「台湾赤十字には義援金を送るな」というお話

「台湾赤十字」への義援金はなにに使われているかわからないので送らないように、という話がツィートされるとか、シェアされるなどして、話題を呼んでいる

だが、こういう話は、本当のところは党派性や政治性が絡む話なので、この内容自身が本当の話なのかどうか、それを信じるかどうかは、自分で調べた上で判断する必要がある。台湾の政治的な内情は普通の台湾に普段から接していない日本人が想像する以上に複雑であり、普通に日本で生活している日本人にはわからないことが多いからだ。

なお、台湾はいくら狭いとは言っても花蓮と台北や高雄などの都市は離れており、山脈も間にある。これらの大都市にはほとんど被害はない。台湾の東海岸の宜蘭や花蓮などは日本に一番近いところにある「台湾」である。与那国島まで100km -150kmくらいしかないが、地形的には間に深い海峡があり、与那国島でも揺れたとは思うが、そんなに大きな揺れは無かったものと見られる。

「台湾への支援」と言うと、それだけで熱狂する方々がいるのは承知しているが、義援金だけが援助ではない。震災後、地元に行って観光する(そして地元におカネを落とす。その地元のことを日本に帰っていろいろな人に宣伝する)のも支援である。支援の方法は義援金だけではなく、それぞれ多様であり、多様にすべきだと、個人的には思っている。

こういったネットでの「評判戦争」も、場合によったら「サイバー戦争」の一部なのかもしれない、という面もある。

ところで、最近の台湾土産ではこの「太陽餅↓」をいただいたのだが、これがなかなか美味しい。問題はその皮がボロボロと落ちてくることと、カロリーが高いことだが、とりあえず、最近の台湾土産のおすすめ。


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください