引きこもり=仕事がない

40歳から64歳の人の引きこもりがなんと61万人もいる、という。しかし、これは、時代が変わった、という認識が無いための「間違い」であろう。

今回の「引きこもりであるかないかの基準」は「長期間、自分の趣味などの外出以外は外に出ない・人に会わない」ことである、という。

だいたい、 人が意識的に行う行動は、

  1. しなければならないこと
  2. したいと思ったこと

の二つが動機のものしかない。

であれば、ここで言う「広義の引きこもり」は、「(生きていくために)しなければならないこと」が無く「したいことしかやることが無い」ことを意味すると言うことだから、「仕事がない」という事であるのは明白。つまりこの61万人は、統計的な意味で「中高年の失業者」ということだ。そして、この「分け方」「価値観」は「やらなければならないことは、いやいや、やること。それが仕事」という大前提がある。

しかしながら、私とかのように「楽しいことを仕事にする」「どんなことも楽しんでしまう」人間にとっては、自分のどういう行動がお金を産む「仕事」になるか、明確に分かることは、多くない。やりたいことをやっていたら、気がついたら少々は稼げていた、というのが、本当のところだ。

つまりこの「広義の引きこもり」というネガティヴな価値評価を産む定義の前提となる、社会観そのもの(中高年は基本的に仕事があり、稼ぎも良い。でも仕事は義務であって面白いものではない)が、私の場合は当てはまらない。そして、私の周辺にも、多くの同じような人がいる。もしも私と同じような考えの人間が多ければ、この統計基準の前提となる「価値観」「職業観」そのものが、既に古色蒼然とした、今となっては「縄文時代」とも言われる(ぼくが勝手にそう言っている)、「高度経済成長期」のものである、ってことではないかと思うんだな。

実際のところ、この統計のベースとなる価値観は既に多くの場で失われているのが、今の日本の普通の社会だろう。つまり、この統計の基準となる「社会の把握」において、政府は世の中の流れについていけていない、と言われても、反論はできない。あの時代は二度と日本には戻ってこない。

日本人は「働かない」のではなく「仕事がないから働く場がない」のだ。当然、日本という地域でのGDPは下がるに決まっている。しかも、景気の良かった時代は「営業をせずとも仕事が降ってきた」時代である。「面白いこと」を探す暇もなく、多くのビジネスマンは生きてきた。むしろ、自分の好きな事に熱中するのは、仕事の邪魔になるから、良くないことだ、と子供の頃から叩き込まれて育った人も多い。

「そういう日本人」が、この時代になって「仕事がない」「仕事は自分で作るものだ」というところに放り込まれたのだ。当然「(やらなければならない)仕事」なんてものが無い時代なのだから「好きなことを仕事にしろ」と言われても、できるわけもない。そういう訓練をされてきていないからだ。

日本に限らないが、仕事をする人が増えないと、税収も増えず、ときの地域政府は苦境に陥る。しかし、人々が働かないことを、その地域の人に責任を転嫁はできない。もともと、かつては多くの仕事があったのに、今は仕事が無い、という地域なのだ。仕事が溢れていた時期の基準や考え方で、全てを判断するのは、頭の柔軟性を失った、と言われても仕方ないだろう。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください