「お金持ち」は「小さなカバン」を持っているか?

世の中には、様々な人がいて、様々な「個性」がある。「お金持ち」というのや「貧乏」というのはその人についた「属性」だが、「個性」になることもあるし、「個性」を形作る要素の1つであるかもしれないが「属性」と、よく見間違われるわけではありますね。

つい先日も「お金持ちは小さなカバンを持っている」という広告の記事があった。その広告の邪魔をする気はないから、特になんの記事であるかを特定することはしないけれども、実際「お金持ち」は目立つし、その人が小さなカバンを持っていると、それも目立つだろう。もっとも、その人が大きなカバンを持っていても、目立つんじゃないかと思うわけだが。

だいぶ前に、世界の大富豪と言われているMicrosoft社の創業者であるビル・ゲーツ氏が日本を訪れ、テレビに出演したことがあったが、彼はそのとき、先っちょの壊れたボロボロの靴を履いていた。「なるほど、金持ちはボロボロの靴を履くんだ」とは誰も言わない。また、商品を売るための広告に使えないこういう行為は、当然、共有されても、広告宣伝の記事になることはない。「お金持ちにもいろいろな人がいるものねぇ(つまり、個性だよねぇ)」で終わりである。

また、これは話だけだが、ORACLEの創業者で元CEOのラリー・エリソンは、飛行機で移動するときは、ファーストクラスに乗らず、いつもエコノミークラスだという。ビジネスの厳しさを言うときによく引き合いに出される話だが、この話も最近は聞かなくなった。飛行機会社の広告には使えないからだろうとは思うが、当然、そういう記事はあまり出ない。

簡単に言えば「金持ちはこういうことをする(こんなものを持っている)」という話や「タレントはみんなハワイが好きだ」という、そういったものの1つとして「金持ちは小さなカバンを持っている」というのはあるのだと思うわけですね。それは個性を無視した話であって「自分もお金持ちになりたい」と思う人が、この「原因と結果」を勝手に逆転して解釈し(つまり原因と結果が見えないのね)「小さなカバンを持てばお金持ちになれる」というように、勝手に考えて小さなカバンを買いに走る、という消費行動を惹起する広告記事として、今ひとつ、いかがなものか?とは思うわけなんですよ。いや、売れたかもしれないね。

今のネットの世の中に限らないんだけれども、ちゃんとしたお金持ちになれるほどの頭脳があれば「原因と結果」の逆転などはしないわけですよね。つまり、こういった広告に乗せられて「そうだよね!」と頷く人は、永遠にお金持ちにも、何者にもなれない、ってことだね。意地悪でごめんね。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください