バンクシーの切り刻まれた絵?

記事に書かれている通り、もし今回のこの一件がバンクシーとサザビーズの「共犯」によって行われたとしたら、サザビーズはより高い落札価格が目的だろうね。ついでに、現場で捕捉されたと言われている、シュレッダーのリモコンの操作者もその企みに雇われた人間だろう。であれば、その「操作者」の行方を追うことで真相は明らかになるだろうね。しかし報道では今のところこの操作者が誰で、どういう素性で、どうやってオークション会場まで来たのかは明らかになっていないばかりか、その人間が警察に引き渡されたのかどうかも明らかでは無い。つまりこの一件は「怪しい」のだ。

また、作品とその仕込みのある額が作られたのは数年前とのことだが、電池などはどういうことになっていたのか?電池はどんな電池でも年数を経れば容量が減って行くだけでなく、経年変化で劣化していく。周囲の温度や湿度などの環境にもよるが、乾電池で容量が80パーセント以下になるのはだいたい2年と言われている。

また、シュレッダーに使われているモーターや刃なども、環境にもよるが、劣化するものだ。

さらに額と一緒に刻まれた絵は半分だった。なぜ全部が刻まれなかったのか?電池が切れたのかもしれないが、一方で、刻んだ額と一体の刻まれた絵という全体をより価格の高い「商品」としたかった、という思惑もあったのではないか?

記事中にあるように、オークション出品者は出品前に必ず絵や額の状態を詳細に調べるのが普通であり、シュレッダーのメカニズムにオークションをしている会社の人が気がつかなかったとは思えない。

ということは、今回高額落札した人間も共犯者である可能性は高い。落札者は買った価格以上の価格を「半分切り刻まれた作品と額縁」という作品につけることが可能になるからだ。名前はなにがいいだろう?「風船を持つ子供の絵を含む作品」というのは、現代芸術家としては、面白い「作品」であることも、言うまでもない。

そうであったとしたら、この「事件」そのものが、関係者全員による価格吊り上げも含んだ目的を持った「ヤラセ」であった可能性は高い、ということになる。作品、というよりは「ショー・ビジネス」ですね。まぁ、本当のところはわかりませんがね。

 


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください