韓国で「激安SIM」を使う

使わなくなったauのISW11Mを韓国の激安SIMで使う

使わなくなったauのISW11Mを韓国の激安SIMで使う

◆韓国でも激安SIMがある
ところで、前のエントリーでは、自分のホームである日本国内での携帯電話・スマートフォンの料金を安くする方法について書いたが、韓国でもそのキーとなる「激安SIM」が少しずつ販売されるようになってきた。そこで、大学の学生に頼んで、韓国での「激安SIM」を買って使うことにした。業者は「tplus」という業者だ。ページは全部韓国語なので、韓国語のわかる人に手伝ってもらう必要がある。また、私の場合は韓国に銀行口座があるので、ここからの引き落としにすることにした。私は韓国で外国人なので、この銀行口座と「外国人登録番号」がつながっている必要がある。また、開通前に連絡ができる電話番号を持っている必要がある。これは、私の場合、友人にそばにいてもらって、その人の電話を使わせてもらうことになった。

◆購入はホームページで/その後のやりとりは電話で
まず、tplusのホームページでSIMカードの申し込みを行う。引き落とし銀行の口座番号などさまざまな項目を入れるのだが、特に問題はないだろう。ホームページに記入したら、電話で連絡が来るのを待つ。ここでは英語でのやり取りが可能なオペレーターに変わってくれるので、少し楽になる。で、外国人登録番号の数字のどこそこのX桁を言ってください、とか、生年月日は、お名前は、という質問に答え、OKとなる。このあいだ、業者側では私の銀行口座と外国人登録証などのチェックを行っている。このチェックに通らないと、当然、SIMカードが使えるには至らなくなる。なお、tplusの場合、外国人の場合はクレジットカードでの支払いはできないということだった。韓国のクレジットカードは、「国内向け」と「インターナショナル」があって、多くの韓国人は「国内向け」のものを使って、日常のショッピングなどにも使っている。日本で普通にクレジットカードを取得すると、インターナショナルカードになって、外国でもどこでも使えるが、韓国国内ではインターナショナルカードが使えない店舗も多い。

◆2日後にSIMカードが郵送で届く
その後、SIMカードが郵送で届くのだが、今回は私がどうやら不在のときに届いたらしく、近くのコンビニに置いてきました、ということだったので、コンビニまで取りに行った。日本に比べて、この宅配便のシステムはけっこういい加減なんだな、という感じで、コンビニの店員の人も、なんだか「えー?なんか届いてますか?って….これですか?」とか、自分の身分の証明書もなにもなしに渡してくれた。大丈夫か?とか思うが、とにかくSIMカードは手に入った。

◆支払額は?
SIMカードをスマートフォンに入れる前に、いったいいくらくらい料金がかかるのか?を調べて見る。
まず、初月にはSIMカードの代金がかかる。これはW5,500-(約550円)。
毎月の支払だが、最大限使って以下のような感じだ。とにかくデータ通信料が高い。

基本料金: W6,300-+TAX10%=W6,930-(700円)
通話料金: W2.4/sec.+TAX10% (1時間話したとして)=W9,504-(約960円)
SMS料金: W15/一回+TAX10% (100回として)=W1,650-(約170円)
DATA料金: 月間100MBまで無料。これを超えると、1MB:W51-+TAX10% (毎月3GBとして)=W162,690-
毎月合計(予想) =W180,774-(約1万8千円)

データ通信料金が100MBまでなら無料なので、その範囲内であれば初月で¥2,380-。次月からは、\1,830-、ということになる。大学周辺にいると、大学のものを含めて、無料で使えるWi-Fiが多いので、電話の回線経由のモバイルのデータ接続はよほど必要なときでないと切ってある。しかし、大都市の町中とか、バスセンターや駅、空港などでは無料のWi-Fiも非常に多く、ポケットにWi-FiをONにしてスマートフォンを入れておくと、知らないあいだに無料のWi-Fiに接続されてメールが来ている、なんてこともけっこうあったりするので、けっこうそれでもなんとなかる。

◆普通の人の携帯電料金は?
韓国のふつうの人の携帯電話料金はだいたい6千円くらいが多いようだ。ということは、この「激安SIM」はけっこう激安だ、ということになる。しかも韓国はE-Mailなどよりも、普通にSMSを使うことが多いうえ、上記のようにWi-Fi接続も多いため、これで十分、というところがある。

◆スマートフォンにSIMを入れてみる
ということで、SIMをスマートフォンに入れてみる。今回は、まず秋葉原で買ってきたHUAWEIの「U8800 Pro」ではなく、だいぶ前に使っていたauのISW11Mを使ってみた。このスマートフォンはデュアルコアでメモリも多く、それなりに重宝して使える機種だが、いわゆるSIMカードを使わない「ROM機種」だ。しかし、電池フタを開けると、そこにはなんと標準SIMソケットが見える。実は、SIMロックの解除コードを売っているサイトがあり、そこにIMEIなどの番号を入れると、SIMロックの解除コードを教えてくれるので、その番号を入れるとSIMロックの解除ができ、SIMカードが使えるようになる。ただし、このISW11MではもちろんLTEはできないので3Gだけだし、SIMが音声にも対応しているものでないと動かない(root化してあちこち書き換えるとできるようだが、かなり面倒くさい)ので注意が必要だ。
まずはなにも設定しないで、SIMカードを入れて電源を入れてみる。しばらくすると、SIMを認識したうえ、韓国の「SKtelecom」に接続し、電波強度インジケータが立って、SKtelecomの電波を捕まえたことがわかる。次に、モバイルのデータ通信の設定をする。実は音声とSMSだけであれば、この設定は必要ない。データ通信を一切しなければ、これ以降の設定は必要ない。外国にいてこの設定を行えば、ここまではほとんど設定するがない。自動的に必要な携帯電話会社の電波に接続し、音声とSMSだけは使えるようになる。

◆データ通信の設定をする
メールやWeb、Facebookとかtwitterをするためのデータ通信の設定は、「設定」→「無線とネットワークの設定」→「モバイルネットワーク」で行う。ここで「オペレータの選択」で「ネットワークの検索」を行い、今回使う「SKtelecom」を選択する。次に「アクセスポイント名」をタップするが、ここでは最初自動でなにも表示が出てこない。そこで、メニューキーを押すと「新しいAPN」というメニューが出るので、それをタッチして、新しいAPNの情報を書き込む。このAPNの各種情報は、SIMカードとともに送られてきた説明書に表示がある。これも記述は全部韓国語なので、Google翻訳なんかを使ってどこ項目がどれになるかを調べつつ、数値を入れる。APNの値を入力し終わったら、1つ上のメニューに「戻る」キーで戻り、「GSMデータを許可する」のチェックボックスをONにする。するとしばらくして上部のインジケータのところに「3G」のマークが表示され、データ通信がつながったことがわかる。もし表示されなければ、設定の数値が違うことが考えられるので、APNの設定に戻って数値を調べるとよい。

◆とは言うもののWi-Fiが便利
ということで、韓国で「激安SIM」にしてみたのだが、日本のいくつかのサービスとは違って、「データ通信が規定より多くなると、そのまま多額課金」になる、というところに気を付ける必要があり、学生などは特にWi-Fiなどを使うことが多いし、私もWi-Fi環境を使うことのほうが多い。モバイルネットワークを使ったデータ通信は「激安SIM」でもあまり安くないなぁ、という感じだからだ。

◆050plusアプリを導入
さいごに、ホームの日本との連絡に「050plus」のアプリを入れておく。当然Wi-Fiでの利用が多くなるわけだが、それでも入っているのといないのとでは大きな違いとなる。auやdocomo、Softbankなどの日本のキャリアの国際ローミングによる通話や通信の料金に比べ、韓国の激安SIM/MVNOの利用は、かなり安いのがわかるだろう。ちょっとした旅行など短期で行く場合はともかく、留学や仕事など長期になる場合は、こういった通信業者のSIMの利用が安くなることは言うまでもない。これで、私のISW11Mは、韓国国内からの電話連絡と日本国内からの電話連絡、そしてメールその他がすべて使えるようになった。

◆注意も必要
韓国に限らないが、日本を離れると多くのアジアの国はまだ危険も多い地域がけっこうある。韓国はその中でもかなり治安が良いほうだが、それでも気をつけるにこしたことはない。携帯電話を落としたときのために、SIMカードのロックをかけておいたほうがいい。そのとき、番号を間違えて入れると、SIMのアンロックができなくなるので、大変に難儀する。しかし、こういう場合のPUKコードが、tplusのカードの台紙に書いてあって、実際、この前はそれを使うはめになったことがあった。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください