「無敵の人」になりきれない

 

つい先日、JR横須賀線に乗っていて、集中して仕事がしたかったので、グリーン車に乗った。グリーン車なんて贅沢な、と思うなかれ。千円でお釣りが来る移動中の個人環境である。食べ物や飲み物は出ないが、ちょっとした仕事の空間として適当な感じがする。なによりも個人席でPCを出して使える。しかも、私はそんなにたくさんグリーン車を使っているわけではない。毎月1回、あるかないか?だ。

そして、PCを使っていたのだが、飲み帰りの老人が「キーボードの音がうるさいからやめてくれ」と言ってきた。こういうのは初めての経験だったので「すみません。音が出ないようにします」と言って、スマホの画面のキーボードに切り替えた。なにせクラウド上のファイルを書いているところだから、PCからだろうが、スマホからだろうが、なんとかなるのだ。とは言うものの、私の使っているPCはキーボードの音がガチャガチャするような機種ではなく、かなり静かなので、おかしいな、とも思ったのだが、私もときを経て人間が丸くなったのか、反発などせず、「すみません」とだけ言った。

すると、それを言った老人は、しばらくすると、私のその席の近くにある自分の席を立って、他のところに行ってしまった。老人の目は怖くて私が見ることはなかったが。

明らかに「IT機器を使いこなす」みたいなイメージのことに「腹が立って」いるのがわかった。それが感じられた。飲み帰りだったのだろう。顔が赤く、酒臭かったので、ここでヘタに答えると、刺されるかもしれない。最近の老人はキレると怖いらしい、と思って、理不尽ではあるとは思うものの、丁寧な言葉で返しておいたのだが、やっぱ怖かったなぁ。

まぁ、そういうご老人が最近は多くて、いや、自分もそろそろ「老人」と言われる年齢に片足突っ込んでいるとは思うのだが(←いや両足だよ、という声も聞こえないではないが、聞かなかったことにして)、困ったものだなぁ、と思った。自分より良い思いをしている、と思える人に異常な嫉妬心と攻撃を仕掛ける、「無敵の老人」が増えているのだ。ここは、危険を避け、「君子危うきに近寄らず」である。

とはいえ、私のこれまでの人生では「トッププレイヤーはいいが、そうではない人は置き去りなのか?」という疑問を投げかけられることが多かった。嫉妬もあるだろうし、嫉妬のベースとなっているものは、おそらく「自分は変化の速い世界に置いていかれる」という焦燥なのだろう。そして、今はさらにさらに、社会の動きのスピードは速くなっているのは間違いない。当然、落伍する人はさらに増えていく。親は考える。「子供を落伍させないためにはどうするか?」と。親も自分がそうならないためにはどうするか?と。老いてなお、世の中とのつながりを持つことは、その世の中のスピードにあったスピードで自分を変化させていくことだが、それは老いと同時にできなくなってくる。それは死期が迫っている、ということだ。世の中のスピードが速くなればなるほど、死期は間近に、すごいスピードで迫ってくる。キレて「無敵の人」がいてもおかしい世の中ではない。

暴走老人社会が、やがてやってくるのだろう。そして、それは止められない。

 


 

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください