「事業」が「システム」に置き換わっていく

まるで、オセロの白黒が、そのコマの1つを打つことで、全部ひっくり返っていくように、「事業」が「システム」に置き換わっていく。それが今という時代なのだ。

「事業」をするには「人」が集まって「組織」を作り、その組織が「社会的に有意義となることをする」ことによって、社会から「報酬」を受け取り、その組織の人員の糧とする。赤字になる事業はなくなっていき、黒字の事業だけが生き残っていく。

今や銀行はコンピュータのシステムで動いており、「人」はほとんど必要ない。これは他の業種にも言える。例えば出版だ。出版という「事業」は、著者がいて、その著者の「作品」を、出版社が受け取って、多くの人に読まれるように「編集」し、その結果を「印刷」という事業者に持って行き、「本」を作る。できた本は、大量に印刷され、それを「取次店」を通して日本全国の書店に並べる。そして、人はその本を買って読む。今の電子出版になると、この様相が変わる。著者が本を書いたら、そのまま「システム」にアップロードすると、それ以降、人が読むためにダウンロードするまで「人」が必要なくなる。「著者」-「編集者」-「出版社」-「広告」-「印刷」-「配本」-「書店」-「読者」という、この「物流」が一気に「著者」-「システム」-「読者」というように「簡略化」され、それまで間で働いていた人の仕事は必要なくなる。

しかしながら、著者の印税も含めた、この「出版」という「事業」の「原資」は、「読者」の払うお金であり、それが集積したものだ。であるから、「著者」-「読者」が「システム」を通して「直につながる」のは、「出版」という全体の複雑なシステムを簡略にして、人件費をなくし、「著者により高い収入を払い」「読者により安く提供する」という「経済原理」に即したものだから、これを咎め立てることはできない。この変化を止めることもできない。これまでにあった「壮大な無駄」を「システム」がなくすだけのことだ。

電子出版も、銀行のIT化も、要するにそういうことだ。

「事業」は「システム」に置き換わる、ということは、そういうことだ。それがいま、目の前で実際に始まっているのだ。私達人間は、これまで当たり前に続くと思っていた「事業」が「システム」に置き換わったとき、次の時代にはなにをすべきかを、真剣に考えなければいけない時代に生きているのだ。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください