LPWAが変える世界

「LPWA(Low Power Wide Area)」通信が日本のみならず、世界のあちこちで使われ始めている。新しい無線データ通信システムの各国での法整備も整ってきていて、面白い展開になりつつある。

日本では「Sensway社」が三井不動産との提携を発表八王子市ではABIT社との提携で河川の氾濫などの情報をいち早く知らせる防災システムが出来上がっている。また、福岡市もNTTネオメイト社との提携で市内のほとんどの地域をLoRaWANでつないでいる。まだまだ他にもLPWAのシステムを使ったデータ通信システムで地域をつなぎ、防災などに役立てよう、という動きは多く、他にも、「PLWA 防災」のキーワードで検索すると、どれもこれも大変なことが始まっている、ということがよくわかる。

他にもLPWAには日本でよく使われることになるであろうと思われる「LoRa」の他に「SigFox」なども名乗りを上げている。また、諸外国に目をむければ、さらに長距離の通信もできる、強力な電波を使うもの(←これ、Low Powerなの?)っていうものもたくさん発表されており、非常に大きな世界的な流れになっている。世界中のLPWAの規格はおそらく数十はあるだろう。私も全部を把握しているわけではないが。

私の個人的な見方だが、日本のどのシステムも、インターネットなしでは成り立たない、というシステムに問題があると、私は思っている。というのは、大規模災害時、すなわち、こういうシステムが有効に使われることが想定される場面では、インターネットは使えなくなっているのではないか?という危惧があるからだ。実際、東日本大震災の経験では、インターネットも、携帯網もトラフィック規制がかけられたりして、災害発生地域ではほとんど使えなかったのを覚えているだろう。インターネットを使い、携帯網を私達は普段は便利に使っているが、いざ大災害、というところではこれらのインフラはほとんど機能しない。その機能しないインフラをLPWAのシステムに「混ぜる」というのは、やはり問題があるのではないだろうか?と個人的に思う。

また、LPWAのほとんどの規格を調べると、時間あたりに通信できるデータ量に制限があったりすることもあり、動画のデータなどは現状ではまず送ることができない。無線LANと同じ感覚では使えないのだ。これは技術というよりも、法の問題なのだが、大規模災害時には、問題となることもあるかもしれない。

また、災害時などに使われるシステムは、非常時ではないときでも時々使って、いざというときにちゃんと動くことをいつでもテストしている、という機能も必要になる。昨今のシステム構築では「コスト」も重視されることが多く、普段の接続確認や有効活用などがどこまで考えられているか?ということも不安でもある。

いずれにしても、LPWAは始まったばかりである。改良も法整備も本格的に始まるのはこれからだろう。今後が楽しみだ。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください