満員電車で考えたこと

久しぶりに、数日、朝の混雑する通勤電車に乗っているんだが、「そういうのに乗るのは何十年ぶりだろう?」と思い返している。その数十年の時間で、この国はなにも進歩していないなぁ、とも思う。

朝夕のラッシュは、ICTを駆使した、ペーパーレスのリモートオフィスの出現でなくなるはずではなかったのか?その代りに、人工知能があるから、って人間さえいらなくなる、という未来がやってきた。

古くからある「時差通勤」とか最近言われる「働き方改革」で、朝夕の通勤ラッシュ・帰宅ラッシュはなくなるんじゃなかったのか?代わりに、人間のいらない「人工知能会社」ができるだろう。

「人工知能」ってのは、今のITを象徴的に言っただけの言葉で「人工知能」という特別なものがあるわけじゃない。「ディープ・ラーニング(Deep Learning)」という手法で統計を取り、その統計に従って、マシンが自動的に自分の動作を決める、というものだ。ディープラーニングは膨大な量のデータを扱い、統計を取るので、多くのデータを入れる場所と、それをアクセスし、演算する速度が必要で、かつてはそういうハードウエアには多大なお金がかかっていた。しかし、現在はそういうハードウエアにかかるお金は非常に安くなって、大衆化した。技術としては昔からあったものだが、それが「実用化」し「大衆化」するための「コスト」という障壁が取れた、というだけだ。

であれば、次に必要なのは、こういう「安価で便利なもの」をどのように作り、どのように使いこなすか、ということになる。しかし、この数十年、その「考え方」がまるで変わらないのが「日本」という地域だ。

リモートオフィスが簡単で安価に実現できる技術が手に入るのに、なぜ出勤ということをするのか?人に無駄な苦労をさせるのは組織の団結のため、という考え方もあるだろうが、そういうものはここ数十年でガタガタに崩れた。この先はもっと崩れていくだろう。なぜならば、何事かを成す場合、人の組織そのものが不要な時代になりつつあるからだ。

人のエネルギーも、実際の電気などのエネルギーも無駄なものは無駄である。社会のあり方や考え方を変えて、この「無駄」を極限まで減らすことが求められている。思考を変え、働く人はもっと楽に。そして、人工知能やリモートオフィスをもっと便利に。それがあるべき「高度ハイテク社会」ではなかったのか?

日本は先進国である、というのであれば、そういう変革を躊躇することはない。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください