USB-Cのトラブル

新宿西口公園

最近はUSBの充電と言っても、USB-Cでの充電ができる機種も、様々出てきたようだ。USB-Cの特徴はAppleのLightningなどとおなじで、裏表の区別なくジャックを挿すことができる、というのが最大の特徴だが、一方で、未だに規格が複雑なため、USB-Bの時代のもののように、「買ってきてつなげば動く」という簡単さが失われ、あちこちに規格には適合しているものの、例外的なものもあって、「充電できない」「機器が熱くなる」などのトラブルはいまだに多い。

USB-Cを使った機器は、その機器に付属している充電器やケーブルなどの純正品を使うのが基本だ。

一方、Apple独自のLightningの場合は、Apple社の製品やApple社が認証した製品しか使えないばかりでなく、認証品以外のケーブルなどは、OSのアップデートなどで使えなくなることもある。これも「機器に付属している純正品」のみが安心して使える、ということになる。

ということで、この記事執筆時点で、市販品でも安心して使える「スマートフォン・タブレットの充電器」は、従来からのUSB-Bタイプとならざるを得ない。

主にApple製ではないタブレットやスマートフォン向けのUSB-Bタイプの充電器やケーブルであれば、ここまででいろいろ書いてきた記事の細かい現状はあるものの、市販品でも基本的には安心して使える。

まぁ、そういうのもあって、ぼくはAndroidのスマホやタブレットを主に使っているのだが。

 


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください