「トンデモ電磁波」のお話

ネットでは「電磁波の被害」について書いてあるホームページがけっこうある。健康被害がある、とのことだが、であれば、まずはPCやインターネットをやめることをおすすめしたい。というのは、PCなどは画面からもキーボードからも電磁波は出まくっており、おそらく、私たちの身の回りにある機器のうち、PCは電子レンジの次に電磁波を多く出しているからだ。さらに、スマートフォンやタブレットを使う、などというのは、論外である。これは電磁波の発信源として日常的なものだろう。

掃除機や冷蔵庫なども、電気を使っている以上、電磁波を出しまくる。「電磁波」とは、「電気と磁気の波」である。つまり、電気が変化すると、その変化にともなって、周囲に磁気の変化ができる。その磁気の変化があると、それにつられて、また電気の変化がある。この連なりが「波」になるから「電磁波」というのである。「電波」は「電磁波」を詰めた表現であって、要するに同じものだ。自動車、電車、バスなども、電磁波だらけであるので、電磁波を避けたいのであれば、乗るのは控えて、歩いたほうがいい。また、現代の乗り物だけではなく、建物の中も電磁波だらけであるので、住むのであれば、深い山奥の森林の中で暮らすのが良い。当然だが、送電線や電波塔の近くなどでは特に強力電磁波が出ているので、森林の中といっても、そういうものがないところを選ぼう。また、「宇宙線」という、空から降ってくるものもあるが、これは、宇宙空間を飛び交う高エネルギーの放射線のことである。ちなみに、原子力発電所で使う「放射性物質」は「アルファ線」「ベータ線」「ガンマ線」などの「放射線」を出すが、この放射線と呼ばれているものは全て電磁波の波長がより短くなったもので、元は同じだ。つまり、この世に生きている限り、私達は「電磁波」は常に浴びている。どうしても電磁波の被害をなくしたい、電磁波は浴びたくない、というのであれば、あの世に逃げる以外に、逃げるところはない、ということになる。一度死んでみたらいいのじゃないかと思う。←冗談です。お気になさらぬよう。

人工的に電磁波が無いところは実はある。「電波暗室」という施設がそれだ。これはスマートフォンなどから出る電波を調べるのに、外部から入ってくる電磁波を極力少なくするように作られた施設だ。電波暗室に住む、というのも悪くはないが、かなりお金はかかることは覚悟しておく必要がある。

ことほど左様に、実は現代の生活では「電磁波(電波)」はどこにでもあって、いつでもそれを浴びている。現代どころか、太古の昔から、人類は電磁波を浴び続けているのだ。だから、電子レンジのような超強力な電磁波を避けるなどのことをすることくらいしか、私たちはできない。また、あまり強力ではないが、人体も電磁波を発しているのはよく知られている。電磁波を避けるために、幽体離脱などの術を会得するのも良いかもしれない。←冗談ですってば。

ちなみに、電子レンジがものを温める原理はご存知だろうか?電磁波のことを言うのであれば、そのくらいはわかっていたほうが良いと思うのだが。

「電磁波は体に悪い」というネット言説は非常に多いが、どれもこれもいい加減なものが多く、信用に値しない。

 


EMP攻撃を受けるとどうなるか?

テレビで「防衛の専門家」なる人が「EMP攻撃を受けるとどうなりますか?」というアナウンサーの質問に答えて、「スマートフォンが壊れます」「電話もできなくなる」など、まるでSFのように、なにもかもが火を吹いて爆発する、みたいな感じのことを言うのだが、笑止千万だねぇ。ここまで何も知らない人を「専門家」ですからね。電波で放送しているテレビ局もそこまで電波がわかる人材がいないのかねぇ、としか思えないんだけれども。いや、そういうのってSFチックで面白いじゃん。どんどんやって、なんて思う人も多いだろう。しかし現実は過酷である。そういう夢想の通りにはならないのだ。

実際のところ、EMP攻撃のような強烈な電磁波(電波ってのは「電磁波」を短く略したものだから、同じですよ)を受けた電子機器で対策が一切施されていないものは、攻撃を受けたそのときに一時的に停止する。しかし、火を吹いて壊れて、永久に使えなくなる、というものはおそらく、そんなに多くない。EMP攻撃のときは止まるが、終われば、元に戻るものも多いだろう。元に戻らないものもあるだろうが、それは「一時的な障害で止まった影響」という二次的、三次的な影響によるものであろうと想像できる。専門家であればそういうんだな。よくあるのは、「停電」である。最近の電力の制御などもコンピュータで行われているから、停電なんてのはありえるわけだ。しかし、EMP攻撃が終われば、停電も回復する。その程度のフェイルセーフの技術は当然製品を作る各社は考えている。

最近は防衛関係のみならず、巨大金融機関などのデータセンターでも、コンピュータは処理速度の向上のためにハードディスクからSSDへの交換が進んでおり、ある意味、EMP攻撃などの強力な電磁波の攻撃は受けやすくなっていると言っていい。しかし、そのぶん、対策も少々は進んでおり、かつ、EMP攻撃で止まったとしても一時的なものになる可能性のほうが高い。

だいたい、「EMP攻撃」なんてのは、既に70年前から言われており、研究がされていないわけがない。加えて、ちょっと前では運送のトラックの運転手による違法で高出力の無線装置の電波障害で街道の周辺の家のテレビが一時的に見えなくなる、などの被害もあったし、テレビ局とかラジオ局の電波塔の近くでは電波障害が問題になったことも1度や2度ではない。今なら、電子レンジを近くでONすると無線LANが使えなくなる、なども電波障害ではあることなんだが、電子レンジが温めを終わると、問題なく無線LANがつながる。最近では電子化されたクルマの中での電磁波(電波)の被害があるんじゃないか?なんて言われている。これも同じような「電磁波(電波)被害」である。当然、アマチュア無線などの電波(電磁波)障害も問題になったことがあったし、日本国内に限っても、強力な電波障害(妨害)で悩まされた歴史も1年や2年のことではない。対策だって、当然進んでいるだけではなく、その対策をするための「安全規格」も当然のことながら発達している。

だいたい、この前の「太陽フレア騒ぎ」でもなにもなかったではないですか。ニュースになった被害は一つもない。大山鳴動してジャンガリアンハムスターの一匹も逃亡していない。←細かくてスマン。

しかし、テレビでは「派手に爆発します」なんていい加減でSFチックなことを言う「専門家」が、ビジュアル的にも面白いから、視聴率があがるんだね。だから出て来る。でも、それはウソだ、ってことですね。

もうちょっと詳しいことが知りたければ、こちらに記事をまとめておいたので、読んでくださいませ。

しかしねぇ「電波」は許されて「電磁波」は許されない、みたいなトンデモはなんとかならんかねぇ。同じものなんだけどね。

「あたしね、この前、太陽フレアが地球に来た、ってニュースがあったでしょ?そのとき、頭痛がしちゃってね。あれ、太陽フレアの電磁波の影響だと思うのよ。で、会社休んじゃった」

などとスマホで電話しているそこのあなた。こっちが頭痛くなっちゃうよ。

 


AI化、ロボット化は「人間のコントロールとの共存」に大きな問題がある

1994年4月26日、名古屋空港に着陸しようとした中華航空機が事故を起こし、乗員乗客274名のうち261名が死亡する、航空機事故史上でも非常に大きな事故になった。まだ記憶している方も多いだろう。この事故の原因を追求すると、「自動操縦装置の誤動作」「それを修正しようとするパイロットの操縦ミス」など、様々な要因が重なったもの、とされた。ここで、大きな問題となったのが「自動操縦装置」と「人間」との関係だ。この頃になると、もう飛行機の自動操縦装置はかなり高度なものになっており、今では離陸や着陸、水平飛行のタイミングに至るまで、自動操縦装置のお世話にならないことはない、といいっていいくらいの「自動化」が進んでいた。言い換えれば、現代の航空機とは「人工知能搭載の空飛ぶロボット」と言っても良いほどのものである。人間はそのロボットがちゃんと動いているかどうか監視する、という役目になっている、と言っても、あながち言い過ぎではないだろう。

この事故のときに大きな問題となったのが「自動操縦装置」と「人間」の意見が分かれた場合、どちらを優先するか?ということだ。あるいは「この両者のコンフリクト(競合)をいかに調整するか」ということだった。自動操縦装置は「下に行け」、というが、人間は「上に行け」となり、結果としてこの両者の言い分が適切に調整されないまま、大事故になった。

人間の判断は間違えることがある。機械も壊れることがあるし、間違えることがある。なぜなら、機械も人間が作ったものだからだ。だから、完全な自動化で、人間の判断が入る余地がないものは、大きなクライシスにつながったときに、それを防ぎようがなくなる。

ごく最近のあるとき、某航空工学の権威の先生にこのことをお聞きしたのだが「そういうことをまともに研究している研究者は現在はいない」ということだった。

自動運転車でも、「目的地にできるだけ早く到着する」ことと「交通法規を守ること」はするだろうが、不意に横から飛び出してくるスケボーの少年の衝突を防ぐことはできないだろう。それは、人間でさえできない。事故が起きたとき、その処理をどうするか、ということも自動化メニューに入れておかなければならない。なにかがクルマに一定以上の力でぶつかったときはクルマが止まり、その場を保存し、警察に通報し、警察が来るまでそこから動かない、ということも「自動運転車」はしなければならなくなることだろう。

航空機でなくても、これからは、自動運転車などが当たり前になる、と言われており、自動車を運転することが非合法になる、などとも言われている。つまり、自動運転は絶対に限りなく近い安全に決まっているので、人間が口を出すな、ということだ。おそらく、本来であれば、「AI,ロボットの領域」と「人間の領域」をしっかりとしたポリシーで分け「住み分け」をしっかりとしておかなければ、AIやロボットは人間の道具、あるいは友人として、まともに動いてはくれないだろう。

また、現在北朝鮮の攻撃などで問題となっている「サイバー攻撃」「EMP攻撃」を受けたときはどうするのか?万事窮すで終わって良いのか?なども、考える必要があるだろう。今や自動車の運転、インジェクションなどもコンピュータで行う時代である。これらの対策は十分過ぎるほどとっていたとしても、プログラムにはバグも例外も考えておく必要がある。そして「例外」とは「予想しなかったこと」である。予想できないものは、時間をかけた経験で知識としてためて行くほかはない。これは機械であろうが人間であろうが同じことだ。

ニュースによれば、JRが企業連合でAI化、ロボット化の推進をするというが、いまだに「AI,ロボットと人間の住み分け」について、しっかりした研究成果を期待したいものだ。夢を語るのは誰でもできる。夢を現実にするには、最高の哲学や知性が必要になる。

 


ASUS tinker board で無線LAN/固定IPで外部からssh接続できるようにするまで

ASUSでRaspberry-Piと全く同じフォームファクタのワンボードのコンピュータが発売され、やっと日本でも秋葉原で見るようになった。以下、備忘録でインストールし、外部からログインできるようにするところまでを記録。

【Ubuntuを母艦に使う】
今回はUbuntuを母艦に使っている。microSDと、USBでmicroSDカードリーダーを使う。最初の時点では、まだカードリーダーにさしたmicroSDカードには触らない。

【OSのイメージファイルをダウンロードする】
まず、ブラウザを起動し、OSのイメージファイルをダウンロードする。OSは、最新版は「Beta」として、ASUSのご本家のページから最新版を持ってくる。「Driver&Tools」から、「Others」を選んで、「TinkerOS_Debian V2.0.1 (Beta version)」が最新版(この記事を書いた時点で)のようなので、下の「Download From Global」のところをクリックしてダウンロードする。ダウンロードしたファイルは.zipになっているので、Ubuntuのコンソールから「unzip ダウンロードしたファイル名.zip」とすると、「ダウンロードしたファイル名(.zipなし)」ができるので、このファイルを使う。今回は「20170817-tinker-board-linaro-stretch-alip-v2.0.1.img.zip」から「20170817-tinker-board-linaro-stretch-alip-v2.0.1.img」ができたので、これを使う。

【rootになって、OSイメージをmicroSDに書き込み】
まず、コンソールを使って、Ubuntuのrootになる。

$ sudo -s
パスワード:(パスワード入力)
#

microSDをUSBカードリーダーに挿してから、以下のコマンドで現在マウントされているデバイスを調べる。以下のような行が最後の方に見える。とすると、追加したmicroSDカードは「/dev/sde」であることがわかる。OSイメージを書き込むデバイスは「/dev/sde」だ。

# mount
|
/dev/sde1 on /media/xxx/AA52-6922 type vfat (rw,nosuid,nodev,relatime,uid=1000,gid=1000,fmask=0022,dmask=0022,codepage=437,iocharset=iso8859-1,shortname=mixed,showexec,utf8,flush,errors=remount-ro,uhelper=udisks2)
|

しかし、この状態だと書きこむデバイスがOSに「マウント」されたままなので、マウントを解除する。

# umount /dev/sde1
# umount /dev/sde2

くらいしておけば大丈夫だろう。マウント解除したら、書き込みだ。書き込みコマンドは「dd」を使う。最初にダウンロードディレクトリに移動して、そこで操作する。

# cd ./ダウンロード
# dd if=./20170817-tinker-board-linaro-stretch-alip-v2.0.1.img of=/dev/sde

これで数分から数十分待つと、書き込みが終了する。これで、OSイメージの入ったmicroSDができたので、USBからカードリーダーを外し、カードリーダーからmicroSDを外し、tinker boardのmicroSDソケットに入れる。

【最初のGUIでのブート】
まず、tinker boardに、HDMIディスプレイ、マウス、キーボードをつけ、それぞれ電源を入れる。最後に、tinker boardのmicriUSB電源コネクタに、淵源ケーブルを接続して、数分待つとブート画面が出てきて、そのまま、GUIの画面になるはずだ。これでもうログインした状態である。GUIの画面が現れると、microSDカードの残りの領域を調整してくれるなどのこまごまとしたことは、自動的に終わっている。

【無線LANの設定】
無線LANを接続するには、簡単なツールがあるので、これを使う。まずは画面下の「LXDEアイコン」をクリックして「System Tools->LXTerminal」を起動する。このコンソールから、設定を行う。以下の設定はコンソールから行う。

rootになる。

$ sudo -s
#

tinker boardの設定ツールをダウンロードして動かす。

# wget https://raw.githubusercontent.com/mikerr/tinker-config/master/tinker-config
# sh tinker-config

これで設定画面が出てくるので、メニューの中の「Setup WiFi」を選んで、どのアクセスポイントにつなげるか、そのときのパスコードは何か?を入れる。これで無線LANは繋がる設定になるが、まだ通信はできないはずだ。

次に、固定IPアドレスを無線LANに振る。エディタで「/etc/network/interfaces」に以下の記述を加える。以下はつなげたいIPアドレスは「192.168.1.101」ということになる。

auto wlan0
iface wlan0 inet static
  address 192.168.1.101
  network 192.168.1.0
  netmask 255.255.255.0
  broadcast 192.168.1.255
  gateway 192.168.1.1

DNSのネームサーバーを指定する。エディタで、「/etc/resolvconf/resolv.conf.d/base」に、ネームサーバーのIPアドレスを以下のように記述する(以下のIPアドレスはサンプル)。

nameserver 192.168.1.99

NetworkManagerが動いていたら、これを動かないようにしないと、動いているときに勝手にIPアドレスを書き換えられてしまうので、NetworkManagerを止める。

# service network-manager stop
# update-rc.d -f network-manager remove

これで、無線LANで固定IPアドレスで外部からSSHで接続されるはずだ。sshdの設定はこのボードでは予めしてあるので、特に変更がなければ触らなくても、動く。
ここまで設定したら、リブートする。

# shutdown -r now

これで、外部のコンピュータから、sshでのアクセスが可能になったはずだ。

最後に、定番のアレをやっておこう。

# apt-get update ; apt-get upgrade



火を吹くモバイルバッテリー(2) 補足

昨日「火を吹くモバイルバッテリー(1)」という記事を書いたのだが、行っていることは単純で「1年以上前に買ったモバイルバッテリーは使うな」ってことだったわけだが、マニアは内部の電池を新品に自分で交換したりすることもできる。秋葉原などで売っているのだが、電池の型番やメーカー、使う個数は内部を開けて調べるしかない。

あと、前に書き忘れたのだが、モバイルバッテリーが火を噴くのは、いくつかの条件が重なったときで、かつ、電池がかなり劣化しているときに限る。基本的に、モバイルバッテリーはそういう状況を考えて作ってあるため、多くの場合は安全なのだが、ときどき「不良品」がある、というように考えたほうがいいだろう。いろいろな条件、というものの中には、長く使って電池が劣化している、ということもあるわけだが、他には、例えば「強いショックを与えたとき」「周囲の温度が異常に高いときや低いとき」などがある。

しかし、不良品の電池なんかは掴まされても、まるでわからない。電池に「不良品」なんて書いてあるはずもないからだ。1か月くらい使って、なんだか電池の縁が早すぎる、電池の充電の時間が長すぎる、などと感じたときは、電池が不良品である可能性が高い。そういうときは、もったいない気もするが、そういう電池は破棄したほうが良い。なにせ、電池の爆発で死んだ人や大怪我をした人もいるのだから、甘く見ないで、そういう電池に当たったら、すぐに破棄して、新しいものを買うようにしよう。

また、電池の充電器でも、USBを刺す口が違うと、取り出せる電流容量が違う、というものもあるので、注意が必要だ。


サイバー戦争が始まった(16) クラウド攻撃

※本記事はフィクションです。事実ではありません。

インターネットなどのオープンなネットワークを使うのが当たり前になった今日では、攻撃の相手の武器や背後の兵站などに使われているコンピュータやネットワークに大きな支障を与え、軍の機能を麻痺させる「サイバー攻撃」が非常に有効になる。サイバー戦争について、ほとんど知識のない「IT音痴」では、今日の戦争を戦えない、と言っても良いだろう。サイバー戦争はどうあがいても現代の戦争の要にならざるを得ない。

「ところで、どこを狙うんだ?」

C国のサイバー戦担当官のBに、時期攻撃担当のA将校が話を降った。Bは答えた。

「宣戦布告をすると、相手にこちらの手を読まれるので、あくまでテロ戦、ゲリラ戦でいきます」
「なるほど。で、どこを狙うのか?だが。。。」

質問が終わらないうちに、B担当官が答えた。

「2013年の日本の総務省発表の資料では、日本国内には、インターネット接続の要となる電話局が、NTT東日本だけで約1400あります。このうち、日本国内の主要クラウド事業者につながっている電話局は約200。この200の電話局を狙います」
「なるほど、その接続されているクラウドデータセンターを狙うわけか」
「いえ、違います」

B担当官は言下に否定した。そして続けた。

「電話局とか、クラウドデータセンターは厳重な警備がされていることが普通で、ここをテロなどで破壊するのは至難の技です。そこで。。。。」
「そこで、どうするんだ?」
「電話局とデータセンターを結ぶ、地中などに埋められた基幹の大容量回線、またはデータセンターに電源を供給している電力線を狙います」
「どうやって狙うんだ?」
「既にNTT地域各社とその工事業者に我が国のスパイが入っていますので、そこから、地中のケーブルの埋設位置を特定できます。そのうち、一番手薄なところを狙って、電気工事業者などを装い、土木機械で穴を掘って大容量光ケーブルを切断します。偽装工事テロですね。時間は5分もあれば十分でしょう。既に電気工事・通信工事業者にはかなり以前から外国人を多く使う現場が多く、こちらのスパイもかなり多くいて、いつでも連絡がつく体制です。実行は号令一下で簡単にできます」「これで、日本の自衛隊が使っている回線や日本の友軍の米軍なども一切インターネットが使えない空白があちこちにでき、全体の機能麻痺が起きる。表計算やワープロなどのソフトウエアや、肝心のオペレーティングシステムも今はほとんどクラウドで管理されて動いており、データセンターとの接続なくしてはパソコンやスマートフォンも起動もできません。おそらく、日本中が大混乱になるでしょう」

まさに、立板に水。するするとB担当官の口から、日本の攻撃計画が語られた。

そして、話題は「戦後」に移った。A将校が聞いた。

「そうして我が国の軍が日本全土を制圧する。日本政府は我々の監視下に置かれる。その後の復旧はどうする?」

B担当官が答える。

「これまでの戦争ではお金がかかりすぎました。しかし、今回のサイバー戦そのものはお金がかからない。勝利した後は、その回線を復旧させるだけで、社会システムはすべて復活する。攻撃にかかる費用は、どんなに多く見積もっても、従来の核攻撃の数百分の1。そして、復興もそのくらいのお金で、ほとんど1日でできるでしょう。どこを直せば復旧するか、は、攻撃した私達が一番知っているわけですから」

A将校はうなった。そして断を下した。

「それで行こう。実行はX月X日の、日本の現地時間で午前4時だ。朝、日本国民が起きる頃には勝敗は決まっているだろう」

満場の拍手で、作戦会議は終わった。

 


火を吹くモバイルバッテリー(1)

あのニューヨーク貿易センタービルの「September 11」に合わせたわけではないと思うが、2017年9月11日、東京の神田駅で、白煙が上がった。「2年前に一番安いモバイルバッテリーを買ったが、それが爆発した」ということだ。これまでも、iPhoneやAndroidのスマートフォンが爆発して死者が出た例もあるし、PCの電池でも同様の事故が世界のあちこちで起きている。

特に最近気になるのは、外部にケーブルなどでスマートフォンに接続して充電する「モバイルバッテリー」だ。モバイルバッテリーは、中に充電式の大きな容量の充電式電池を持っていて、これに、夜寝ているときなどに充電する。そして、朝起きたら、出勤時などにスマートフォンとともに持って歩き、スマートフォンの電池が空になったときに、このモバイルバッテリーからスマートフォンに充電する、という仕組みだ。大小様々、有名無名様々な製品が非常に多く家電量販店などで並んでいるが、ときどきではあるものの、前記のような「爆発事故」を起こすことがある。最近はこの充電式電池をいわゆる「電子タバコ」でも使っていて、その電子タバコが爆発した例もあるという。

【モバイルバッテリーは1年で買い換えること】
では、こういったモバイルバッテリーを使うとき、なにを気をつけたら「爆発事故」に会わないようにできるのだろうか?これまでの充電式電池の爆発事故の多くは「2年前に買った古い電池」などの電池が事故を起こす例が非常に多い。ということはモバイルバッテリーの事故を起こさないためには、まず第一に「1年たったら、新しいものに買い換える」ことだ。現代の充電式電池は、毎日充電と放電を繰り返していると、だいたい1年で劣化が始まり、2年くらいで寿命を迎える。それでも使うと事故を起こしやすい、ということだ。これは、電池の劣化を考えていない充電器の充電回路に問題がある場合が多く、当然ながら、古いモバイルバッテリーほど、回路も古く、危ないものが多い、と考えるのが普通だ。そういう意味でもより新しいモバイルバッテリーにするのは意味がある。

【充電しっぱなしは問題ない。が、】
よく、「過充電は良くないから、モバイルバッテリーは充電が終わったらすぐにケーブルを抜こう」などのことが書いてある記事があるが、これはほとんどの場合ウソだ。モバイルバッテリーの中には、非常に賢い充電回路があるので、過充電になりそうだったり、電池の温度が上がると、充電や放電を中断する回路などがついている。つまり、充電しっぱなしは、ほとんどの場合、問題がない。しかし、「古いモバイルバッテリー」では「古い電気回路」を使っているものがあり、現時点で2年以上前のものは、電池が劣化する状況をわかっていないものもある可能性がある。そうなると、充電することで、電池が爆発するものがあるので注意が必要だ。いずれにしても、ここでも「2年以上前の古い電池は使わない」ことだ。

便利に使っている人も多いだろう「モバイルバッテリー」だが、それを安全に使うコツは簡単である。「1年で買い換える」「中古は買わない。必ず新品を買う」。これに尽きる。これは、モバイルバッテリーだけの問題ではなく、スマートフォンの電池、タブレットの電池、PCの電池などの全ての充電式電池で言えることだ。