この国の「技術」は高齢者が抱えたままあの世に持っていく

日本という地域は、かつて製造業の国だった。「技術立国」などと言われた時代もあった。しかしながら、そういう時代は1970年代~2000年代でほぼ終わりを告げた。日本という地域での製造業の歴史はそろそろ終焉のときを迎えようとしているかのように、大手電機メーカーの度重なる外資の買収を私たちは目の前に見る。生き残っているのは、Panasonic、トヨタなど、海外での事業を積極的にしてきたところだけだ。既に日立の役員会は英語で行われている、という話もあった。外資が大きく入ってくると、当然そうなるにきまっている。

「日本発」の製造業はあっても「日本の製造業」はなくなってきている、というのが正直な実感だ。これは製造業だけに限らず、土木・建設業なども含めた「モノ作り」と言われている産業全般に言われていることだ。これらの技術者で優れた技術を身に着けた人たちは、ほとんど定年退職の時期を迎えており、私の周りでも、そういう人たちがぼちぼち出てきている。私の上の世代の人たちはバリバリの現場の技術者だった人ばかりだが、既に退職している人も多い。

こういう人たちは、再就職をするときは海外、特に中国の企業だったりすることが多く、そうでない人は、退職後に退職金で余生を暮らしているが、そういう人は少ない。日本の国の政府自身にお金が少なくなっている現状では「年金」などもどうなるか、まだわからない。「技術の流出」と人は言うが、それぞれが食っていくためであって、それに否を言うことはできない。そして、「必然的に」日本の技術は海外で生き延びていくだろう。「技術」は会社というゆりかごの中で作られ、それは結果として「人」につく。そういうものだからだ。そして、人は食って生きていかなければならないし、人は年老いていくし、やがて死んでいく。そういうものだからだ。

日本は「モノ作り」の時代を終えた。モノ作りを必要としている他の国に、「技術」を抱えた「人」は行く。食うために。それは農地を求めて広い土地を転々とする焼畑農業に似ているかも知れないし、牧草地を求めて広い土地をこれまた転々とする、牧畜に似ているかもしれない。

結果として、技術とそれを持つ人、それを職業にする人は地域に縛られる生き方はできない。

この重要な点を抜きにして「日本という地域の再生」はありえないだろう。逆に言えば、この国の「モノ作り」の再生は、ここに肝がある、とも言える。

 


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください