「IT災害救援隊」を作ろう

地震等の巨大災害では、災害の救援には警察などの組織だけでは動かせない力が必要になる。3.11の地震や津波でも、日本では自衛隊が、自らの犠牲も払いつつ、見事な働きをした映像は誰もが見ているだろう。

「災害」は人間社会を破壊する相手が「自然」という人間よりも大きな力によるものだ。人間自身が人間社会を破壊する場合は「戦争」ということになる。どちらも大きな被害が出るものであるわけで、そうなると、日本であれば「自衛隊」が出ていかざるを得ない。

しかし、現代の「災害」は目に見えるものだけではなくなった。人間社会は、どこでも「サイバー空間」という新たな空間を持つようになり、経済活動なども多くその場で行われる。ひとたびサイバー空間で大きな「災害」が発生すれば、その被害は現実世界の災害よりも大きく、広範囲になる可能性さえある。

最近はサイバー戦争に備えて「サイバー部隊を作れ」という話も出てきている。現在の自衛隊が「戦争」だけに対応しているものではなく「自然災害」にも対応している組織であるとすると、サイバー空間でもそうあってほしい、というのは自然なことではないだろうか?

「サイバー自衛隊」は、なにも戦争だけに対応するものではなく、作られるべきだろう。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください