SFは死んだのか?

思うに、SFで「未来」と思っていたものが既に多くは時代遅れの滑稽なものになっている、というのが現代なんだろうね。

おそらく、SFはSR(Science FictionではなくScience Real)になり、SF作家の想像力をリアルが超えようとしているんでしょうね。ただSF作家が力不足ということではなくて、人間の想像力なんてのは、その程度のものだった、というのは、正直なところ、認めざるを得ないところまで来たんだね。

現実は、マクルーハンが夢想した未来も超えて、いまや、マスコミやテレビは時代遅れと言われるくらいになった。未来学という言葉もあったが、いまは死語だ。

民間企業のロケットが宇宙飛行をはじめ、GoProで宇宙からの映像を渋谷のスクランブル交差点の映像を流すがごとくに僕らは見る時代がやってくるんだろうね。すぐにね。

「SF作家?そういう仕事は何十年前に廃れたよ」

そういう時代が来るのだろう。

だから、現代のSF作家は、ある種の男が理想とする女性への憧れを映像にして「SFである」と表現しなければならなくなったんだな。そんな女性はもういません。いないから憧れる。でもいないし、求められもしない。そういう時代に変わったんだよ。

ぼくらはもう、全く違うパラダイムの中で人間という存在の前提を作り直すことが必要な時代に、半分脚を突っ込んだんだよ。どうする、君。どうする?ぼく。

ファンタジーは残るだろうし、フィクションももちろんある。しかし、Scienceはもう、SFにはないんだろう。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください