火を吹くモバイルバッテリー(1)

あのニューヨーク貿易センタービルの「September 11」に合わせたわけではないと思うが、2017年9月11日、東京の神田駅で、白煙が上がった。「2年前に一番安いモバイルバッテリーを買ったが、それが爆発した」ということだ。これまでも、iPhoneやAndroidのスマートフォンが爆発して死者が出た例もあるし、PCの電池でも同様の事故が世界のあちこちで起きている。

特に最近気になるのは、外部にケーブルなどでスマートフォンに接続して充電する「モバイルバッテリー」だ。モバイルバッテリーは、中に充電式の大きな容量の充電式電池を持っていて、これに、夜寝ているときなどに充電する。そして、朝起きたら、出勤時などにスマートフォンとともに持って歩き、スマートフォンの電池が空になったときに、このモバイルバッテリーからスマートフォンに充電する、という仕組みだ。大小様々、有名無名様々な製品が非常に多く家電量販店などで並んでいるが、ときどきではあるものの、前記のような「爆発事故」を起こすことがある。最近はこの充電式電池をいわゆる「電子タバコ」でも使っていて、その電子タバコが爆発した例もあるという。

【モバイルバッテリーは1年で買い換えること】
では、こういったモバイルバッテリーを使うとき、なにを気をつけたら「爆発事故」に会わないようにできるのだろうか?これまでの充電式電池の爆発事故の多くは「2年前に買った古い電池」などの電池が事故を起こす例が非常に多い。ということはモバイルバッテリーの事故を起こさないためには、まず第一に「1年たったら、新しいものに買い換える」ことだ。現代の充電式電池は、毎日充電と放電を繰り返していると、だいたい1年で劣化が始まり、2年くらいで寿命を迎える。それでも使うと事故を起こしやすい、ということだ。これは、電池の劣化を考えていない充電器の充電回路に問題がある場合が多く、当然ながら、古いモバイルバッテリーほど、回路も古く、危ないものが多い、と考えるのが普通だ。そういう意味でもより新しいモバイルバッテリーにするのは意味がある。

【充電しっぱなしは問題ない。が、】
よく、「過充電は良くないから、モバイルバッテリーは充電が終わったらすぐにケーブルを抜こう」などのことが書いてある記事があるが、これはほとんどの場合ウソだ。モバイルバッテリーの中には、非常に賢い充電回路があるので、過充電になりそうだったり、電池の温度が上がると、充電や放電を中断する回路などがついている。つまり、充電しっぱなしは、ほとんどの場合、問題がない。しかし、「古いモバイルバッテリー」では「古い電気回路」を使っているものがあり、現時点で2年以上前のものは、電池が劣化する状況をわかっていないものもある可能性がある。そうなると、充電することで、電池が爆発するものがあるので注意が必要だ。いずれにしても、ここでも「2年以上前の古い電池は使わない」ことだ。

便利に使っている人も多いだろう「モバイルバッテリー」だが、それを安全に使うコツは簡単である。「1年で買い換える」「中古は買わない。必ず新品を買う」。これに尽きる。これは、モバイルバッテリーだけの問題ではなく、スマートフォンの電池、タブレットの電池、PCの電池などの全ての充電式電池で言えることだ。