるのは、「ジャージャー麺」。ほとんど日本と同じだが、その黒いひき肉の入ったソースが独特な感じだ。けっこう韓国の人には人気があって、韓国では中華料理屋というと、必ずあるメニューだ。

チャーハンは、ほとんどキムチチャーハンが普通。上に目玉焼きが載っている、なんてのもある。

酢豚は、豚肉の唐揚げの上に、トロッとした透明なソースがかかるのだが、このソースが「甘い」。日本人が食べると「甘すぎる」。甘い酢豚を食べたのははじめてだった。

中華料理屋に行くとなぜか「ちゃんぽん」がある。しかも、コチュジャン入りの赤いスープのちゃんぽんである。「ちゃんぽんは中華料理じゃなくて日本の料理なんだが。。。」と言って、その由来を話すと、みんな「知らなかったー」と、驚く。

ラーメンは中華というよりも、日本の食べ物として韓国でも認知されているようだ。学生に「ラーメン食べに行きましょう!」といって、連れられていったラーメン屋には、大きな日本地図があって、「札幌の味噌ラーメン」「九州の豚骨ラーメン」みたいに、各地のラーメンがそのお店だけで選んで食べられる、という趣向になっている。たしかに、こういうのは日本では見ない。しかし、出てきたラーメンを見ると、なんだか、麺も具も少なく、スープの中になにやらゴニョゴニョある、という感じなのが出てくる。日本のラーメンとはかなり違う。これは、韓国ではラーメンは「スープ」が主体であって、その中の「麺」「具」が主体ではない、という理由による。

日本料理で驚いたのは釜山の繁華街にあった「我孫子カレー」である。なにが我孫子なんだか、私にはわからないが、とにかく日本から来たらしい、という匂いを強烈に感じさせる。しかし、我孫子ですよ。どうして我孫子?なんだが、とにかくカツカレーっぽく、とんかつが載っていたり、やたら豪華で様々な具が載っていて、賑やか。これを眺めつつ、食べるのを楽しむのだ。しかし、なぜ我孫子?疑問は尽きない。なお、味は日本人が食べても普通に美味しいが、量があるので、気をつけて食べたほうがいい。地元の人は、休みの日などに、恋人とか夫婦でやってきて、こういうお店で1時間以上粘って、ゆっくり食べてお腹を一杯にするのだ。しかし、それにしても「我孫子」である。よくわからん。あまり考え過ぎないほうがいいかもしれない。しかし、それにしても我孫子である。←(まだこだわってる)

韓国で食べる日本の「とんかつ」は普通に「とんかつ」だが、衣が多く、肉がけっこう薄いのが多い。が、ちゃんとしたとんかつ屋もあって、そういうところに行くと、日本と同じ肉厚のとんかつが食べられる。そういうところのとんかつは、全く日本で食べるとんかつそのものだ。

ところで、最近の韓国の若い人は、韓国伝統のコチュジャンを使った料理とかキムチをあまり食べない。若い人にはあまり韓国の伝統食は人気がない。にんにくの臭いが嫌い、という人もたくさんいて、大学の昼休みが終わった後のトイレでは、学生がコチュジャンの赤い色やにんにくの臭いを取ろうと、必死になって歯磨きを、これでもか、としていて、行列になってトイレが満員になっている。

韓国だからキムチ、というのは、既に韓国の若い人には通用しない常識になった。若い人には嫌がられるのだ。

写真は「東洋一」と言われる規模の「東釜山ロッテモール(ショッピングモール)」だが、この片隅に「釜山の地元の食事を出すフードコート」がある。つまり、それくらい、韓国の人の食生活は変わってきていて、韓国の伝統食は、わざわざそれが食べられる場所を作っておかないと、なくなってしまうほどになったのだ。

しかし、コンビニなどで買う食べ物や飲み物は甘いものが多いので、要注意だ。まず、トマトジュースには必ず砂糖が入っていて甘い。スナック菓子も甘いものが多いので、注意して買う必要がある。韓国の、特に若い世代は、甘いものが大好きなのである。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください