「現代」を変えたもの

現代世界を変えたものは、以下である。

1.情報の高速・低コスト化
2.物流の高速・低コスト化
3.人流の高速・低コスト化

「お金」は情報に姿を変えることができるから財貨の流れについては「1」に当てはめることができる。

結果として起きることは、

1.「地域」を隔てるものの消滅

である。であれば、「都会」と「田舎」の区別はなくなり、「国境」もなくなっていく。「地域」というものが、人類の歴史始まっていらい、「弱いもの」になっていくのだ。ぼくらはその時代が始まる入口にいる。

そして、最初に掲げた「3つの高速・低コスト化」という大きな変化を支えたものは、根本において「インターネット」である。

インターネットはそれまであった「電気の技術」が「アナログ技術」になり、その延長の技術の一つとして「デジタル技術」になり、それをベースにした「テクノロジーの組み合わせの哲学」であって、インターネットそのものは「テクノロジー」ではない。単にテクノロジーという側面からだけ見ると、インターネットはそれまでの電気技術の寄せ集めにしか過ぎないように見える。

「電気技術」→「デジタル技術」→「インターネット」→「情報流・物流・人流の高速化・低コスト化」→「地域をベースとしてきた人間の文明の破壊と新たな文明への入り口」。現在は宗教も国家政府権力も「地域」をベースにしたもので、これは数千年の歴史があるから、なかなかそれが消えていく運命になるとは思いにくいだろう。

人間の社会の時代の変化は、訪れるべくして訪れた。シェア・エコノミーも、この変化の中で生まれ、広い範囲で広まり、認知されてきた。

「人間の歴史」をこの壮大な「地域とそれに根ざした文化、その発生と消滅」という観点から振り返ることは、おそらく、人類の未来をうらなう、新しい仕事になるだろう。人類はその歴史ではじめて「地域」という「縛り」から開放されつつある。そういう新たな歴史が始まったのだ。

化学の世界でも「エントロピーの法則」がある。お互いになんらかのやり取りが成立している複数の場所が、時間とともに平均化していく現象だが、人間の社会でも、それが起き始めているのではないか?

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください