「デジタル」なもの

最近のネットを見ていると「デジタル」という言葉がたくさん出てくる。「デジタル」に対するものは「アナログ」である。時代が「アナログ」から「デジタル」に変わったのは、既に20年以上前の話なので、いまさら「デジタル」っていうのは、その、なんというか、それ自身が非常に古い感じがする。ある記事では、銀行の基幹システムを「デジタルではない」システムと言っていて、最近のWebでの顧客インターフェイスなんかを作るのは「デジタルな仕事」って言ってるのを聞いて、ぶっとんだ。

20年以上前に作られたとはいえ、銀行の基幹システムは「デジタル」の「コンピュータ」である。今どき、アナログのコンピュータを使っているところなんて見たことがない。それに、アナログコンピュータはあることはあるが、科学技術計算などで使うものであって、大量の顧客データとか銀行の業務のトランザクションをするのとはコンピュータの種類が違う。そして、今は全く使われていない。現在であれば、自動車のダッシュボードの計器類だってデジタル表示だし、今やデジタルではないものを探しても、まず見つからない。しかしながら、よくこういう記事を読んでみると、「デジタル」というのは「新しい世代のなにか」を言うときに、「感覚的に」使われていることばなんだな。厳密な意味ではない。だから、ぼくは「デジタルってのはそもそも。。。」なんて知ってはいるが、言わないようにしようと思う。しかし、それにしても「デジタル」ってのは、それ自身が古い言葉なんで、やっぱ違和感あるよなぁ。

また、メディアとかエンターティンメント関係者は、古い作品を新しいキャストで作り直す、というのを「リブート」って言うんですよね。これにも違和感あるんですよねぇ。もともと、コンピュータのOSなんかを電源を入れた直後の状態から使える状態にするまでのことを「ブート(Boot)」といって、リセットボタンなんかを押して稼動状態から再度立ち上げ直すのを「リブート(reboot)」というわけだが、リブートってことは、リブート前の状態と寸分違わぬ状況にする、ってことなんで、キャストが違ったりすると、感じが違うよなぁ、と思うのですね。

で、「デジタル」の話に戻ると、「新しいもの」を少々かっこ良く言うために「デジタル(的)」と言っているのを、まあ違和感はありつつも「そんなもんだな」と納得するのは良いとして、なぜ新しいものを「デジタル」と表現するのか?と言うことを考えると、そういう言葉の使い方をした「前の世代」がいるんですよね。つまり、もう退職したくらいの世代の文系のおじいちゃん、おばあちゃんが、そういう表現を使っていた。ぼくは工学部で通信工学科を出たから、ハードウエアもソフトウエアも扱える。今もそういう仕事をしている。アナログ技術もデジタル技術もみんな頭の中にきっちりあるから、まぁ、正確な定義は知っている。デジタルだから新しい、とも思わないし、アナログだから古い、とも思わない。

でも技術を知らない多くの人はそういう言葉を「感覚的」に使う。そして、「感覚的に使ったとしても」、やっぱ「デジタル」が新しいもの、の言い換えってのは、前の前くらいの世代がやったことそのままで、その、なんというか、もっと新しい言葉はないの?とか思っちゃうわけですね。感覚的、情緒的表現で、ITの専門用語を使うのは、まぁ、許す。でも、前の前の世代くらいが使っていた古色蒼然とした「デジタル」なんて言葉のホコリを払って、今更使うなんてのは、なんていうか、進歩じゃなくて「退行」だよなぁ、これからどうするの?なんて思っちゃうわけですよ。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください