IoTというけれども

年明けから、IoTの話題がどこでもすごいのだが、実際のところ、ぼくらの使っているPCのキーボードやマウスにも小さなコンピュータが入っていて、キーボードやマウスの動きをPCにデータ通信で伝え、ぼくらはPCを使えている。つまり、キーボードやマウスの中のコンピュータが本体のPCのコンピュータと「通信」をしている。当然、この通信データをインターネット経由で送れば、ブラジルで叩いたキーボードのデータを東京のPCが受け取るのは簡単だ。つまりIoTの「原型」がそこにある。これはもう30年くらい前からそう作りこまれている。当然、スマートフォンのタッチスクリーンの画面なども同じようなものだ。

【IoTは既に確立した技術。最先端ではない】
要するにIoTというのは、既に30年前には確立している技術の寄せ集めである。技術で見ると、新しいものでは決してない。簡単に言うと、IoTなんてのはコンピュータでは当たり前の技術であって、既にその技術がなければぼくらはマウスとキーボードでコンピュータさえ使えなかったのだ。

【LPWA/LoRa】
最近はLPWAなどの微弱電波による近距離データ通信の技術も表に出てきたが、これらの通信規格は既に2013年に制定されており、やっと一昨年ぐらいから商品がいっぱい出てきた。既に秋葉原に行けば、LPWAの通信モジュールは4千円くらいで売っていて、とても使いやすいモジュールとなっている。これらの国産モジュールは、日本のガス会社などのスマートメーターなどに大量に使われており、そのため、安価かつ安定的に供給されているのだ。ROHMなどの日本メーカーでも、LPWAのモジュールを作って、以前から売っている。これらのLPWAの規格では、最近はLoRa、SIGFOXだけではなく、数多くの名前をよく聞くが、だいたい世界で40くらいの規格がある。個人的には、そろそろ、あまりにいっぱいあって飽きて来たなぁ、と思っていたところで、なにやら盛り上がっているのかなぁ?という感じだが。

【劇的な廉価化と性能向上】
結論から言うと、IoTはこれまでの技術が、インターネットの登場によって、安価で高速、大容量、そして遠隔地での通信も非常に安くできるようになったので、一般に普及をはじめた、ということだし、LPWAについても、やっと世間が認知し始めたもので、実際には何年も前から動いているものではある。と、そういうことだ。ちなみに、ドローンも要するにラジコンであって、2008年には農業用のラジコンヘリをYAMAHAが発売しているので、現在のドローンが出たときも驚きはなかったし、人工知能もこれまでの技術が、CPUの劇的な価格低下と性能向上によって、一般にも降りてきた、という程度のことだ。常に最先端で仕事をしていたら、みんな「古いもの」「今頃出てきたの?なんで?」なんだな。

そういう最先端の場にいなかった人たちが、今頃「最先端」だと思っているに過ぎない。

日本のITとかの技術や、それをマネジメントしていた人たちも、かなり劣化したなぁ、ということを思わざるを得ない。

 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください