2018年訪日客数

2018年の訪日客数は、国土交通省・観光局の統計資料に出ている。注目の各地からの数字を見て見よう。

総訪日客数は3100万人超。内訳は、大陸中国から838万人(全体の27%)、韓国から754万人(全体の24%)。しかし、観光局の統計では香港が別カウントとなっているので、これを加えると、大陸中国からは1059万人(全体の34%)、と初めて1千万人台となったことがわかる。

米国からは、153万人(全体の5%)。そして、大陸中国(香港含む)+韓国は、1813万人(58%)となり、これだけで訪日客数の60%近くを占める。

しかしながら、全体の数字が大きくなっているので、「大陸中国+韓国」からの訪日客「比率」は、むしろ、少々低くなっている、というのは、面白い。ところで、台湾からの訪日客は、458万人。「大陸中国+韓国+台湾」からの訪日客は、2271万人(73%)。しかし、台湾は人口2300万人だから、単純計算では台湾人の約20%が訪日している、ということになる。韓国の人口は約5200万人なので、韓国では(これも単純計算だが)、人口の約15%が訪日韓国人、ということになる。これもまたすごい数字だ。



このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください