最近のスマホとかPCとかは「電池を自分で取り替えられない」。

最近のスマホやPCは、良く見ると電池を、自分で、工具なしで、取り外しができるモデルが非常に少なくなった。PCやスマホの出来を昔から眺めて来ているのだが、これは主に以下の理由による。

  1. 薄く軽いモデルが好まれているので、電池の取り外しの機構などは薄型化の邪魔になる。
  2. できるだけ製造原価を抑えるため、電池の取り外しのための機構を省略する。
  3. 電池を利用者が取り替えられる「消耗品」ではなく、利用者が取り替えられない「部品」と位置付けることによって、保守代金をメーカーが公然と取ることができる。

要するに「電池の部品化」が始まっているのだ。主に、最初の理由が大きいのだろうとは思うが、「電池の部品化」は、利用者にとって以下の問題を起こす。

  1. 電池の寿命が来ただけで「修理」に出さなければならない。
    「修理」となれば、高額な修理費用が必要になる。
  2. 複数の電池を持って歩き、交換しつつ、運用することができない。
    →一日外に出ている営業マンなどは途中で電池がなくなったら、あらかじめ充電しておいたもう1つの電池と交換したい、ということができなくなった。

さらに、この裏には以下の事情がある。

  1. 電池の耐久性や単位体積あたりの容量が大きくなったので、電池がなくなったので取り替える、という需要が減った。
  2. なによりもコストダウンに貢献する。

私としては、例えばスマホなら、自分で工具なしで取り替えられるほうが良いので、未だに古いモデルのPCやスマホを使っている。最近はそういうスマホが減ってきたので、所有している一部のスマホは電池内蔵のものになってしまったのは、非常に残念だ。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください