映画「フルメタル・ジャケット」の世界はもう来ない?

1987年の米国映画で「フルメタル・ジャケット」がある。スタンリー・キューブリック監督だ。ベトナム戦争のときの米国。そして、その中でひときわ存在感を示してていた「教官役」の「ハートマン軍曹」こと「リー・アーメイ」がこの4月15日に亡くなったことで、この映画が再びあちこちで取り上げられている。

ハートマン軍曹役は最初は他のキャストだったのだが、演技指導をしているリー・アーメイの迫力とその発する言葉が非常にリアルでインパクトがあり、彼がその役に代わったのだ、という。リー・アーメイは、もともと軍人で若い兵士の教育役をしていたのだ。

しかしながらこの「フルメタルジャケット」では、ハートマン軍曹は最後は、おそらく、その教育に反発した誰かによって、殺される。それまでに、ハートマン軍曹の指導についていけない若者が自ら命を絶つ、という場面もある。

人間は、実は簡単に洗脳される。閉空間に閉じ込め、今の自分は取るに足りない小さなものだ、と、思わせて自分を全否定させ、その後に繰り返し同じことを聞かせ、新しい価値観を吹き込む。いわゆる日本語の「洗脳」と英語の「Brain washing」は正確には同じものではないのだが、勉強しておく価値はある。この映画は「洗脳」というものがいかに行われるかを描いた非常に秀逸な映画だと、私は思う。

ベトナム戦争の頃の米国は、平和な米国本土から、殺戮の戦場に若者を送り込む必要があり、もしも洗脳なしで若者を送り込めば、軍隊は大混乱となっただろうし、混乱がなくても、強い軍隊にはなれないわけで、軍にとって「強い若者を作る」必要があり「洗脳」は必要だったのだ。今のように、PCの画面でゲームのように操作できるプレデターのようなロボット兵器はなく、もちろんコンピュータもデジタル通信回線もなかった。そこで「戦争に勝つ」ためには、人間を戦場に送り込まねばならなかったからだ。

現在、この洗脳の技術は商品販売や自己啓発セミナー、新興宗教、新入社員教育などの現場に応用されて使われており、私たちはこれらのものへの警戒感を常に持つ時代となった。現代の「フルメタルジャケット」は軍隊ではなく、日常に潜んでいるのだ。しかしながら、現代の社会ではネットの普及により、また、スマホなどのポータブルな通信機器の普及により、洗脳ができる閉空間を作りにくくなっており、洗脳の技術も広く解明され、公開されるようになったため、洗脳にはあまり力がなくなった。これは喜ばしいことである。「IT革命」はこういうところでも「革命」を起こしているのだ。

ちなみに、現代の兵器は、不確定な人間に頼らずに目的を達する。コンピュータを内蔵した「スマート・ガン」は、デジカメの顔認識のような仕組みで、ターゲットに勝手に、かつ正確に弾が飛んでいくようにできているし、人間も「ターゲットが突然出てきたら反射的に引き金を引く」ように教育される。そこに、喜怒哀楽、哀れみなどの人間の感情が入らないような教育がされている。

デジタル通信技術(IT技術)はすでに不確定な人間を頼らない兵器と軍隊を作っている。私たちは、会社に通うように軍に通い、書類をPCのExcelで作るようにこれらの武器を使って、米国本土の軍内の事務所から、コーヒーをすすってマックのフィレオフィッシュをほうばりながら、PCの画面上の何処とも知らない場所の何処とも知らない人たちに、ミサイルを撃ち込むことができる。もう洗脳は必要ない。毎日のビジネスをするようにゲームをしていればいい。夕方には「戦場」から帰宅して子供たちと一緒に食事をすればいいのだ。「今日の学校はどうだった?」ってね。