映画「フルメタル・ジャケット」の世界はもう来ない?

1987年の米国映画で「フルメタル・ジャケット」がある。スタンリー・キューブリック監督だ。ベトナム戦争のときの米国。そして、その中でひときわ存在感を示してていた「教官役」の「ハートマン軍曹」こと「リー・アーメイ」がこの4月15日に亡くなったことで、この映画が再びあちこちで取り上げられている。

ハートマン軍曹役は最初は他のキャストだったのだが、演技指導をしているリー・アーメイの迫力とその発する言葉が非常にリアルでインパクトがあり、彼がその役に代わったのだ、という。リー・アーメイは、もともと軍人で若い兵士の教育役をしていたのだ。

しかしながらこの「フルメタルジャケット」では、ハートマン軍曹は最後は、おそらく、その教育に反発した誰かによって、殺される。それまでに、ハートマン軍曹の指導についていけない若者が自ら命を絶つ、という場面もある。

人間は、実は簡単に洗脳される。閉空間に閉じ込め、今の自分は取るに足りない小さなものだ、と、思わせて自分を全否定させ、その後に繰り返し同じことを聞かせ、新しい価値観を吹き込む。いわゆる日本語の「洗脳」と英語の「Brain washing」は正確には同じものではないのだが、勉強しておく価値はある。この映画は「洗脳」というものがいかに行われるかを描いた非常に秀逸な映画だと、私は思う。

ベトナム戦争の頃の米国は、平和な米国本土から、殺戮の戦場に若者を送り込む必要があり、もしも洗脳なしで若者を送り込めば、軍隊は大混乱となっただろうし、混乱がなくても、強い軍隊にはなれないわけで、軍にとって「強い若者を作る」必要があり「洗脳」は必要だったのだ。今のように、PCの画面でゲームのように操作できるプレデターのようなロボット兵器はなく、もちろんコンピュータもデジタル通信回線もなかった。そこで「戦争に勝つ」ためには、人間を戦場に送り込まねばならなかったからだ。

現在、この洗脳の技術は商品販売や自己啓発セミナー、新興宗教、新入社員教育などの現場に応用されて使われており、私たちはこれらのものへの警戒感を常に持つ時代となった。現代の「フルメタルジャケット」は軍隊ではなく、日常に潜んでいるのだ。しかしながら、現代の社会ではネットの普及により、また、スマホなどのポータブルな通信機器の普及により、洗脳ができる閉空間を作りにくくなっており、洗脳の技術も広く解明され、公開されるようになったため、洗脳にはあまり力がなくなった。これは喜ばしいことである。「IT革命」はこういうところでも「革命」を起こしているのだ。

ちなみに、現代の兵器は、不確定な人間に頼らずに目的を達する。コンピュータを内蔵した「スマート・ガン」は、デジカメの顔認識のような仕組みで、ターゲットに勝手に、かつ正確に弾が飛んでいくようにできているし、人間も「ターゲットが突然出てきたら反射的に引き金を引く」ように教育される。そこに、喜怒哀楽、哀れみなどの人間の感情が入らないような教育がされている。

デジタル通信技術(IT技術)はすでに不確定な人間を頼らない兵器と軍隊を作っている。私たちは、会社に通うように軍に通い、書類をPCのExcelで作るようにこれらの武器を使って、米国本土の軍内の事務所から、コーヒーをすすってマックのフィレオフィッシュをほうばりながら、PCの画面上の何処とも知らない場所の何処とも知らない人たちに、ミサイルを撃ち込むことができる。もう洗脳は必要ない。毎日のビジネスをするようにゲームをしていればいい。夕方には「戦場」から帰宅して子供たちと一緒に食事をすればいいのだ。「今日の学校はどうだった?」ってね。

 


 

ゼリア新薬問題は「洗脳の技術」の陳腐化の問題だ

いま、世の中を騒がせている「ゼリア新薬」の新入社員研修での社員の自殺の問題。この記事でも、問題が取り上げられている。この問題は単なる社員研修の問題ではなく、日本社会と企業組織、そして、自己啓発セミナーなどで使われる「人格改造の手法」が破綻をきたすことが多くなった、という、社会的問題ではないか?と、私は思っている。

「社員研修」「自己啓発セミナー」あるいは「新興宗教」などでは、非常に強い「洗脳(Brain Washing)」の手法が使われる。社員などのメンバーを組織の価値観に短期間で無理やり染め上げるための手法として、それは使われる。大方、以下の手順でそれは行われる。

  1. 対象者を監禁し周囲の環境から切り離す。
  2. 対象者の人格を徹底して否定する。
  3. 対象者の否定された人格の代わりに、組織の価値観を注入する。

実に簡単な方法だが、多くの人はたいていはこの3段階で簡単に人格が変容する。これまで、多く問題となってきたこの手の「社員研修」や「自己啓発セミナー」では、この方法で組織に合う人材を短期間で作ってきた。

今回の事件の主役の自殺してしまった社員は、この1,2の段階の影響をあまり受けることがなかった「強い人格」であったがゆえに「3」の段階に進めず、自殺という道に行ったのであろう、と想像する。つまり、彼は弱かったのではなく、強かったのである。というのは、それまで彼はさまざなハンデを克服して、大学を卒業し、ゼリア新薬に就職した、という経歴があるので、年齢が若くありつつ、自分の人格の形成がしっかりできていたのだろう。それを頭ごなしに否定され、真面目な彼は「3」に行けないために「自殺」という「自己を消す」という選択肢を選んだのだろう、と想像できるからだ。

つまり、この洗脳の手法が現代という時代にはあわなくなってきたのではないか?と私は想像する。これから、同じようなことを続ければ、多くの自殺者をさらに出すことになるだろう。

現在は親の経済が苦しくなってきている時代である。若いうちに苦労をして、自分の人格を作っていく若者がけっこう多いのだ。これは日本の経済の下落傾向がその原因である。大学生でも20歳になるかならないかの若者が、様々な苦難を味わう世の中なのである。そこでできた「まじめで強い人格」はそれしかないため、それが否定されると、生きている柱を失うことになる。そういう意味では弱いのだが、元が強いものであるがために、それを否定されると、人格以上に命そのものに直結する危険が伴うのだ。

つまり、これまでの「洗脳の手法」では対処できない若者が多く育つ世の中になっている。まかり間違えば、すぐに「自殺」となる。あるいは、激越なセミナー講師などがセミナー中に暴力被害に会うこともそろそろ考えに入れて置かなければならないだろう。現在の若者に対する「人格否定」は、思っているよりも高い代償を我々に要求するように、なってきたのだ。

スタンリー・キューブリック監督の洗脳映画「フルメタル・ジャケット」に登場する、ハートマン軍曹のような洗脳方法は既に古くなってきているのである。時代が変わった、というのをここでも感じる。