「法人」と「人工知能」

亡くなったホーキング博士も「人工知能が人間に害する可能性がある」ことを警告していた。米国では、第二次大戦のときに亡くなったルーズベルト大統領は「企業が政府を凌ぐ」ことに危機感を持った。現代では後者は「Corporatism」として知られている。

私は「人工知能」というものはもともと無く、それは現代のコンピュータそのもののことを言い換えているに過ぎない、と思っているが、その議論はここではひとまず置いておき、おそらく一般的にわかりやすいであろう「人工知能」という用語をここでは使うことにする。

人間が自ら作った「人間みたいなもの」は、人間と同じ成長の過程を経ずに人間のように振る舞うことを、人間社会の中で許容されている。企業は「法人」という人間を構成員としてできた「機械」のようなものとして。人工知能は「機械で作られた擬似的な人」として。どちらも人間が作ったものだが、人間に似ているものの、人間と同じ成長過程を経てそこにあるものではないから、人間と完全に同じというわけにはいかない。

別の言い方をすれば、それは「人間ではないが、人間のために、人間に近く作られた」「モノ」であって、それを「人間」と同じ扱いをこの社会でするわけには、本来はいかない。それは、人間社会で生きる人間自身の子供のときのようなもので、「不完全な人間」であり、「人間である」と言うには、どこか大きな「欠陥」を抱えている。

それでいて、それが作られた目的は「人間社会をより発展させ強固にさせるもの」だから、どこかに人間以上のパワー(破壊力も)を持っている。言い換えれば、「企業」「人工知能」は、同じ子供でも、ジャイアンみたいな大人もてこずる暴力を行使できる子供のようなものだ。

だから、私たちが「人工知能」に漠然と抱く不安はそこから来ている。「企業」は、その問題点を「Corporatism」として、意識され始めているが、人工知能のそれは、まだ漠然としたものだ。

人が人のために作った「フランケンシュタイン」の示した暗喩が、現代の社会では見えやすいものではなくなっている。

「人工知能」「企業」。彼らに人間社会の大人になる学習をいかにさせて育てるべきか。あるいは、壊して作り直すべきか。