「拡散希望」を書く愚か者の話

Facebookやtwitterでよく見るのは「拡散希望」というやつ。「みんなに知らせてね」ということだが、それが本当に全ての人に関係あるものかどうか、というと、そうではなかったりする。また、すべての人に知らせても、その場でそれを忘れる程度のものだったりする。商売で自分の商品を売るための「拡散希望」もあれば「こんなことが行われているなんて!」という憤りの「拡散希望」もある。こんなにいいものがあります、という「拡散希望」もある。

それはいいのだが、それを受ける側の身にもなってほしい。あまりに「拡散希望」が多すぎるから、結局その中から自分が興味のあるものだけ、拡散する意味があると自分で思うものだけを選んで自分の範囲で「拡散」する、ということになるのが普通だろう。だが、それが多いと、たとえ自分が興味があるものであろうと、必要があろうと、拡散なんてする暇はないよ、ということになっている、というのが現実。

「拡散希望」と書かれる、その情報を受ける側のことをなにも考えず、こういうことをするバカが後をたたない。「拡散希望」なんて書かなくても、「これはすごいや」と思えば、勝手にみんな拡散してくれるものだ。だから、必要なのは「拡散希望」という迷惑な一言を書くことはなく、勝手に拡散するような中身の情報を提供すること。そういう能力も知恵もないから、手軽に多くの人に知ってもらおう、という「拡散希望」が増える。怠惰が見えるんですよ。「拡散希望」なんて書くこと自身に。

だから、ぼくは中身がどんなものであろうが「拡散希望」と書いてあるものは絶対に拡散しないで、自分のところで留めておくことにしている。自分でも「拡散希望」なんて書いたことはない。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください