AIもオープンソースだしね

いま、ソフトウエアの開発のほとんどは「オープソースソフトウエア(OSS)」を組み合わせて作る。そして、そのOSS自身がまた、他のOSSの組み合わせでできていたりする。ソフトウエアは巨大になり、複雑になっている。この流れは止めることができない。

そして、OSSだって人間の作るものだから、バグがあったりするが、そのバグを直すなんてのも、あまりに膨大であるためにできなくなっていたりする。つまり、プログラマがソフトウエアの1行1行を知っている、という時代ではない。そのため、OSSの実行中に停止するなどのトラブルがあれば、そういうシチュエーションを回避する方法を探る。ソフトウエアそのものを書き換える、なんてのは全体のバランスを崩すので、できなかったりするのだ。

先日も、あるOSSを使うことがあって、それがちゃんと動いていれば便利なのだが、そのソフトを呼んだきり返ってこない、なんてトラブルがあった。しょうがないので、使い方を変更し、だましだまし使う。中身を見るなんてのは、コスト(人件費)が高くなるから、まずやらない。

おそらく、某巨大OS会社のアップデートなどでOSそのものが起動しなくなる、なんてトラブルは、そういうことにも起因しているのかもしれない。であればそれを直すのは多大なコストがかかりすぎ、誰もやらない。

ソフトウエア開発の時代は変わった。しかし、それにちゃんとついていける日本のソフトウエア開発会社も、人もいない。

ソフトウエア開発崩壊の日が近いのかもしれない。そして、今やデータベースもOSもAIも、オープソースであることが当たり前になっている。


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください