2018年の正月は変化を感じる日々だった

なんだか、今年の正月はいつもと違った。変化が表面に出てきた感じがある。自分の年齢もあることはある、とは思うのだが、それ以上に世の中が動き始めている、そういう感じがある。

まず、「正月の帰省」ということをする人が非常に少なくなった、という感じがある。このままいくと「帰省ラッシュ」なんてのはなくなる可能性がある。

次に、これは昨年からだが、これまで大丈夫だと思っていた生活のインフラ、公共交通機関がやたらと止まっていた。

年賀状は昨年からやめて、でも、いただく年賀状には返信を出した。そうして驚いたのは、近所の郵便ポストがあるべきところにない。仕方なく、コンビニの郵便受けに返信の年賀状を入れた。

自分も含めてだが、なにもかもが変わっていく、そういうものを感じざるを得ない。

今日が仕事はじめ、という人は多い。昨日から仕事の人も多い。正月は仕事だった、という人も多い。いや、自分もそうだったけれども。

 


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください