iPhoneの電池の劣化とソフトウエアでの対策問題

ここでなにを書こうとしているか、というと、Appleの電池劣化ソフトウエア事件である。実際、大きく報道されていはいるものの、まぁ、よくあることといえば言えることだ。この事件の問題は、内部で行っていることをちゃんとユーザーに事前に知らせていなかった、ということによる。Appleがやっている対策は、様々な電池劣化による性能低下に対する当たり前の対策の1つであって、それ自身は問題ではない。問題は、ユーザーがそのことを知らなかった、ということに対して、Appleが事前に説明しておく必要があった事項だったのを忘れてしまった、ということだろうが、実際にそれは無理なことだったんじゃないか?とも思う。

事が「発覚」したのは、このあたりの記事、昨年の12月21日あたりからだ。

結局、Appleは「iOS11.2以降では、電池が劣化すると、電池の容量低下で勝手にリブートするのを防ぐため、その場合はCPUのスピードを落とすメカニズムを入れておいた」という事実を認めた。実際のところ、これが極端にユーザーの使い勝手に影響する場合は、そうそう多くは無いと私は思うが、なぜ、エンジニアやエンジニアリング部門がそのことをユーザーに教えることを怠っていたかというと、まず、けっこう込みいった話になるので、説明が面倒臭い上に、ユーザーの理解が至らず、わからない、納得しない、などのことが起きたときに、面倒ごとを抱え込むことになりそうだ、と思ったからだろう。実際、こういった充電式電池を使うハイテク機器は、電池の劣化に対する様々な対策を持っているものだが、Appleはこういう方式を採用している、というだけのことだ。同じことは、たとえば、表には出ていないし、Appleだけでもないと予想がつくが、LTEや3G、Wi-Fiなどの電波が届きにくく、ブツブツキレる環境ではどうするか、などの場合も、同様に、各社各様の様々な「解決方法」「解決のためのポリシー」を持っているはずだ。そういうことをいちいちユーザーに予め知らせておく文書を用意する、などのことは、保険としてやっておいてもいいことではあるとは思うが、それにしても、そういう問題が一体いくつあるのか?などを考えると、それ全部に「答えを用意しておく」というのは、おそらく現実的ではない。

簡単に言えば、アマチュアが「そういう事実」を発表してしまったので、Appleは対処せざるを得ないところに追い込まれ、さらには電池交換ディスカウントもしなければならないところまで追い込まれたのだ。つまり、技術の問題としてはあまり大きな問題ではない。

ところで、スマホに使われているリチウムイオン電池は、充電と放電を繰り返すと、必ず劣化する。この目安が、だいたい1年くらい。毎日、100%に近い充放電をしていると、という条件つきだが。そして、2年目くらいでだいたい「使い物にならない」という水準になる。スマホの電池が劣化してくると、いくら充電しても100%の満充電にならなくなったり、満充電になっても、すぐに電池がなくなったりする。そのため、AppleではOSで電池の劣化を検知したら、CPUの速度を落とすことによって、iPhoneの電力消費を抑える。これをしないと、極端な場合は、電源を入れて数十分などの時間で、突然電池の電圧が急降下し、リセット状態になる、などが繰り返され、使い物にならない、ということになる。しょっちゅうリセット(リブート)を勝手に繰り返すiPhoneが使い物にならないのは、容易に想像ができるだろう。

だから、Appleのこの「措置」は正直なところ、エンジニアリング的には、まっとうなやり方の1つだ。しかし、シロウトがこれを外部からの試験で「発見」してしまったために、「大事」に発展した。

例えて言えば、自動車の部品1つをシロウトが取り出して、その強度を測ったら、必要な強度が得られていないので、これは問題だ、と発表してしまった、ということに似ているだろう。製品としてトータルな性能は事故の場合なども含め、ちゃんとバランスが取ってあり、実際の走行には問題がないのだが、部品1つでは、強度不足のものを使っても問題ない、みたいな。あるいは、自動車では欠かせない電装品のある部分の電源のコードが、規格では1Aが十分通るもの、と、指定されているのに、実際には0.8Aのコードが使われていた、とか。実際に測定してみると、ピークで0.8Aであって、その電流が普段しょっちゅう通るわけではないから、実際には問題がないにもかかわらず、規格通りではない、だから全部ダメ、みたいな、そういう感じか。システムはクルマもiPhoneもそうだが、技術者はコストなどの制約のある下で、なんとか製品全体として問題がない、というものを目指すことになるのは、ある意味当たり前のことだ。

特に、電池関係は最近非常に気を使う。なにせエネルギー密度が高い。そのため、Out of Controlになると、発火事故などが起きることもないではない。非常にまれなケースだが、それでも大事ではあるので、事故が起きると大きく報道される。

年間の利用者数に対する事故での死傷者数を見ると、飛行機は他の交通機関に比べて桁違いの安全性がある。自動車のそれは非常に多い。となると、長距離での移動手段で飛行機を使うのは合理的な判断になる。ただ、飛行機の場合は事故そのものが少ないので、いざ事故となったときのニュース性が高く、良く報道されるので、悲惨な事故の様子ばかり私たちは見ることになる。それだけのことだ。

Appleの話に戻すと、要するに、Appleの問題はAppleの問題ではなく、「問題にしたことが問題」だと、私は思う。

 


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください