本ブログの筆者プロフィール

PROFILE: (Norihiro Mita) 三田 典玄 (みた・のりひろ)
(You can find the Resume of the English version after of this Japanese version.)

  • 本名: 三田典玄 ( みた・のりひろ)

1957 年 ( 昭和 32 年 )1 月 24 日 (2017年 4 月 1 日現在 60歳 )

  • 最終学歴 :

東海大学工学部通信工学科卒業 ( アモルファス半導体物性専攻 ) 工学士

  • 業務略歴:

1980 年株式会社シグマコーポレーション入社。主に住友信託銀行のオンラインシステム、等データ通信システムの開発を行う。光ファイパ通信技術を用いたデータ通信ハードウエア/ソフトウエアの開発 ( 建設省 ) 。ビデオテックスシステムの開発 ( ソニー ) 、 など開発実績多数。

1986 年同社を退社。

株式会社アスキーより「入門 C 言語」執筆/出版。有限会社コア・ダンプ設立。同社専務取締役に就任。

以後、執筆技術書籍多数 ( 2008年現在で約40冊ほどの著書・翻訳書・監修書 ) 。

1987 年 同社代表取締役に就任 ( 同社の開発実績は以下に記述 )

1996 年 東京大学先端科学技術センター協力研究員。

2000 年 株式会社シースターコーポレーションの情報部門としてコアダンプ社を吸収。
同社取締役技術部長に就任。

2001 年 MailWorks を開発。モパイルデバイスと PC の連携を強く意識したメール転送
システムを開発し同社東京都助成金案件として稼働。電通、KDDI などのシステムとして採用。

2002 年 NET&COM2002( 日系 BP 社主催 : 幕張メッセ ) にて、出展と講演。
テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」にて三田の講演を紹介。
 なお、NET&COM2003にても講演。ブース中集客数一位。

2001年~2002年 シースター社の研究員として米国に渡りバイオインフォマティクス企業の調査。

2002年4月~2004年3月

経済産業省・独立行政法人産業技術総合研究所 ティシュエンジニアリング(再生医療)研究センター特別研究員。

2002年~2004年 小学館「FAnet(女性向け雑誌総合サイト)」

2003年~2005年 共同通信社WebにてITコラム執筆

2004年~2008年 技能五輪 国内大会・世界大会・情報技術職種・委員

2008年~2011年 「台湾新聞」日本語版副編集長(主に新聞のIT化など)

2011年~2013年 ジョルダン株式会社(JASDAQ上場)顧問(新規事業開発・ニュースサイト開発)

2013年〜2015年 韓国・慶南大学 工学部コンピュータ学科 教授

2015年~    独立しアジアをフィールドとするコンサルティグ業務に携わる/プライムネット(株)ITアドバイザー

2016年〜    NPO法人・日本フォトニクス協議会知財戦略専門部会事務局長及びITアドバイザー

 

  • 現在

「クラウドコンピューティング」「ビッグデータ」「スマートフォン・サービス開発」「ITとバイオの融合」などをキーワードに、学生に最新のコンピュータ技術を講義。新規事業開発・新サービス開発の顧問、また、他数社の技術顧問を行う。また「ジョルダンニュース(スマートフォン・月間800万アクセス)」のシステム開発などの顧問を行った。また、2013年3月-2015年2月、請われて韓国・慶南大学校コンピュータ学科教授。2016年- 日本フォトニクス協議会知財戦略部会・事務局長。

 

  • 有限会社コアダンプでの取引先と開発実績 :
    主に NTT( 現 NTT コミュニケーションズ )、NTT ドコモ、等大手通信会社、トヨタ自動車、 YKK 、リコー、日立製作所、オムロン、 東レ、等大手製造メーカー、日本ユニシス、マイクロソフト ( 日本法人 ) 、アスキー、インプレス等。新技術の開発、新技術の応用開発を中心とする新規開発案件の受託開発を行う。主にインターネット技術などのデータ通信技術、データベース関連技術、その他の新規案件のうち、オペレーテイングシステムの改造、通 信プロトコルの規格の策定と実証実験、データベースエンジンの開発などの、 IT 系コア技術の開発を主な業務とする。特に NTT- DoCoMo の I-モード の元となった DoPa(DoCoMo Packet) システムの管理機能の開発などを行う。また、業務実績の積み重ねによる技術蓄積の一部を公にするため、同社、および代表の三田の著書多数。

 

インターネットはその黎明期より以来、深くかかわりを持つ。日本のインターネット業界の草分け的存在の 1 人。日本で最初の民間インターネット団体Juiceネットの立ち上げにかかわる。同会会長を 2 期勤める。なお、 Juice は顧問に慶応大 学の村井純教授を迎えている。

  • 現在:

– IT系技術コンサルタントとして多くの企業の開発案件、新規事業立ち上げ等の案件にかかわる。

「日本フォトニクス協議会・知財戦略専門部会・事務局長」 (http://j-photonics.org/

  • 著書:

三田は大規模システム開発業務、小規模システム開発業と並行して、これらの技術成果の一部を「出版」というかたちで広く発表。2003年まで著書多数。2004年以降はWebでの情報発信を主にしている。以下はその一部。

-「入門 C 言語」「実習 C 言語 」「応用 C 言語 」 アスキー (1986 年 ~) ・ UNIX デバイスドライパ第 2 版 ( 監修 ) アスキー ( 平成 6 年 )

-Windows95 ネットワーク読本 Prentice Hall Japan Inc.( 平成 6 年 ) ・ wmdows95 ネットワ ーク接続ガイド ( 監修 )・Prentice Hall Japan Inc.( 平成 7 年)・ wm32 システムサービスプログラミング ( 監修 ) Prentice Hall Japan Inc.( 平成 7 年 ) ・オンライン・ゲリラ・マーケティング ( 翻訳 )NTT出版 ( 平成 6 年 ) ・ワンポイント C 言語・ポインタと構造体アスキー ( 平成 5 年)・ワンポイント C 言語・マクロとライブラリアスキー ( 平成 6 年 ) ・ WindowsNT システム管理( 監修 )Prentice Hall Japan Inc.( 平成 7 年 ) ・ C++ Builder 入門 ( 上・下 )( 監修 )Prentice Hall Japan Inc.( 平成 7 年 ) ・ Intra Builder 入門 ( 監修 )Prentice Hall Japan Inc.( 平成 7 年 )

-ActiveX アプリケーションの構築 ( 監修 )Prentice Hall Japan Inc.( 平成 7 年 ) ・インターネットプログラミング、 ( コアダンプ著 )Prentice Hall Japan Inc.( 平成 8 年 ) ・「新版入門 C 言語」「新版実習 C 言語」 「新版応用 C 言語」 オーム社・ Java 工作プログラミング ( 監修 ) ピアソン エデュケーション

  • Web:

小学館 Fanet、等に連載。(~2004)

共同通信社WebにてITコラム連載(~2006)

その他、著書、翻訳書、監修書、雑誌執筆 ( 長期連載含む ) など多数。

なお、「入門 C 言語」 「実習 C 言語」 「応用 C 言語」は日本国内でおよそ 100 万部。中国語訳、韓国語訳が あり、韓国語訳は韓国内で最初の日本人が著者の大学教科書として採用された。


Resume of NORIHIRO MITA
(Mr. Norihiro Mita)

* Real Name:
Norihiro Mita (Japanese)
1957 (Showa 32) January 24 (60 years old as of Feburuary, 2017)

* Education Level:
Graduated from Tokai University Faculty of Engineering, Department of Communications Engineering (Amorphous Semiconductor Property Major) Engineering

* Business brief history:

1980 Joined SIGMA Corporation/Tokyo.
Mainly develops a data communication system such as Sumitomo Trust’s online system.

Development of data communication hardware / software using optical fiber communication technology (Ministry of Construction/Japan).

Development of video-tex system (SONY), etc. Many achievements in development.

In 1986 , left the company.

Written / Published “Introductory C Language” from ASCII Corporation.
Established CoreDump company limited. Appointed Managing Director of the company.

Since then, a large number of writing technical books (about 40 books, translations, supervised books as of 2017).

In 1987 he took office as CEO Representative Director (The company’s development record is described below)

1996 Cooperation researcher, Center for Advanced Science and Technology, The University of Tokyo.

2000 Absorbed CoreDump company as information department of Seastar Corporation. Appointed Director Technical Director of the company.
Developed MailWorks in 2001. Mail transfer strongly aware of cooperation between mobile device and PC.
I developed a system and started operation as a Tokyo Metropolitan Government grant project. Adopted as a system of Dentsu, KDDI and others.
Exhibition and lecture at NET & COM 2002 in 2002 (Japanese Nikkei-BP company: Makuhari Messe).
Introducing Mita’s lecture at TV Tokyo “World Business Satellite”.
Also, lecture at NET & COM 2003. Number of customers in the booth first place.

2001 – 2002 Investigation of bioinformatics enterprises across the United States as researchers at Seastar Corporation.

April 2002 – March 2004
Ministry of Economy, Trade and Industry/National Institute of Advanced Industrial Science and Technology, Tissue Engineering (Regenerative Medicine) Research Center Special Researcher.

2002 – 2004 Shogakukan “FAnet (Women’s Magazine Comprehensive Site)”
Writing IT column from Kyodo Newsletter Web 2003 – 2005

2004 – 2008 Skills Olympics National Congress / World Congress / Information Technology Career / Committee

2008 ~ 2011 “Taiwan Newspaper” Japanese edition deputy editor-in chiefly newspaper IT etc.

2011 – 2012 Jordan Corporation (JASDAQ listed) adviser (new business development news site development)

2013 – 2015 Korea ・ Gyeongsang University School of Computer Science. Professor. Advisor of Jordan Co., Ltd.

2015 – Japan Photonics Council secretary & IT Advisor.

2016 Suzuki Enterprise Inc. / Manager of IoT Business Dept.

2016- Worked as a freelance IoT consultant in various fields from 2016

* Currently
Performing technical advisors of several companies with keywords such as “cloud computing” “big data” “smartphone service development” “fusion of IT and biotechnology”, “IoT”.

*Limited company Core dump suppliers and development achievements:
Major manufacturers such as NTT (present NTT Communications), NTT DoCoMo, etc. Major telecommunications companies, Toyota Motor Corporation, YKK, Ricoh, Hitachi, Omron, Toray, etc. Major manufacturers, Nihon Unisys, Microsoft (Japan corporation), ASCII, Impress etc. Development of new technologies and development of new development projects centered on application development of new technology will be undertaken. Among data communication technologies such as Internet technology, database related technology and other new projects, IT core technology such as remodeling of operating system, establishment of communication protocol standards and verification experiment, development of database engine Main business is development. In particular, we will develop the management function of the DoPa (DoCoMo Packet) system that became the source of NTT DoCoMo I-mode. Also, in order to publicize a part of technology accumulation through accumulation of business results, many of the company and representatives Mita’s books.

Since the dawn of the Internet, the Internet has deep involvement. One of the groundbreaking presence of the Japanese Internet industry. It is involved in launching Juice Net, the first private Internet group in Japan. I will work for the second term as president of the same association. Juice is welcoming Professor Jun Murai of Keio University as an adviser.

* Current:
– As an IT related technology consultant involved in many companies’ development projects, new business launches etc.
– Created the plan of the new generation of the User Interface for all Mobile systems, named ‘My Life’.
It’s the my main theme of my life work, and main theme in the Kyugnam Univ.(Korea).
http://www.slideshare.net/norihiromita

* Book:
In parallel with large-scale system development work and small-scale system development industry, Mita widely announced part of these technological achievements as “publication”. I will publish a lot until 2003. Since 2004, it mainly deals information on the Web. The following is a part of it.

– “Introductory C Language” “Training C Language” “Application C Language” ASCII (1986) – UNIX Device Driver 2nd Edition (supervised) ASCII (Heisei 6)

-Windows 95 Network Reader Prentice Hall Japan Inc. (Heisei 1994) ・ wmdows95 Network Connection Guide (supervised) ・ Prentice Hall Japan Inc. (Heisei 7) ・ wm 32 System Service Programming (supervised) Prentice Hall Japan Inc. 7 years) ・ Online ・ Guerrilla ・ Marketing (translation) NTT Publishing (1994) ・ One point C language ・ Pointer and structure ASCII (1993) ・ One point C language ・ Macro and library ASCII (Heisei 6) ・ Prentice Hall Japan Inc. (supervised) Prentice Hall Japan Inc. (supervisor) ・ Introduction to Intra Builder (supervised) Prentice Hall Japan Inc. (supervised) Prentice Hall Japan Inc. . (Heisei 7)

– Building an ActiveX application (supervised) Prentice Hall Japan Inc. (Heisei 7) ・ Internet programming, (by Core Dump) Prentice Hall Japan Inc. (Heisei 8) ・ “New edition C language” “New version practical C language” New version application C language “Ohmsha ・ Java programming program (supervised) Pearson Education
* Web:
Shogakkan Fanet, etc serialized. (~ 2004)
IT Column series at Kyodo News Agency (~ 2006)

Others, such as books, translations, supervision, and magazine writing (including long-term serial).

In addition, “Introduction C language”, “practical C language” and “applied C language” are about 1 million copies in Japan. Chinese translation, Korean translation, Korean translation was adopted as the university textbook of the author of the first Japanese in Korea.