タブレットは生産性を下げる

このところ、満員電車によく乗るのだが、中でタブレットを使う人がいる。スマホを使う人はもちろん多いが、つり革にもつかまらず、立ったままスマホを使う「ワザ」があるのだ。これには驚いたが、見ていると器用なものだなぁ、と感心する。

それはともかく、タブレットを使っている人も多い。タブレットを使っていると、画面が大きいのはいいのだが、自分の場合は、すぐに使わなくなる。満員電車で出しにくいし、夜寝るときに使うと、重いので手が疲れる。図体が大きいので、電池も大きく、電池が持つのはありがたいのだが、タッチパッドの画面の面積も大きく、なにかとミスタッチも多い。いや、あくまで自分の場合は、なんだが。買ったときは良いように思うのだが、すぐに使う頻度が減る。どこかの時点で充電を忘れて放置、という感じだ。

やはり自分としてはキーボードがついているものでないと、長い文章が書きにくい、というのもあって、やはりタブレットからは遠ざかる。しかも、最近は画面の少々広くなったスマホもあって、タブレットの出番はますますなくなってきた。みんなタブレットって、どう使っているんだろうか?

 


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください