EMP攻撃を受けるとどうなるか?

テレビで「防衛の専門家」なる人が「EMP攻撃を受けるとどうなりますか?」というアナウンサーの質問に答えて、「スマートフォンが壊れます」「電話もできなくなる」など、まるでSFのように、なにもかもが火を吹いて爆発する、みたいな感じのことを言うのだが、笑止千万だねぇ。ここまで何も知らない人を「専門家」ですからね。電波で放送しているテレビ局もそこまで電波がわかる人材がいないのかねぇ、としか思えないんだけれども。いや、そういうのってSFチックで面白いじゃん。どんどんやって、なんて思う人も多いだろう。しかし現実は過酷である。そういう夢想の通りにはならないのだ。

実際のところ、EMP攻撃のような強烈な電磁波(電波ってのは「電磁波」を短く略したものだから、同じですよ)を受けた電子機器で対策が一切施されていないものは、攻撃を受けたそのときに一時的に停止する。しかし、火を吹いて壊れて、永久に使えなくなる、というものはおそらく、そんなに多くない。EMP攻撃のときは止まるが、終われば、元に戻るものも多いだろう。元に戻らないものもあるだろうが、それは「一時的な障害で止まった影響」という二次的、三次的な影響によるものであろうと想像できる。専門家であればそういうんだな。よくあるのは、「停電」である。最近の電力の制御などもコンピュータで行われているから、停電なんてのはありえるわけだ。しかし、EMP攻撃が終われば、停電も回復する。その程度のフェイルセーフの技術は当然製品を作る各社は考えている。スマートフォンの電池が突然切れることってあるし、普通に使っていても、突然リブートすることもある。それはハードウエアが悪いのか?それともソフトウエアが悪いのか?わからないが、そういうことは少なくとも普通に使っていてあることだ。その「突発的に起きるトラブル」に、スマートフォンが対処していない、サーバーが対処していない、ということはありえないだろう。サーバーだって、普通のデスクトップPCだって、ハードディスクはある日突然壊れることもあるわけだし、そういうことに対処できていない、ということはありえない。

最近は防衛関係のみならず、巨大金融機関などのデータセンターでも、コンピュータは処理速度の向上のためにハードディスクからSSDへの交換が進んでおり、ある意味、EMP攻撃などの強力な電磁波の攻撃は受けやすくなっていると言っていい。しかし、そのぶん、対策も少々は進んでおり、かつ、EMP攻撃で止まったとしても一時的なものになる可能性のほうが高い。

だいたい、「EMP攻撃」なんてのは、既に70年前から言われており、研究がされていないわけがない。加えて、ちょっと前では運送のトラックの運転手による違法で高出力の無線装置の電波障害で街道の周辺の家のテレビが一時的に見えなくなる、などの被害もあったし、テレビ局とかラジオ局の電波塔の近くでは電波障害が問題になったことも1度や2度ではない。今なら、電子レンジを近くでONすると無線LANが使えなくなる、なども電波障害ではあることなんだが、電子レンジが温めを終わると、問題なく無線LANがつながる。最近では電子化されたクルマの中での電磁波(電波)の被害があるんじゃないか?なんて言われている。これも同じような「電磁波(電波)被害」である。当然、アマチュア無線などの電波(電磁波)障害も問題になったことがあったし、日本国内に限っても、強力な電波障害(妨害)で悩まされた歴史も1年や2年のことではない。対策だって、当然進んでいるだけではなく、その対策をするための「安全規格」も当然のことながら発達している。

だいたい、この前の「太陽フレア騒ぎ」でもなにもなかったではないですか。ニュースになった被害は一つもない。大山鳴動してジャンガリアンハムスターの一匹も逃亡していない。←細かくてスマン。

しかし、テレビでは「派手に爆発します」なんていい加減でSFチックなことを言う「専門家」が、ビジュアル的にも面白いから、視聴率があがるんだね。だから出て来る。でも、それはウソだ、ってことですね。

もうちょっと詳しいことが知りたければ、こちらに記事をまとめておいたので、読んでくださいませ。

しかしねぇ「電波」は許されて「電磁波」は許されない、みたいなトンデモはなんとかならんかねぇ。同じものなんだけどね。

「あたしね、この前、太陽フレアが地球に来た、ってニュースがあったでしょ?そのとき、頭痛がしちゃってね。あれ、太陽フレアの電磁波の影響だと思うのよ。で、会社休んじゃった」

などとスマホで電話しているそこのあなた。こっちが頭痛くなっちゃうよ。