マスコミはスピードだ!

つい数時間前までは、北は韓国の核実験場爆破セレモニーに参加できないと発表してもギリギリで参加OKとなる。

トランプさんも米朝首脳会談をやるが一転してやらない、と言い出したが、これも数時間でやらないをやらないかも、みたいにコロコロ変わる。

既に日本のマスコミはこのスピードには全くついていけず、日本のネットメディアも全くついていけていない。新聞なんてのは数日という時間でのメディアであって、数分や数時間は扱えない。朝刊に評論した政局が数時間の間に二転三転し、翌日もまたやっている。この動きの速さは、新聞には全くついていけない速さであることは言うまでもない。テレビもせいぜいが数時間の動きしか追えない。コトは数分で変わることもある。それが現代だ。

特に日本のネットメディアは社会での認知を得てきていているぶん、コンプライアンス重視になってきており、スピードは遅くなっている。逆に言えば、ソースを明らかにしてスピードに全ての重点を置き「ガセかもしれない」ことを前提に報道するメディアがこれからのトレンドになりそうだ。面白い世の中になってきた。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください